「 『 50代で転職するなんて無謀だ 』なんて世間は言うけれど、転職に成功した人はいないんですか? 」と質問を受けることがあります。

私は40代でリストラされて辛い転職活動を乗り越えた経験を元に転職支援を行っていますが、50代以上の転職者は珍しくありませんし、大体の方が転職されていきます。世間では「 管理職でない50代は転職できない 」なんて辛辣な意見があるようですが、管理職でない50代でも転職は十分に可能です。

40代後半までシステムエンジニアをされていた村田さんは、50代で転職に成功しました。しかも、前職とは違った営業職にキャリアチェンジしてしまったという経歴の持ち主です。

50代のエンジニアが挑んだ転職活動

彼が転職したのは、50歳の時。動機は前の職種が年齢的に限界を迎えていたからです。前の仕事は、通信関係のシステムエンジニアでした。システムエンジニアの仕事では、どうしても頭の柔軟性が必要で、40代以降になると仕事の進め方や考え方が硬直化してしまい、どうしても新しい発想が難しくなってきていました。また、若い部下や後輩達も育ってきたことから、早期退職して新たな世界に飛び込もうと転職を考えました。

と言いつつも、実際には50歳を過ぎての転職となると、ギリギリの年代らしく、自分が思い描いた仕事を見つけることは難しいのが実態でした。長年、エンジニアの仕事しか経験のない自分だったので、その延長線上でしか考えられませんでした。そこで、転職手段として、選んだのが転職エージェントへの登録です。

転職エージェントは、ハローワークのように転職先を紹介してくれる所なのですが、ハローワークと異なるのは、積極的に自分の希望する職種や業界を斡旋してくれるだけでなく、自分自身でも気付かった特徴なども活かせる職種を紹介・斡旋してくれることです。転職エージェントの中でも、この時はリクルートエージェントという斡旋企業に登録。

ここでは、エージェントのスタッフと綿密な打ち合わせやヒアリングが行われました。この目的は、私の過去のスキルや実績・経験・ノウハウを把握してくれて、その蓄積を活かせるような会社をセレクトしてくれるためでした。このヒアリングには、かなりの時間を割いたのですが、後から考えると、とても良かったことです。

50代で転職するにあたり心配だったこと

転職で一番不安だったことは、この年齢で本当に転職できる会社が見つかるかということでした。「 リクルートエージェント 」に登録する前にハローワークや転職サイトに登録して、新たな職を探していたのですが、中々見つけることができませんでした。しかも、システムエンジニアとしての転職だと、年齢的に30歳代が上限というのが一般的だったのです。

このようなことから、本当に前の仕事を辞めることがいいのか、不安を拭い去ることができませんでした。また、現職を辞めてから新しく仕事を探すか、それとも残り続けながら、転職先を探すかも悩みの種でした。でも、働きながら転職先を探すことはら、システムエンジニアの責任者として、あまりにも急がし過ぎたことから、現職をきれいに辞めてから転職先を探すことにしたのです。

これが、さらに確実に転職できるか、どうか見通しがたたないままでの活動となったので、とても不安な日々が続いたわけです。失業保険が続いている間に必ず新しい転職先を見つけないと、それこそエンジニアの職を辞めてしまった意味がありません。但し、エンジニアの仕事を続けながら、別の仕事を探していたとしても、おそらく中途半端な気持ちになったままで、真剣に探すこともなかったでしょう。

50代の転職活動で大変だったこと

転職活動で大変だったことは、「 リクルートエージェント 」に登録してから、スタッフ面接や転職先候補の会社の面接対策の準備でした。どのようにしたなら、確実に転職できるのか?そのためには、自分の本当の特技やスキルは、どのようなことがあるのか、それを振り替えって整理しておく必要がありました。これがないと本当に自分が納得できる転職とはなりませんでした。

単純に生活費を稼ぐだけなら、すぐにでも仕事を決めることができたかもしれません。しかし、今までのスキルやノウハウを最大に活かすことができるような仕事先を見つけるためには、それまでの過去のスキル・経験などの振り替えりが大切でした。いわゆるスキルの棚卸しというものです。そのためには、過去の20年以上の歴史を振り替えり、いつ自分がどんな仕事でどんなことをしたのか、その時ち経験したスキルはどのような物なのかをしっかりと整理しておくでした。

リスト化しておくのです。この棚卸しには、それなりの時間を費やすことになりました。これができて、エージェントのスタッフとのミーティングとなるわけですが、こちらはできるだけ早く転職先を決めたいという焦りもあったので、とても苛立ったり、焦ったりもしました。そのためにかなり時間が経つのが、長く感じてしまい、本当に転職できるかとい不安に苛まれることになりました。

しかし、棚卸しによって、自分でも気付かった側面を知ることができたので、転職は、とても楽に出来たと思います。

50代で転職してよかったと思える点

転職先は、やはり通信関係でした。通信関係のIT企業の職種は営業です。元々は、システムエンジニアとしての転職先を探していたのですが、この会社の営業職は、かなり専門的な技術的な知識やノウハウを持っていないと務まるものではありませんでした。そのような意味私が前職で培ってきたシステムエンジニアの経験やスキルが必要だったのです。そんな人を探していた今の会社です。

まさか自分自身が営業の仕事に就こうとは、夢にも思わなかったのですが、今から考えると、納得できることかもしれません。これはこの会社を受ける前に、しっかりとそれまでのスキル棚卸しをやって しっかりと自分の得意なスキルを明確にできていたことが、今回の転職の成功に繋がっていると思います。また、棚卸しをしている時に分かったことですが、システムエンジニアをしている時に、お客さんとの打ち合わせも数多くこなして来ました。

これは今の営業の仕事ができる経験にもなっていたのですが、このこと自身、自分では思いつかなかったことでした。そう、システムエンジニアの仕事していても、その道で営業できる遡上が培われていたのです。長い間間にエンジニアとしての仕事をしていたので、自分自身そのことに気付かないままでした。しかし、このリクルートエージェントに登録した後の棚卸しやスタッフとの綿密なヒアリング、打ち合わせで自分がどのような仕事ができるのかを教えてくれたわけです。

自分のことは自分が一番よく知っているつもりだったのですが、この活動を通して、新しい自分を発見することができました。転職は、私の中で、人生の大きな節目になっていることは間違いありません。この時に思いきって転職してよかったです。

50代のオヤジでも転職は何とかなるって本当の話?まとめ

適齢期を過ぎた50代のオヤジでも転職は何とかなるって本当の話?についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

エンジニアの適齢期は、40歳までなんてよく聞く話ですが、私の知っている限り最年長は64歳男性で、現役バリバリのシステムエンジニアです。彼は「 いくつになっても向上心さえあれば若い者には絶対に負けない 」と豪語していますよ。

世間の声に惑わされず、信念を貫けば50代になっても道は切り開くことはできると私は信じています。是非新しい未来のため頑張ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事