転職先に求める条件に優先順位を付けるのは効率的に動くため絶対必要

50代は転職で厳しい戦いを強いられますが、だからと言って譲れない条件をないがしろにすると、後悔して結局また転職するハメに陥ります。

願う事なら理想の転職にしたい。

誰もがそう願いますが、給料が高くて、職場の人間関係も完璧、世間の口コミも良い…そんな理想の求人をただやみくもに探すのは、非効率極まりない行為です。

まずは、絶対に譲れない条件や妥協できる条件を決めてから活動を開始しませんか?

全ての条件が満たせる求人は起業する以外見つからない

転職は、様々な思惑を抱えた人たちがそれぞれの理想を叶えんと必死にならざるを得ない戦場。

リストラされた私は否が応でも転職しなければならない状況に追い込まれましたが、他にも将来性がない、給料が安い、煩わしい人間関係に耐えられない理由を叶えたいが故に転職を考えている50代は、皆さんが想像している以上に多いのではないでしょうか?

転職という非常に難易度の高いイベントを始めようとする人の多くが、無計画で何の優先順位も決めずに、なし崩し的に活動に入るから、ちょっと求人が見つからなかっただけで、何回か面接で落とされただけで挫折しまう。

給料や福利厚生が良くて、職場の人間関係も最高!世間からの口コミも上々…、本当にストレスのない自分だけの理想の職場を作りたいのであれば独りで起業するしかありません。

独りで起業するのはちょっと自信がないから…と、友人・知人と共同で起業を考えていると必ず仲間割れに発展し潰れます。

悪いことは言いませんから、自分に自信が持てない限りは起業せず会社にしがみついててください。

あなたの転職理由は?と聞けば、「自身の経験を活かして御社に貢献したい」と多くの人が答えますが、それはただの建前に過ぎません。

「前職では叶えられなかったが、もっと自分を活かせる仕事がしたかった」というのは建前であって、現在の職場にある何らかの不満を解消したいのが本当のところ。

深夜まで続くあり得ないサービス残業が体力的に厳しかたったのであれば、残業が少なめな職場を選ぶでしょうし、せめてもう少し給料が良ければと願うのであれば、給与水準が高い仕事を選ぶでしょう。

ただ、全ての条件を満たす求人はまず見つからない上に、50代は絶対に譲れない条件以外、何かを妥協しなければ絶対に転職が叶うことはありません。

悲しいけ、どこれ現実なのよね。

理想の転職って何なのか?まずは優先順位をつけよう

学校を卒業して就職活動した際は、

  • どれぐらい知名度のある企業か?
  • どこに重点を置いているのか?
  • どれぐらい年収がもらえるのか?

など、同世代の仲間がたくさんいて不安の中、横一線でスタートしたので、情報収集もしやすかったのではないでしょうか?

「赤信号みんなで渡れば怖くない」が示すとおり、人間、集団で行動すれば安心する生き物。

転職活動は孤独に活動せざるを得ず、かつ情報収集もしにくいので、他人がどこにどれだけ優先順位を置いて活動しているのか分からず、「一生のうちで転職はそうそうしないから」とついついワガママな条件を全部満たそうと求人を探しため息をつくのです。

転職は、間違いなくマイホーム購入や結婚と同じレベルの人生における一大イベント、人生を大きく左右する重要な条件を多く含んでいるのは確かですが、全ての条件を満たすマイホームを探していては時間がいくらあっても足りませんよね?

マイホームを探す際、間取り・広さ・駅からの距離・家賃などの利便性を考え、絶対に譲れない条件と、多少妥協しても良い条件、妥協してもよい条件を選別しておかないと、一向に決まらないのと同じく、転職の条件も優先順位を決めておかないと永遠に見つかりません。

転職では、業界・職種、仕事内容、給与・福利厚生、年間休日、有休休暇、企業風土、職場の人間関係、通勤時間、転勤の有無、管理職または役員になれる可能性、将来性などが複雑に絡み合うことになります。

優先順位はそれぞれ点数をつけ見える化するのがポイント

転職活動をした中高年に「なぜ転職をしたのか?」アンケートを取ってみた結果、退職理由の上位5つは

  1. 労働条件への不満
  2. 賃金への不満
  3. 仕事内容への不満
  4. 人間関係の不満
  5. 会社の将来性・安定性への不満

いかに、今ある不満を解消したいがための転職かが伝わってきます。

中高年の転職で特徴的なのが、人間関係は我慢できるが、健康を維持できないほどの長時間労働や、世間一般ではあり得ない給与水準によるもの。

まぁ転職したくもなりますよ。

STEP1:転職先に求める条件を書き出す

アレもコレも叶えたい気持ちを抑えて、まずは転職の際、求人に求める条件を書き出してみましょう!

