転職エージェントは50代でも使えるサービスか?ダメもとで試してみた

「50代で転職するなんて無謀だ!って世間は言うけれど、転職に成功した人は実際いないんですか?」と質問を受けます。

私は40代・50代を対象に転職支援を行っていますが、50代以上の転職者は珍しくありませんし、大体の方が無事転職されていきます。

世間では「管理職でない50代は転職できない」と辛辣な意見がありますが、管理職でない50代でも転職は十分に可能。

40代後半までシステムエンジニアをされていた村田さんは、50代で転職に成功。

しかも、前職とは違った営業職にキャリアチェンジしてしまった経歴の持ち主です。

転職エージェントを50代が使った理由は非公開求人目的

転職エージェントを50代が使った理由は非公開求人目的

彼が転職したのは50歳の時。

動機は、前職のシステムエンジニアとしてのキャリアが年齢的に限界を迎えていたから。

システムエンジニアの仕事では、どうしても頭の柔軟性が必要で40代になると仕事の進め方や考え方が硬直化しどうしても新しい発想が難しくなります。

また、若い部下や後輩達も育ってきたことから、早期退職して新たな世界に飛び込もうと転職を考えました。

と言いつつも、実際には50歳を過ぎての転職となるとギリギリの年代らしく、自分が思い描いた仕事を見つけることは難しい現実。

長年、エンジニアの仕事しか経験のない自分だったので、その延長線上でしか考えられません。

そこで、転職手段として選んだのが転職エージェントへの登録です。

転職エージェントは、ハローワークのように転職先を紹介してくれますが、ハローワークと異なるのは積極的に自分の希望する職種や業界を斡旋してくれるだけでなく、自分自身でも気付かった特徴なども活かせる職種を紹介・斡旋してくれる。

転職エージェントの中でも、この時はリクルートエージェントが運営する斡旋企業に登録。

ここでは、エージェントのスタッフと綿密な打ち合わせやヒアリングが行われました。

この目的は、私の過去のスキルや実績・経験・ノウハウを把握してくれて、その蓄積を活かせるような会社をセレクトしてくれるため。

このヒアリングには、かなりの時間を割いたのですが、後から考えると、とても良かったですね。

転職エージェントから求人を紹介してもらえるか心配

転職エージェントから5求人を紹介してもらえるか心配

転職で一番不安だったことは、この年齢で本当に転職できる会社が見つかるかって不安。

「リクルートエージェント」に登録する前にハローワークや転職サイトに登録して、新たな職を探していたのですが中々見つけることができません。

しかも、システムエンジニアとしての転職だと、年齢的に30歳代が上限が一般的。

このようなことから、本当に前の仕事を辞めることがいいのか、不安を拭い去ることができませんでした。

また、現職を辞めてから新しく仕事を探すか、それとも残り続けながら転職先を探すかも悩みの種。

でも、働きながら転職先を探すことはシステムエンジニアの責任者として、あまりにも急がし過ぎたことから、現職をきれいに辞めてから転職先を探すことにしたのです。

これが、さらに確実に転職できるか、どうか見通しがたたないままでの活動となったので、とても不安な日々が続いたわけです。

失業保険が続いている間に必ず新しい転職先を見つけないと、それこそエンジニアの職を辞めてしまった意味がありません。

但し、エンジニアの仕事を続けながら、別の仕事を探していたとしても、おそらく中途半端な気持ちになったままで、真剣に探すこともなかったでしょう。

転職エージェントを利用した50代はキャリアの棚卸が大変

転職活動で大変だったことは、リクルートエージェントに登録してから、スタッフ面接や転職先候補の会社の面接対策の準備。

どのようにしたなら、確実に転職できるのか?そのためには、自分の本当の特技やスキルは、どのようなことがあるのか?それを振り替えって整理しておく必要がありました。

これがないと本当に自分が納得できる転職とはなりませんでした。

単純に生活費を稼ぐだけなら、すぐにでも仕事を決めることができたかもしれません。

しかし、今までのスキルやノウハウを、最大に活かすことができるような仕事先を見つけるためには、それまでの過去のスキル・経験などの振り替えりが大切でした。

いわゆる、スキルの棚卸しです。

そのためには、過去の20年以上の歴史を振り替えり、いつ自分がどんな仕事でどんなことをしたのか、その時ち経験したスキルはどのような物なのかを、しっかりと整理しておく必要がありました。

正に、自分のこれまでを、リスト化しておくのです。この棚卸しには、それなりの時間を費やすことになりました。

これができて、エージェントのスタッフとのミーティングとなるわけですが、こちらはできるだけ早く転職先を決めたい焦りもあったので、とても苛立ったり焦ったりもしました。

そのためにかなり時間が経つのが、長く感じてしまい、本当に転職できるかとい不安に苛まれることになりました。

しかし、棚卸しによって、自分でも気付かなかった側面を知ることができ、転職はスムースに運びました。

50代は転職エージェント経由で転職でき経験が活かせた

50代は転職エージェント経由で転職でき経験が活かせた

転職先は、やはり通信関係で、IT企業の職種は営業。

元々は、システムエンジニアとしての転職先を探していましたが、この会社の営業職はかなり専門的な技術的な知識やノウハウを持っていないと務まるものではありません。

そのような意味で、私が前職で培ってきたシステムエンジニアの経験やスキルが必要。

そんな人を探していたのが今の会社。

まさか自分自身が営業の仕事に就こうとは夢にも思いませんでしたが、今から考えると納得できることかもしれません。

これはこの会社を受ける前に、しっかりとそれまでのスキル棚卸しをやって、自分の得意なスキルを明確にできていたことが、今回の転職の成功に繋がりました。

また、棚卸しをしている時に分かったことですが、システムエンジニアをしている時にお客さんとの打ち合わせも数多くこなして来ました。

これは今の営業の仕事ができる経験にもなっていたのですが、このこと自身自分では思いつかなかったこと。

そう、システムエンジニアの仕事していても、その道で営業できる遡上が培われていたのです。

私は、長い間エンジニアとして仕事をしていたので、自分自身そのことに気付かないままでした。

しかし、このリクルートエージェントに登録した後の棚卸しや、スタッフとの綿密なヒアリング、打ち合わせで自分がどのような仕事ができるのかを教えてくれたわけです。

自分のことは自分が一番よく知っているつもりだったのですが、この活動を通して、新しい自分を発見することができました。

転職は、私の中で、人生の大きな節目になっていることは間違いありません。

この時に思いきって転職してよかったです。

転職エージェントは50代でも使えるサービスまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてくださいね。

転職に成功した50代元エンジニアの特徴

  • 転職の動機:システムエンジニアとして、年齢的に限界を迎えた
  • 転職の手段:転職エージェント
  • 要した期間:約11か月
  • 単純に生活費を稼ぐだけなら、すぐにでも仕事を決めれたかもしれない
  • 最終的に、通信関係の営業職として採用された
    元システムエンジニアとしての知識が大いに役立っている

エンジニアの適齢期は、40代までと聞く話ですが、私の知っている限り最年長は64歳男性で、現役バリバリのシステムエンジニアです。

彼は「いくつになっても向上心さえあれば若い者には絶対に負けない」と豪語していますよ。

世間の声に惑わされず、信念を貫けば50代になっても道は切り開くことはできると私は信じています。

是非新しい未来のため頑張ってみてください。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう