時間に制約がある会社員にとって在宅でのお仕事は、収入アップにもってこいの副業。

会社にバレることはおろか、同僚に見つかる心配もない。そうはいうものの、在宅でできる仕事と言えばインターネットのお仕事か、内職ぐらいしか思い浮かばないが実情。中でも、インターネットを使ったお仕事は、プログラミングなどIT係のスキルを持っていないとできないと思われがちですが、実際のところはどうなのか調べてみました。

西さん58歳は大阪市内で、セラピストとして活躍しているベテランさん。彼女が今まで経験した副業で断トツに稼げたのは、インターネットでのライティングのお仕事。きっかけは、友人からの情報だったという。友人は結婚を機に仕事を辞めていたのですが、少し子育てから手が離れた時期に何か仕事がしたいと思っていたそうです。

しかし、その時点ですでに40歳を過ぎていて、なかなか求人がなく、仕事がしたくても年齢的に難しいのだという現実を知ったという。そししてネットでいろいろと探していると、ライティングの仕事があるらしいと情報を得て、始めてみたそうです。

50代セラピストが見つけたライティングの副業

私も、この話を聞いてかなり興味を持ちました。私の仕事はセラピストですが、毎日仕事があるわけではありませんし、安定した収入が確保できるものではありません。何か他に収入を見つけたいと思っていたところでした。

友人から話を聞いた数日後に、テレビの情報番組で副業特集をしていて、その中にライティングの仕事も紹介されていました。自分でも調べてみたところ、自分の好きな時間帯で仕事ができるところに魅力を感じ始めました。それまでは時給で働くことしか考えていなかったのですが、フリーランスで空き時間にできる仕事はとてもありがたいものでした。

早速ライティングが探せるクラウドソーシング「ランサーズ」に登録をし、仕事を探しました。自分の得意範囲で探していると、思った以上に募集があり、すぐに最初の仕事が見つかりました。ライティングのテーマは本当に広く、もちろん私が知らない分野の募集もあります。

少しテーマや条件を絞っても、常時1,000近い募集の中から選ぶことができました。

記事のボリュームも500文字~5,000以上と幅があり、テーマと共に自分に合ったものを選べました。自分のペースで自分に合ったものを上手く探せるようになると、効率的に収入を得ることができました。

本業がおろそかにならないか、時間の使い方に無理がかからないかなどの不安要素があったため、副業をすることに抵抗がなかったわけではありません。

本業の空き時間に収入アップのための副業と考えていたのですが、性格的にやると決めたらとことんやってしまうため、副業の方に時間と体力を使いきらないようにできるだろうかと心配になりました。また、時間の使い方もどのようにしたら良いのか、想像が付きにくかったのも不安要素でした。

ですが頭で考えても仕方がないので、まずは行動を起こすことにしました。ライティングの仕事は、契約をして時給をいただく仕事とは違い、合わないと感じたらいつでもやめられます。そう考えると心配も薄れていきました。副業をしてみて、大変な部分もありましたし、予想していない楽しさもありました。

ライティングの副業で大変だったこと

・仕事量のコントロールが難しい
本業が忙しくなったからといってライティングの仕事をおろそかにする訳にはいきません。自分のタイピングの速さや、記事作成の時間の目安がわかるまで、仕事量のコントロールが難しく感じました。

・仕事が見つからないこともある
仕事の募集はたくさんありますが、自分ができる仕事やしたい仕事がいつもあるとは限りません。 全く仕事がない時もあり、最初の頃は仕事を探すのも大変でした。

ライティングの副業で楽しかったこと

・自分の経験を生かすことができる
前職が医療職だったため、その分野の記事に関しては自信がありました。その分野の募集も多く、今までの経験が生かしながらの仕事は楽しかったです。

・知識を深められる
すべての仕事が得意分野とも限りません。時には一度記事を書かせていただいた方から、「 こんな記事書けますか? 」と直接依頼が来ることもあります。そのような時は、自分で可能な限り調べて記事を書きますので、持っている知識をさらに深めることができます。仕事をしながら勉強ができる機会になります。

・自分次第で収入アップにつながる
経験を積むとライティングスキルも上がるため、記事単価を上げてもらえることがあります。自分のがんばりが収入に直結することがありますので、モチベーションアップにつながります。

ライティングで身についたスキル

やはり文書力が付きました。いくつもの記事を書いていると、修正が必要なこともありますが、この修正がライティング力を上げてくれます。ライティング力が上がると単価アップにもつながりますし、得意テーマだけではなく得意な文章形態も合わせてアピールできるようになります。

隙間時間を使えること、自分次第で収入アップになることから、ライティングの副業は本当にお勧めです。本業の仕事に支障のない時間でできるのが最大の魅力です。夜や休みの日の空き時間を使え、納品日に間に合うように書けば良いので、毎日する必要もありません。

慣れてくると書くペースも速くなりますので、時間配分がしやすくなります。

そして自分次第で収入アップが望めます。時給のように決められた金額ではなく、自分で単価の高い仕事を選ぶこともできますし、経験を考慮して単価を上げてもらえることもかのうです。自分次第でどんどん収入が得られます。

これからライティングの副業をする人へのアドバイス

ライティングの仕事はこんな人にお勧めだと感じています。
・空き時間をお金にしたい人
・文章を書くのが好きな人
・調べ物が好きな人

時間の制限や制約はありませんので、空き時間で何かしたい人には最適です。もちろん文章を書くのが好きな人にとっても良い仕事です。

少しくらい不安があっても、書いていくうちにどんどんできるようになりますので、上手かどうかではなくまずは「 好き 」というのが大切かと思います。

ライティングは好きな範囲の仕事ばかりではありませんし、得意分野でも新しい知識が必要だったり、同じテーマでも視点を変えていくつかの記事を書くことがあります。その時は自分で調べて検討して書く必要がありますので、調べることが苦手だと辛く感じるかもしれません。

ネット上だけでのやり取りになり、相手がどんな人かわからないと心配になるかもしれませんが、きちんとメールなどのやり取りができれば大きなトラブルにはなりません。最初にも書きましたが、合わないと思ったらいつでも辞めることができます。まずはトライしてみてください。すぐに書くことが楽しくなりますよ。

私が副業としてのライティングの魅力を語りますまとめ

50代の私が副業としてのライティングの魅力を語りますについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

インターネットが発達する以前は、日の目をみることができなかった彼女たち。しかし今や、文章や小説を書くのが得意な人にとってライティングの副業は、趣味と実益を兼ねたものになってしまいました。

私も文章を書くのが得意だったら、間違いなくライティングの副業をやるのになーと思ってしまいました。書くのが得意な人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?クラウドソーシング「ランサーズ」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事