話題のポイ活に会社員が挑戦してみた!ガッツリ稼げるか裏技も暴露

お小遣いサイトはスキマ時間を使ってガッツリ稼げるって噂を聞くけど、本当に稼げるのか疑問に思っているお父さん諸君は多いのではないでしょうか?

私自身、「どのお小遣いサイトが儲かるのか?」って初心者。

友人で、お小遣いサイトに詳しい奴がいたのでガッツリ話を聞いてみることにしました。

ポイ活に50代会社員が挑んだ理由はスキマ時間の活用

ポイ活に50代会社員が挑んだ理由はスキマ時間の活用

有村君50歳が経験した副業は、いろいろなサイトのアンケートに答えてポイントをためてお金を稼ぐ方法。

これらは、お小遣いサイトと呼ばれていますよ。

私は会社員なので、仕事をするのは自宅でとなってます。

時給に換算すると数100円になるのですが、自宅にいながらお金を稼げる点では、とてもおすすめ出来ます。

時間帯はいつでも出来るのですが、早く届いたメールに対してアンケートに答えないと、人数制限がある場合が多いので、ある程度集まったら締め切る場合もよくあります。

メールでアンケートに答えるタイプと、サイト上でアンケートに答えるタイプと二つあります。

その他に、会場に出向いて実際に商品を見てアンケートに答えると、謝礼としてお金がもらえるものもありました。

しかし、私は会社で勤めが本業ですから、日中は会場に行けずパソコンに届いたメールのアンケートに答えることが主になってます。

1つのサイトだけですと、送られてくる数も少ないので、私は10個近くサイトに登録をしていました。

そのため、パソコンに届くメールの数も多くなっております。

きちんと期日までにアンケートに答えると、アンケートの数も増えるので、いいかげんに答えるのではなく真剣に答えることが需要。

中には、会場に行けないのに会場に行って参加出来るなどと書くと、そのアンケート調査をしている所で信用問題になってしまいます。

早朝メールが届いたけど、仕事で忙しく、アンケートに回答することが出来ず、夜に家に帰ってから回答をする私の経験上必要なアンケートが集まったことで締め切られることがあります。

仕事中は出来ないかもしれませんが、休憩時間やお昼の時間にアンケートに答えるのはアリです。

ポイ活に会社員が挑んだが副業が会社にバレないか心配

ポイ活に会社員が挑んだが副業が会社にバレないか心配

副業をするにあたり心配したことは、会社に副業をしていることを知られてしまうのではないかと、心配でした。

副業がばれてしまった時、クビになってしまうのではと、毎日ひやひやしながら副業を続けています。

副業をする時に、本当に稼げるのかと言う点て不安な所もありましたが、多くて2万円ほど稼ぐことが出来たので、ちょっとした小遣いになって良かったです。

ポイント交換に関しても、いろいろなものに交換が出来るので、ポイントが貯まった時には、サイトによって交換出来る最低ポイントが決まってます。

ポイントが貯まりにくいサイトもあるかと思いますが、地道に回答をしていけば、ポイントはおのずと貯まっていきます。

そのポイントを、商品に変えるかお金に換金するかは自由となってます。

10個くらい登録をしておくと、気づくとポイントもすぐに貯まっていきます。

副業は、本業のような収入を見込めないことが多いですね。

小遣い程度稼ぐことが出来ることを、把握しておくことで後々心配もなくなります。

細目にメールをチェックするように、心がけましょう。また、自分のパソコンにメールが届いたものに関して、アンケートに回答をする時、自分の情報が漏洩しないか心配な所もありました。

ポイ活に会社員が挑んだがメールの受信が多くメチャ苦労

ポイ活に会社員が挑んだがメールの受信が多くメチャ苦労

私が行った副業をやってみて、大変だったのは、アンケートの数が非常に多く受信された時です。

そういった時には、時間も限られていることから、自分が答えやすいものを選んで、回答をするようにしています。

中にはホームユーストと言って、自宅に商品が送られてきて、それを実際に食べたり使ったりして、後日送られてくるアンケートに答えるといったものに当選をした時は、とても楽しく思いました。

私が体験をしたのは、お菓子の時が多かったですね。

商品名は明かせませんが、二つの商品が送られてきて、食べ比べをして、美味しかったのはどっちなど選ぶようになってます。

2つの商品はまだ販売前となってることから、パッケージはない状態でした。

味の変化に関して、まじめに答えないといけないので、しっかりと味わって、正確な回答をしなければならなかったのが大変でしたね。

食べる順番が、その人によって決まっていることから、味の違いが判別出来るかちょっぴり不安でした。

いろいろなアンケートに素早く正確に回答をしていたことから、ブラインドタッチが出来るようになりました。

スキルが身に付いたことで、アンケートに回答するスピードも上がったような感じがします。

ポイ活に会社員が挑むなら急がず地道に信用を得よう

ポイ活に会社員が挑むなら急がず地道に信用を得よう

これから私と同じアンケートに答える副業をしようと思ってる方は、まずその会社が副業をしてもいいか確認をすることが大事。

1年で20万円を超えなえれば会社にばれることはありませんが、100%バレない保証はありませんので慎重に行うことが重要ですよ。

同じようなことで小遣い稼ぎをしたいと思ってる時には、まずパソコンとスマホを用意することが大事。

文字を入力する時には、パソコンで入力した方が断然早く複数のアンケートに回答することが出来ます。

ですので、パソコンに届いたメールをスマホに自動転送しておくと、スマホからも回答することが出来るようになります。

アンケートを配信している会社が、ターゲットにする方を選んで送られてきます。

ですが、すべてのメールが送られてくることはありませんし、日によって数が少ない時もあります。

複数のアンケート入力に夢中になって、本業の仕事が疎かにならないように気を付けることが大事です。

アンケートの期日や時間が掲載されていることがあるので、届いたメールを確認してアンケートに答えることが重要です。

劣化したパソコンを買い替えたりした時には、再度登録する必要はありませんがメールアドレスを変更した時には、全サイトの登録をしてあるメールアドレスを変更しないとメールが届かなくなり、解消してしまわれることもあるので注意が必要です

またホームユーストは、そこの会社で対象となる方だけに送られてきます。

ですから、アンケートに回答をしたからと言って、お菓子などの商品をタダで試すことが出来るとは思わないことです。

最も大切なことはアンケートは、いいかげんに書くと正確なデータが取れないので、気を付けることです。

ポイ活に会社員が挑戦してガッツリ稼いだので裏技を暴露

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 時給換算で、100円にも満たない
  • 空いたスキマ時間を有効活用
  • ポイントが貯まりにくいサイトもあるが、ポイントは自ずと貯まる
  • スマホよりもパソコンの方が断然効率がイイ

体力:

気力:
知力:

お小遣いサイトのイメージがサッパリ沸きませんでしたが、アンケートに答えたり試供品の感想をレポートにして小銭を稼ぐシステムなんですね。

一つ一つの単価は低いかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」とはこのことでしょうか?

有村君は、年間20万円以上稼ぎ続けている。真面目に回答していれば、特別な依頼もあるようです。

コツコツやればあなたも小金持ちになれるかもしれませんよ!是非チャレンジしてみてください。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう