サラリーマンは50代を過ぎると、出向という片道切符が待っている。

40代であれば「 地方に飛ばされるぐらいなら転職を選ぶ 」という選択肢も無きにしも非ずですが、現実は厳しいものです。

そんな片道切符を選ばず、勢いで転職の道を選んでしまった女性がいる。

作田さん51歳は関東地方にある建築会社に総合職として長年勤めてられてきたバリバリのキャリアウーマン。

49歳の時に、突然九州地方への出向を命じられたという。生まれてこの方ずっと関東地方の和田さんは、見慣れぬ九州という土地に恐怖を覚えたと言います。

何か今まで張りつめていた糸が切れたように「 どーでもいいや 」って思っての転職をしたという。

勢いでフリーター転職した50代女性

次職を探す手段としては、失業中は失業給付をもらいながら、「 ハローワーク 」を中心に、次の仕事を探しました。

しかし、失業給付期間が1ヶ月を切っても、なかなか次の就職先が決まりませんでした。

そこで私は仕事の内容よりも、まずは生活するための仕事を決めようと思いました。

その時はかなり自分の気持ちに嘘をついていたというか、無理をしていたと思います。

そのような時に以前、登録してみた派遣会社からある仕事の依頼がありました。私の本職とは全く違う仕事でしたが、誰でもできる仕事でした。

私はデスクワークが中心だったのですが、派遣の仕事は倉庫作業でした。しかし、派遣の条件が1か月更新だったので、仕事をしながら本職の仕事を探すことができると思いました。

切羽詰まっていたこともあり、私は派遣の仕事を受けることにしました。今まで倉庫作業は学生時代のバイトでやったことがありますが、単発のピッキング作業だけでした。

しかし、この仕事はかなり体力を使う仕事で、しかも暑くて寒い環境での職場でした。仕事の内容はかなり単純でしたが、早さを求められる仕事だったので、実際にやってみるとかなりキツい仕事でした。

それでも生活のための収入を得ることができるようになり、最低限の毛イザ的な安心感はありました。

初めての作業で慣れないこともたくさんありましたが、幸い、職場の方々が良い方ばかりで、すぐに職場に馴染むことができました。

グループでの数人に作業だったので、それぞれのノルマはありましたが、ベテランに方に助けてもらうこともあり、徐々に仕事のスピードを上げていくことができました。

50代がフリーターに転職して心配だったこと

私が転職するときに心配だったことは、希望の仕事につけるかどうかと、収入面の問題でした。

若いころと違って、転職をしても労働条件が前職よりも確実に悪くなっていたので、ちゃんと生活をしてくことができるのかが最も不安でした。

仮に給与が良くても、労働条件が過酷だったり、苦手な仕事に無理に就いてしまうと、メンタル面がやられてしまいます。

その結局、それが転職の失敗に繋がり、復帰するまでさらなる時間が必要になってしまいます。

そのような経験をしたくないと思い、慎重に転職活動を進めて行きました。

しかし、実際には私が思うような条件の仕事はありませんでした。

やりたい仕事の場合は給与が極端に安く、労働条件も悪くなってしまいます。給与がそこそこ良くて、労働条件もまあまあの場合はやりたくない仕事で、続けることが困難という内容のものばかりでした。

フリーターへの転職活動で50代が苦労したこと

求人募集に応募しても、書類選考で不採用になることも何度かありました。

中には人事担当者から、そっけない態度や苦笑のような態度を受けることもありました。

不採用の連絡が来るたび、精神的にかなりショックを受け、しばらく経ち治るまでに時間がかかりました。

また、ハローワークでの求人票を中心に探していたので、同時進行でいくつもの求人に応募することができませんでした。

そもそも、それほど多くのやりたい仕事の求人も見つからず、見えない年齢制限やスキルが足りない、残業が多すぎて過酷などの条件ばかりで、ここに入りたいというような求人はほとんどなかったように思います。

今までの仕事やスキルを活かした仕事に就きたいと思っていても、地方に住んでいるということもあり、なかなか希望の求人を見つけることができませんでした。

派遣会社にもいくつか登録していましたが、専門的な仕事は少なく、単純な肉体労働のようなものばかりを紹介されました。

年齢的にも転職がかなり厳しくなってきているということを痛感しました。

仕事の内容を選ばず、どんな仕事でも有るだけマシだという考えもありますが、それで心身を壊していった人を何人も見てきました。

その為、そのような安易な考えで仕事を決めないようにしようと思っていました。

良いご縁がない会社では、何をやっても上手くいきません。

逆に良いご縁がある会社に就職すると、いろいろなことがスムーズに動いていきます。過去の経験の中でそのことを学んでいたので、この時の転職活動もそれを基準に選んでいこうと思っていました。

その為、最終的には希望の仕事にはつけませんでしたが、最後の条件として居心地が良い職場環境だと思えるところに決めることにしました。

フリーターに転職しなければよかったと50代が後悔

転職活動中に前職の職場の関係者から、似たような仕事の依頼が来ました。

その時はかなり気持ちが揺れたのですが、結局、勤務地が遠方だったこともあり、辞退することにしました。先方もかなり乗り気で、私のことを見込んでくださっていたので、私としても残念なことをしたと後悔しました。

しかし、表面上の条件だけではなく、最終的には心の奥深くの気持ちに嘘をつくことができずに、その仕事を断ってしまったのだと思います。

おそらく、どのような選択をしても、転職に失敗したと思ったのかもしれません。

しかし、単に給与や労働条件だけで決めてしまうことは、後で転職したことを後悔することが多いような気がしました。

もし、仮に私が遠方の勤務地の仕事を受けていたら、引き続き専門的なスキルを身につけていくことができたのかもしれません。さらには繋ぎの派遣の仕事をしながら、引き続き就職活動を行わなくても済んだのかもしれません。

目先の欲にとらわれると失敗すると良く言いますが、実際のところは、どの選択が目先の欲なのかわからなくなってしまうこともあります。

転職活動を通じて、いろいろなことを学びましたが、必ずしもやりたい仕事ややるべき仕事が安定した収入に結び付いているとは限らないようです。

転職活動の難しさを知り、また仕事選びや仕事を続けていくことの難しさも知りました。

どんなにやりがいを感じている仕事でも、会社の都合で雇用契約が打ち切られることもありました。

また、異動や転勤がきっかけで転職をしなければいけない状況に追い込まれたこともありました。改めて企業に勤める難しさというものを、転職活動を通じて痛感したような気がします。

今振り返ってみても、この時の転職で一度、自分の職業人生の軌道から外れてしまい、軌道修正するまでにかなりの時間がかかってしまいました。

そのため、やはり軌道から外れた転職の選択をすべきではなかったと後悔しています。

50代OLが転職で失敗してフリーターになるまでまとめ

最後に要点をまとめておくので、参考にしてくださいね。

 勢いで転職して失敗した50代OLの特徴
  転職の動機 : 50代を目前に出向を命じられたから
  転職の手段 : ハローワーク
  要した期間 : 約10か月
  派遣やバイトで食いつなぎながら転職活動
  派遣会社に登録してもマトモな仕事は回ってこなかった

30年近く仕えた会社から、出向という片道切符を渡された時の気持ちは簡単に想像できてしまいます。彼女は、勢いで退職してしまったことを今でも後悔していると言います。

「 女性初の役員候補と呼ばれていた私が、今フリーターやってるなんて口が裂けても言えない 」そうです。一生、元同僚との飲み会には参加しない決意をしたそうだ。勢いに任せた転職は決して成功することはありません。

皆さんも冷静になって行動してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事