副業を始めたいんだけど、どこで探せばいいか迷っているお父さん諸君は多いです。

手軽に探すなら、「 バイトル 」のようなアプリで探すのがお決まりですが、案外ハローワークで副業やバイトを探せるのはあまり知られていません。

私の職場はいわゆる低賃金労働者が集まる職場ですから、副業やバイトの話題は絶えませんね。もちろん社則で副業は禁止されているのですが、そこは公然の事実。総務職である私も見て見ぬふりをするしかありません。

彼らはわざわざ履歴書類を送付して面接するような面倒くさいことはしていないようで、もっぱら多用しているのは、いわるコネという手段です。山陰地方でデザイナーをしている佐々木さん50歳代も、コネで副業を見つけた一人です。

彼が住んでいる地元で、個人で広告業を営んでいる方がいます。そのお手伝いと言う事で、副業として仕事を行っています。そこの仕事量の波も、年に4回程、大きな繁忙期があります。その時に溢れた仕事を頂いて行っています。

50歳代デザイナーが見つけたデザインの副業

最初は派遣のデザイナーに依頼しようと考えたらしいのですが、時給や日給が高価であると言う事と、かなり制限のある中でのデザインであったり、納期やデータ入稿の時間帯もマチマチだと言う事で、だったら融通が利いて、時給も安価に設定できる私に矢が飛んできました。

主な作業内容は、電車の小さな時刻表や手帳の作成を業界で良く使われているアプリケーションを使い、作成していく作業が主に振られてきます。昨年のデータを一式、頂き、その前回データをベースに、今年のものに作り変えて行きます。

作成したものをPDFにして、先方様へメールで送り、校正をして頂き、デザイン変更も含めて、校正した赤字の指定紙が、メールで送られてきます。

その指定紙に基づいて、修正作業を行い、最終チェック用のPDFをメールで送り、OKが出れば、データを指定された先にアップロードして終了となります。時刻表の場合は、改定する当日にHPにアップされ、それからの作業だと遅く、改定された日には、もうデータは出来ていなければいけません。

そのため、改定される一ヶ月前にアップされている改定情報を探して、その情報に基づいて作業を行わなければ行けないので、事前準備が大変です。

この一連の作業を3日間で行わなければ行けないので、本業との兼ね合いもありますが、会社の本業は定時で上がり、自宅の副業で徹夜なんて事もあります。内容が文章系が殆どなので、慣れればスムーズに行きますが、作業後の文字校正が実は大変だったりします。

副業をするにあたり心配だったこと

やはり、副業に重きを置きすぎて、本業が疎かになっては本末転倒なので、両立と言うよりも、あくまで副業なんだと言うスタンスで行う様にしていました。

本来なら、もっと副業の仕事量は増やせますし、その分稼げるのでそれでも良いと考えていました。如何せん、納期期間がどんなものでも、3日しかないので、もし何かが起きて、納期日に納品出来なかったらと思うと、ギリギリの仕事量しか受けられないのが現状だったりします。

後は私の重大なミスが、知人の会社の責任になってしまうので、何でもかんでも仕事を受けて、ミスが起きたらと言う事も常に考えています。副業ではあるのですが、正社員と言うスタンスで考えてしまうので、やはり、受ける時は、全てやりたい欲求を抑えて、安全に出来る分を行う様に心がけています。

副業をするにあたり大変だったこと

大変なのは、作業期間の3日目の最終日です。本業が忙しい日と副業の最終日が重なると、もう頭が痺れてしまいそうになります。

ただ、そのプレイヤーとしての仕事へのプレッシャーと言うのは、50代後半になって、中々、味わえないものです。中々味わえないこの感覚は、年齢と共に薄れてしまいがちのものなので、副業でこの感覚を感じる事で、本業へフィードバック出来たりしています。

また、作業をしていく中で、品質を維持しつつ、もっと効率の良いやり方はないかを探ったりしながら、作業を行ったり、研鑽をしたりしているので、そのやり方が見つかった時の喜びはまた格別なものです。

そう言えば、20代の頃は、こうやって仕事を覚えていったなと、思い出させてくれます。

50代後半だと、マネジメントやディレクション作業が多い中、プレーヤーとして錆びない様にしてくれているのは、副業の存在だったりします。

大変ですがその部分は、対価以上にありがたいなと感じています。こういう意識で作業を行っていると、その使用アプリケーションのスキルが知らず、知らずに上がっていたりしています。

それは本業の時に気が付きます。中々、本業中は、一つのアプリケーションを勉強する時間がありません。ただ一番早く覚えるコツも実践で学ぶ事だったりします。なので、まさに私は副業でコッソリ実践をしているので、一石二鳥です。

お金も頂けて、アプリケーションも学べます。また、この量をどうやったら、1日から2日で出来るのかと言う逆算のスケジュールもたてられる様になったので、本業で私の口から、出来ないなと言う言葉は、元々、少ない方でしたが、完全になくなりました。何か一つのスキルが上がったと言うよりも、トータルでのスキルが上がった様に思います。

デザインの副業をする人へのアドバイス

本業と同じ副業をする場合ですが、お金の為だけと言うのであれば何も言う事はありません。ただ、副業から本業へ何かフィードバックしたいと考えているのであれば、使うアプリケーションは本業と一緒でも、仕事内容は、本業と少し違うものに挑戦する事をお勧めしたいです。

仕事は準備と研鑽が大切だと思っているのですが、慣れからは、この部分と言うのは、意識の中から、いつしか忘れ去られていきます。それが常であり、良く言えば経験でもあります。特に40代、50代はプレイヤーではなく、マネジメントに重きをおく世代なので、どうせ同業の副業をやるのであれば、プレイヤーとしての自分をもう一度、磨くチャンスではないのかなと思っています。

私も最初は、同業ならば、今のスキルが生かせるし、楽だしと安易に考えていました。渡された仕事内容も使用アプリケーションは一緒ですが、まったくやった事がないものでした。面倒だけど、お金の為ならが最初のスタートでした。

しかし、やっていくうちに、本業と違い、ダイレクトに来る感じであったり、納期への誰も助けてくれないプレッシャーだったり、作業前の準備作業であったりと、全て自分と言うこの状況と言うのは、周りが助けてくれる本業とは違います。

ただ、その環境こそが、自分を成長させてくれます。

50代後半でも、まだまだ自分自身にのびしろがある事に気がつかせてくれます。それはお金のためだけと言う受け身だったら、気がつかなかったと思います。自分がまだ出し切れていない部分を出せる場が、もしかしたら、この年齢の副業なのかも知れません。副業をやるだけでも、すでに挑戦だと思うのですが、どうせやるなら、もう一歩と言う気概でやって見ては如何でしょうか。

副業デザインのテクニックを本業でも生かせまとめ

50歳代の私が教えます!副業デザインのテクニックを本業でも生かせについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
本業での経験を副業に活かすならいざ知らず、副業でのお仕事の経験を本業に活かしてしまうとは、考えもしませんでした。佐々木さんのように絶えず成長できる人は、今後も副業のオファーが絶えないのかも知れませんね。

皆さんも仕事の結果にコミットして、成長を続けてみてください。思わぬところからオファーが来るかもしれませんよ!

 

おすすめの記事