50代で転職する理由は人それぞれ様々です。

私が転職支援をする中で特に多いのが、リストラなどの会社都合、次いで親やパートナーの介護問題。

正直、50代になると優秀な人材でも、窓際に追いやられてしまうのが切ないですね。

そこそこのキャリアを持っている50代以外、転職で年収アップを望むのは危険だとアドバイスしています。

やるなら副業レベルにしているほうがいいですよと普段言っているのですが、忠告を聞かず行動してしまう人も中にはいらっしゃって…

中本さんは地元の商工会議所で出会った50代。昔空手をやっていたとかで筋肉ムキムキのおっさんです。

これまた地元の催し物の打ち上げで、どこをどう間違ったのか、20歳以上も年下の奥さんと出会い、2年前に双子のお嬢ちゃんが誕生したという。

50代のおっさんは勢いで転職活動を開始

もちろん彼の転職の動機は、月収アップ。

月収自体、生活費を稼ぐのでやっとでしたから、それ以上の資金を貯めたいと思い、働きまくっていたという。

実際は、貯金をしたいというよりも、子供の学費の工面で一生懸命という理由。

このままでは、子供を大学に行かせる金がないと判断し、一生懸命に働いたという。

そのうえで、子供にも働くお父さんとしての背中を見せたいという思いがあり、転職を志しました。

手段としては、「 ハローワーク 」をみて、電話をかけて、その求人先から即採用に持ち込んだ。

転職の内容としては、前職が倉庫業の掛け持ちであったのに対し、フルタイムでの倉庫業を依頼される形態になりました。

時間制限を設けて、それでも、倉庫の掛け持ちにしようとしたのですが、正社員枠があるという話になり、現在の職場に定位置を得られるという期待がかかりました。

一生懸命に働いた結果、長時間勤務を依頼されるようになったので、その分稼げました。

ハローワークには、中企業であったとしても隙間でできるような仕事があるので、時間の許す限りであるのなら人の嫌がるしごとをしようと思った次第です。

人の嫌がる仕事というのは、実際高時給が保障されていたり、労働の通勤の足さえそろえば、真面目にやれば残ってほしいと言われるような仕事です。

つまり、人のやりたがらない隙間の募集項目を見て、そこを狙っていきました。

当初は、厳しめの採用官も眼に笑顔を貯めてくれて、自信は交渉に出て、職位置を獲得したかたちになります。人の嫌がるというタイプでは、きついという表現ではあります。

ですが、人間関係でのストレスに慣れることは社会人として当然ですし、

そのほか作業のきつさでいえば、普段から鍛えている身体なので、必死で頑張りました。

50代で作業員に転職することで心配だったこと

心配だったのは、転職したら必ず子供の学費の工面まで貯めていけるかという不安でした。

これは、自分の貯金を自分の為におろすという意味ではなく、子供の学費をローンに頼りたくないという親のプライドになります。

そして、転職した後で、その貯金額の目標に一歩ずつ近づけていけるかどうかについては、多少の不安はありました。

現場で長く続けていけるかどうかも、入ってみなければ分かりません。

子供の為というのは、世間一般的によく言われる普通の話ですが、それでも、親の生き甲斐であるので、その頑張る指針となりました。

そのために、継続した収入体系を獲得したかった次第です。

50代が作業員へ転職する中で大変だったこと

転職活動では、副業で営業している仕事もあったので、フルタイム・正社員で転職すべきか正直なところ悩みました。

ですから、大変だったのはそれでも、副業のほうでなかなか売上が上がらないので、副業を掛け持ちにして働いているころは多少大変でした。

これは、体力自体はなんとかもったものの、掛け持ち労働では、基本的にそれほどの月収の増加は見込めませんでした。

掛け持ちでの転職先探しは、労働環境の悪さに対するいら立ちもきっかけにはなりました。

つまり、掛け持ちでもうまいことセットにならないと、生活費の工面は難しかったです。

貯金するまでには掛け持ちでは難しいことがわかりました。ですので、苦しかったのは、このままではいけないと、生活基盤の強化を図った形になります。

苦しかったところでは、昔から武道の心得があり身体の能力的にまだまだ、いけるという自身はあったのですが、

腰痛対策を強靭に練っておかないと、続かないだろうという危惧があったことでしょうか。

ですので、家での腰のトレーニング方法を考案し、実施するに至りました。

その腰に対する訓練や、腕力に対することも、家で自主トレを行い、掛け持ちのころから、たゆまない努力をすることに精神を払いました。

ですので、その身体能力を守るということに関して、それを編み出すまでに苦しかったことはあります。

精神的には落ち着いていましたが、家族とのレジャーや連携という形で、なにもしてやれなかったら、おやじとして情けないという思いがありました。

それは、なんとか自身の威厳を保ちたかったというのもあります。愛情であればなんでもできるという意味と、このくらいのことでへたれていてはダメだという意識で、難を乗り切りました。

結局その努力と体力が、次の仕事で報われたかたちになります。

50代で作業員に転職して良かったと思えること

転職をして良かったと思うことは、専業で働けるという安心感。

その専業の会社に注力することで、自身の精神的な思いや、肉体的な基準を一本に絞ることができたのがよかったです。

転職すれば、給料が上がるというのはなかなかないことですが、最初の就職の時点より、仕事の依頼が沢山はいったので、定位置となりました。

それは、その仕事先において、仕事のマニュアルを覚えることを、最優先にして、自宅でも予習復習をしたというものになります。

つまり、その努力のアピールを実際の労働の成果で示したのです。もちろん、最初はミスもあります。ですが、それでも、二度とそのミスをおかさないように、努力をはらって、自分のプライドとスキルを守りました。

その結果として、長く続けてほしいという会社からの依頼を受けるに至りました。

そこでの、人間関係は当初、楽しいものではありませんでした。

しかし、ちゃんとミスの指摘を聞いて、それを改善し努力するという姿勢で見せつけました。

そして、その結果として、同僚を助けるという意味を込めて、ほかの人の現場にも入るようになっていきました。

そのため、同僚は多くいましたが、多くの人とコミュニケーションを軽く取れるようになっていたので、周りからの反応もやさしい風に変わっていきました。

転職をしてよかったのは、そのフルタイム労働で、子供を含めた家庭環境の改善が行われ、充実した私生活を手にすることができたことになります。

子供にもプレゼントを買ってあげられるようになりました。

ただ、学費を全面的に自分で工面するというのは、不可能に等しいことに思える時もあります。

ですが、せめて背中だけでも見せる事と、そのうえで、子供が将来働くときに、それを見習ってほしいと思うその一心で働いたことが、転職の成功でした。

心から子供のために転職した50代まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 愛娘達のため勢いだけで転職した50代の特徴
  転職の動機 : 月収アップのため 
  転職の手段 : ハローワーク
  要した期間 : 約3か月
  バイトや副業で掛け持ちせず、ガッツリ月収がアップした
  人間関係が良かったので助かっている

筋肉バカの中本さんにとって肉体労働は、トレーニング感覚だそうです(失礼)

「 金もらえて、筋肉付くなんて最高っす 」というのが彼の口癖。

すごくいい奴なんですが、「 目に入れても痛くないほど可愛い 」と言いながら子供の写真をLINEで送ってくるのだけは、正直やめて欲しい。

他人事ながら、頑張り過ぎて体壊さないか心配になってしまいました。

皆さんも、年相応に頑張ってみてはいかがでしょうか?

無理しすぎると後で後悔しますからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事