「 肉体労働する副業なんて時代遅れだぜ 」って職場の同僚が息巻いていました。

どうやら、ブログという電子日記みたいなものを立ち上げて、楽天の商品を紹介したら何割か貰えるらしく、彼はその手のマニアック本を売りまくっているそうだ。転売みたいなことかと思ったので、具体的に教えろよと言うと「 ホームページを作れ! 」とか「 ASPに登録しろ! 」とか早速業界用語で返してきやがった。

昭和時代の人間ですから、横文字が出た瞬間「 あっ、何かヤバいな 」と反射的に思ってしまうのは私だけではないはずですよね?

アフィリエイトで副業する50代リーマン

彼が経験した副業の種類は、主にアフィリエイトとアドセンスになります。アドセンスに関しては費やした時間や儲けが、アフィリエイトに比べるとかなり少ないので、経験した副業の種類は、アフィリエイトがかなりの割合を占めています。

アフィリエイトというのは、一言では表現できないぐらいの様々なやり方が存在しています。

私が経験したアフィリエイトのやり方は、ブログを使うことが多かったです。アフィリエイトを始めた当初は、ひたすらブログの記事を作っていました。ブログ記事の内容は、ネット通販の商品を紹介する記事がかなり多かったです。今もそうかと思いますが、アフィリエイトは、ネット通販の商品を紹介するというやり方が主流で、そのほうがブログ記事の作成がやりやすかったのです。

そして、ブログの使い方に慣れてきたら、ホームページの作成についても勉強をして、実際に作ってみました。作ってみたホームページは内容だけみると、ネット通販の商品を紹介するという、ブログ記事と同じような内容でした。しかし、ホームページの方が、ブログに比べると自由度が高かったです。

ホームページの作成では、htmlのタグを利用することで、自分のやりたいようにレイアウトが作れます。htmlのタグを理解するには、それなりに時間がかかりますが、理解できた分だけ、自分の好きなデザインのサイトが作れます。

最近は少し違うかもしれませんが、当時のアフィリエイトは、ブログに慣れたら、ホームページを作ってみるという流れがありました。

私が取り組んでみたことは、ネット通販の商品を紹介するアフィリエイトでしたが、紹介するネット通販の商品は、変わったものが多かったです。それは、一般の店舗では売られていなくて、ネット通販でしか売られていない商品です。一般の店舗では手に入らないので、インターネットのブログ記事などの情報が重要でした。

50代がアフィリエイトの副業を始めたキッカケ

アフィリエイトを始めたのは2009年ごろですが、私はパソコンの使い方を勉強して、8年か9年ほどパソコンを使用してきました。そして、何年かパソコンを使用してきて、パソコンを使った副業に興味を持ち出しました。そこで、インターネットでパソコンを使った副業について調べてみると、アフィリエイトという言葉が出てきました。

2009年ごろは、アフィリエイトという言葉がインターネットの世界ではかなり定着していました。そのため、アフィリエイトについて説明したサイトやブログが、当時からかなりありました。そのため、副業をするきっかけになった媒体は、インターネットのサイトやブログ全般です。

そして、アフィリエイト関係のサイトやブログの中で、一番役に立ったものは、ASPと呼ばれるものだと思います。

アフィリエイトを始めるためには、ASPと呼ばれるところに会員登録します。ASPというのは簡単に言えばサイトです。ASPはアフィリエイトを取り仕切っているサイトで、さらにアフィリエイトのやり方を初心者が分かるように、サイト内で説明しています。

具体的には、「 A8.net 」というASPに登録して、そこからの情報を参考にしました。インターネット上に無数にある情報が、アフィリエイトを始めるきっかけになったのですが、その中から敢えて一つ選ぶとすると、「 A8.net 」というASPになります。

50代のあなたは本当に儲かったの?教えてよ

ブログやホームページを利用した副業では、私の場合は、主にホームページよりもブログで利益を出してきました。ブログで出すことができた利益は、簡単に言うと、お小遣いレベルの金額です。具体的には1か月に数千円から数万円の間の金額を稼いでいました。

この金額は、副業ということを考えると、大きな利益だったと思われます。1か月に数万円をコンスタントに稼げれば、副業としては充分な利益だったでしょう。もう少し私の作業量が多ければ、1か月に数千円よりも、1か月に数万円をコンスタントに稼げていたかもしれません。

しかし、副業で本業よりも大きい金額を稼ぎたいのであれば、1か月に数万円ぐらいでは満足できない金額になるでしょう。

インターネット上を調べてみると、アフィリエイトで月に100万円以上稼いだという人が多く出てきましたが、私の感覚としては、1か月に数万円ぐらいが、アフィリエイトで稼げる上限に思えました。

ただ、アフィリエイトには様々なやり方があります。例えば、アフィリエイトのためのブログやホームページを、外注して作成する方法があります。これなら使える資金が豊富にあれば、かなり膨大な量のブログやホームページを作成できます。アフィリエイトで月に100万円以上稼ぐということも可能になってきます。

私に豊富な資金と、それを使える考え方があれば、さらに儲けられたかもしれません。

今後アフィリエイトで副業する50代へアドバイス

これからブログやホームページを使うアフィリエイトの副業を始めるのであれば、私の経験から言うと、本業を主な収入の柱にしながら、やるべきでしょう。アフィリエイトをやっている人の中には、大当たりようなことが起こって、本業よりもかなり大きな収入を得る人がいるようです。

しかし、アフィリエイトで得られる収入というのは、毎月安定しません。

本業よりも儲かったからといって、仕事を辞めてアフィリエイトを専業にしてしまうと、いきなり収入が下がるというリスクがあります。会社勤めで、定期的に決まった収入を得られる世界とは違うのですから、収入が安定していないことは当然の話です。

ですので、ブログやホームページを使ったアフィリエイトをするのであれば、ほかに本業をこなしながらやっていくことが、おすすめのやり方です。

また、ブログやホームページを作成することになりますので、htmlのタグなどの知識が必要になります。ホームページのデザインにこだわりたいのであれば、その分、要求される知識が多くなります。ブログなら、htmlのタグなどの知識が不要に思えますが、細かい部分にこだわると、それらの知識が必要になります。

こうしたことから、ブログやホームページを使うアフィリエイトなどの副業をするのであれば、ブログやホームページを作成したことのある経験者がかなり優位になります。経験者であれば知識があるため、勉強などの時間を短縮できるのです。

そして逆に、ブログやホームページを作成した経験がない人であると、アフィリエイトなどの副業をする前の準備段階で、かなりの時間を勉強のために使わなくてはいけません。ブログに関しては、ホームページ作成の知識がなくても始められるのですが、後になって、勉強をすることになります。

50代リーマンが精を出すアフィリエイトの副業まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 ブログ( 日記 )を立ち上げたらできること
  アフィリエイト
  Googleアドセンス

 アフィリエイトを勉強するためには
  インターネットや他人のブログを参考にする

  ASPと呼ばれるサイトに登録して参考にする
 結局幾ら儲かったのか?
  1か月に数千円から数万円の間
    月100万円を稼ぐためには、専業しないと難しい

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事