この時点で特に優先順位を考えなくても良いですが、条件・給与・経験スキル・職場の魅力・職場の将来性の5つのカテゴリーに分かれますね。

この際です、色々考えてみてください。

諸条件

・勤務時間・勤務地・転勤の有無・年間休日

転勤できない事情があるのに「全国転勤あり」の求人にわざわざ応募する必要もありませんね。

ただし、求人票に「転勤の可能性なし」とあるのに、私たちが敢えて「転勤はできるか?」と聞くのは、あなたの覚悟を推し量るため。

給与

・年収・月収・賞与の有無・残業代の有無・インセンティブ

応募前はもちろんのこと、内定が出た後にも必ず書面で確認する必要があります。

口頭でのやりとりでトラブルになりがちな中高年は、特に足元を見られるので注意してくださいね。

経験・スキル

・経験やスキルが活かせる仕事か?

条件や給与が高くても、経験やスキルが活かせない仕事だとつまらないと感じることがありますね。

職場の魅力

・職場の人間関係・風土・体育会系のノリ

体育会家のノリならまだ我慢できますが、私は軍隊みたいな職場に転職してしまったことがあります。

職場の将来性

・リストラ・倒産・吸収合併

リストラされて否が応で転職した先で再びリストラに遭遇した…中高年の転職あるあるですね。

STEP2:希望の条件に優先順位を付ける

転職に求める条件が書き出せたら、次は優先順位を付けていきましょう!

その際

  • 絶対に譲れない条件
  • 多少妥協しても良い条件
  • 妥協しても問題ない条件

に分類してみてください。

自分の譲れない条件がどこにあるのか?現職で抱えているどんな問題を解決したいから転職を考えているのか?を見える化したいので、絶対に譲れない条件を10点、多少妥協しても良い条件に5点、妥協しても問題ない条件に1点を付けてランキング形式にしてみてください。

STEP3:譲れない条件と我慢できる条件に分ける

50代で転職を考えた皆さんは、何も考えず家族のため身を粉にして働いてきたかもしれませんが、自分の欲望を数値化することで、自分がどんな人間で何を目標に仕事をしているのか?どんな状況下に置かれれば力を発揮できるのか?再発見できるはず。

勤務時間の諸条件がクリアできれば満足な人がいる一方で、いやいや自分はやりがいがないとやってられないって人もいるかもしれません。

せめてこの5つの要素の中で優先順位をつけるだけでも、取捨選択の時間はかなり減らすことが出来ます。

優先順位が決まったら後はひたすら応募しまくるのみ

何となく自分の基準が決まったら、後はひたすら条件に合う求人を見つけて応募しまくるのみ。

既に何らかの理由で離職されている50代の皆さんは、24時間使えるからと余裕をぶっこいているかもしれませんが「少しのんびりしながら」と考えていると、あっという間に雇用保険の給付が終わり、気付いた時には「この半年何をやっていたんだ?」と後悔の念に駆られるでしょう。

一方で、就業中の50代や要職に就いている50代は転職活動に割ける時間が限られているので、半年も活動を続けると精神的に疲弊するのは目に見えています。

どちらにしろ、高いモチベーションで活動できるのは、せいぜい3か月が限界。

その間に少しでも理想の求人に巡り合い、かつ内定を得るにはそれ相応の活動量が必要になります。

応募書類を送りまくっても、何の手ごたえも返ってこない時は本当に「自分は世の中から必要とされていない」錯覚に陥りますが、経験もスキルもある50代のあなたを待っている企業は必ず日本のどこかにあります。

月並みな言葉ですが、諦めなければ道は開けます。

転職で優先順位を付けるのは求人を絞り効率的に動くため

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

介護業界にいた頃に何度も「一緒に」起業しよう!!と持ち掛けられましたが、リストラされ「人は必ず裏切る生き物」って痛いほど分かっているので丁重にお断りさせてもらいました。

結局のところ、独りでは自信がないのだと思いますが…。

起業を持ちかけてきた人たちは今もグダグダ言いながらサラリーマンを続けられているようです。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう