「 よく道路の端っこのほうで看板持ってるオッサンがいるけど、あれどういう人たちなの? 」と疑問に思っている方は意外に多いのではないでしょうか?

ずっと座ってて暇そうだよね。日雇労働者なのかな?最近はサラリーマンぽい人も混じっている気がするよね。それにしても時給はいいんですか?そもそも、看板持ちって職業あるんですか?あなた達は正社員なのか、それともアルバイトなのかどっちなの?って看板持っている人達に、色々質問してみたい衝動に駆られます。

53歳代男性リーマンが見つけた看板持ちアルバイトの実態

今回そんな疑問に答えてくれたのは、50代前半のサラリーマンで、技術職として働いている田中さんです。そのアルバイトを始めた当時も今と変わらず、普通に正社員として働いていたそうです。しかし、残業がほとんどない仕事だったため、正直給料が高いとはとても言えなかったという。

その頃、アルバイト情報誌「 an 」で土日祝日OKなアルバイトを探していた時に見つけたのが、看板持ちのアルバイトでした。交差点に椅子に座りながら、モデルルームの名前と矢印が書かれた大きめな看板を持ち、その場所を道行く人や車に提示するアルバイトです。

事前に説明会にて個人情報等を登録して、仕事が来るのを待つという方式でした。あまりコンスタントに入る仕事ではありませんでしたが、土日祝日のみの仕事だった為、平日は正社員として働く私にとって非常に好都合でした。時間帯としては、朝10時から夜18時まででしたが、冬など日が短い期間は一時間ほど早めにずれたりもしていました。

日給制でしたので、その日のうちに給料がもらえたのも非常に魅力的ですね。8時間拘束の、1時間休憩でしたから、実働は7時間で日給は7200円でした。時給に換算すると、1000円ちょっとといったところでしょうか。ただ座って看板を持っているだけなので、特にこれといったスキルも必要なく、強いて言うとしたなら、忍耐力が問われるアルバイトかもしれません。体力も頭も使うこともないので、50代の人でも簡単にチャレンジ出来るアルバイトです。

ただ、土日連続して頼まれる時もあり、また何度か断っているとそのうちだんだん依頼が少なくなってくる為、あまり断るのは得策ではありません。土日連続で入れられてしまうと、平日は会社、土日はアルバイトと休みが丸々一週間なくなってしまうのがたまにキズでした。看板を持つ場所はその日その日で変わってきました。

看板持ちのアルバイトは非常に退屈?

まず、数時間じっとしていなければならないので、時間が過ぎるのが遅く感じるのではないか?という事が第一の不安でした。何かしら作業していたほうが、時間が経つのは早く感じるのをわかっていた為ですが、案の定、退屈なアルバイトで、その都度時間を確認するのですが、ものの10分経過するのが何時間にも感じられてしまいました。

また、歩道に椅子を置いて看板を持っている仕事なので、歩道を歩く通行人の邪魔になって、何か言われるのではないかと不安だった事もありましたが、これは取り越し苦労で、誰一人として文句を言ってきたり、嫌な顔したりしてくる人はいませんでした。看板が重いのではないかという不安もありましたが、こちらも取り越し苦労でした。

時期的に大変だったのが、夏場です。日向に何時間もいるわけですから、暑くて暑くて仕方なかったのを覚えています。まだこのアルバイトに慣れていなかった最初の頃は、帽子やタオルを持っていっていなかった為、とめどなく流れ出る汗をシャツで拭くしかなかったり、帽子がなかったが為に直射日光が容赦なく頭部を熱し、意識が朦朧としてきた時もありました。

おそらくもう少しで熱中症になるところだったと思います。ペットボトルの飲み物を持ってきていたのと、数分であれば現場を離れてもいいという事で、さらに飲み物を補給できたので、脱水症状に陥ることがなかったのが、不幸中の幸いでした。

夏場も辛いが冬場の雨降りはガチで寒かった

また、冬場に雨が降っている時も厳しいものがありました。一応カッパを着てはいるのですが、カッパについた雨の水滴が、容赦なく体温を奪っていき、下手すると雪が降っていた時よりも寒かったかもしれません。防水の靴を持っていなかった為、カッパを伝ってきた雨が靴に集中し、靴下までびしょ濡れになり、非常に冷たく、しもやけになりそうでした。

楽しかった事は特にありませんが、看板をガードレール等に紐でくくりつけて、手で支えるだけでオーケーという現場もありました。そういった現場だと、本を読んだりスマホをいじったり、携帯ゲームをしたりするのは自由と言われていましたので、ただ看板を持っているよりは楽でしたし、時間が経つのも早く、ただゲームしているだけなのに給料もらっていいんだろうかと、そういう意味で不安になったりはしました。

また、誰とも知らない人からいきなり「お疲れ様です!」と言われて缶コーヒーをもらったりしましたので、特に嫌われるような仕事ではないんだなと安心したり、嬉しかったりしたのを今でも思い出せます。

これから看板持ちのアルバイトをする人へのメッセージ

また、夏場は水分補給を必ず行うようにしましょう。仕事中に水分補給したらダメという会社もあるかもしれませんが、もしそういう会社であれば、断った方がいいでしょう。また、これも会社によりますが、私の場合は、看板さえ倒れなければ基本何やっててもいいと言われました。そのため、本を読んだりゲームをしたり、メールしたりと比較的自由に行動出来ました。もしそういう会社があれば、登録しておいて損はありません。ただ看板を持っているだけというのは、すぐ飽きてしまいますし、時間が経つのが非常に遅く感じる為、長く続かない事もしばしばです。

土日祝日が多いアルバイトなので、平日は会社というダブルワークの方は注意が必要です。休みがなくなり、体を壊してしまう要因にもなりかねません。かといって断り続けていると、呼んでもらえなくなるので、そこはバランスを考え、今週は厳しいなと感じたら、土曜日だけは受けるなど、計画をたててアルバイトに入りましょう。特に夏場は、ただ座っているだけで体力を消耗するので、何日も連続で看板持ちのアルバイトをするのはあまりおすすめできません。

看板持ちのアルバイトというのは、ただ看板持っているだけだから楽だろうと思う人が多いのか、交通量調査と並ぶほどの、結構人気のあるアルバイトだったりします。そのため、求人情報誌に募集の記事が掲載されている事も決して多くありません。もし掲載されているのを見つけたら、即座に電話しましょう。それくらいしなければ、もう応募は締め切りましたと断られてしまう可能性が非常に高いです。

リーマンが大人気の看板持ちアルバイトをやってみた結果実態まとめ

・朝10時から夕方6時までに8時間拘束(うち休憩1時間)
・時給は1,000円強、7時間で7,000円。週2日間で14,000円
・土日祝日限定バイトはサラリーマンの副業としても魅力的
・時間がなかなか過ぎないのがネック
・夏の熱中症対策、冬の防寒着、雨の日のカッパやポンチョは必須

春や秋は過ごしやすい為、このアルバイトも非常に人気があります。もし春や秋に依頼が来たら、出来る限り受けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事