ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

今日も職場で、ネットを使った副業の話題で超盛り上がってしまいました。

私は今話題の仮想通貨に投資してみようと考えたんですが、同僚に「あんなんで稼げるわけがない、詐欺だよ詐欺」って言われてしまいました。

確かに、私の周りにはインターネット関連の副業で儲けたと豪語する奴はひとりもいませんね。「副業って実際どうなんでしょうか?」と転職支援している仲間に投げかけてみたら、本当に儲けている中年がいるようで、早速突撃インタビューしてみました。

ライター歴3年の福島さん53歳は、「決して楽して儲けれる訳じゃないけれども、努力すれば必ず報われる副業」とのこと。

50代リーマンが挑んだ儲かるライティングの副業

iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

彼は長年、神戸にある貿易会社で通関の仕事に就いてきた人物。

彼が経験した副業は、インターネット上でのライティングの仕事でした。この仕事は、慣れるとかなりの副収入になるので、現在進行形で取り組んでいる。

時給にすると、1,000円~1,500円と言ったレベル。この仕事を知るきっかけは、「ビッグ」って男性雑誌だった。この時にサラリーマンの副業をする特集が組まれており、それに掲載されていたのが、このライティングの仕事でした。

誰でもコツコツとできることや、他の副業と比べても確実に副収入を作ることができる点が特徴として説明されていました。

求人雑誌では中々紹介されたり、募集広告がなかったので、それまで気付くことがありませんでした。

早速インターネットで検索をしてみました。

そこで驚いたのが、クラウドサービス形態でライティングの仕事がたくさんあることでした。

「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティー」などのライティングを運営しているサイトがいくつもありました。

しかも、記事を書くにも数多くのテーマが募集されているので、自分の得意なテーマや好きなジャンルのテーマを選んで書くだけでいいんです。

時には、記事単価が高いテーマを選ぶにも、得意分野以外のテーマも少なくありません。それでも、インターネットで色々と情報を収集することができるので、何とか記事を書き上げることができました。

初めは短い文章の記事を書くことから始めて、次第に慣れることにしました。

そして、速く書くためのコツやテクニックもマスターしていくことで、月に7万円~10万円程度の副収入を作ることができるようになりました。

作業をする時間帯は、通勤時間の行き帰りで、3時間程度。休日も朝早い時間帯や就寝前を合わせて4時間~5時間程度。これだけの時間で作業するできますし、スマホからでも書くことができるので、副業としては最適な分野別です。

50代は儲かるライティングの副業で経費が幾ら必要

iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

この仕事を始めるに当たり、どれだけの資金が必要か不安がありました。

しかし、会員登録や月会費は、全く不要だったので安心。

それでいて、しっかりとした運用がされているので、取り組めば取り組みほどにきちんと報酬に結び付きました。

経費のことを強いて言えば、スマホの月額料金やパソコン代くらいなものです。

でも、スマホは個人で必要不可欠なものですし、パソコンも同様なので、経費として扱う意識は全くありませんでした。

もう1つは、本当に私でもライティングができるかが心配でした。

テーマ毎に締め切りがあり、かなりタイトになるかと思われたのですが、クラウドサービスでは自分のペースで仕事ができるために、慌てず急がすライティングを楽しむことさえできています。

50代が儲かるライティングの副業で苦労した仕事量

iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

ライティングで大変だったことは、実際にキャリアができてきたことで、固定の依頼主ができたことですね。

固定の依頼主ができると、安定週給に結び付くのですが、逆に締め切りが厳しくなってきます。

副業とは言えビジネスなので、当然のことですが、本業を抱えながら行わなければなりません。

複数のクライアントからの依頼を守るためには,それなりのスケジュール調整や得意分野外のテーマで記事を書くケースも増えてきます。

特定テーマの場合、記事単価が多額なるのですが、文字数もかなり増えて来ることから、時間単位の記事単価は安くなる傾向にあります。

ヘタをすると、記事単価は安くても文字数が少ないために、記事数は多くても、集中的に書くことができることから、収入が高くなる場合もあります。また、あくまで副業のために本業に悪影響が及ばないようにする調整も必要。

これらの点が苦労したことですね。

その反面、雑学的な知識が幅広くなったことも事実。

色々なテーマで記事を書くことから、ネットで情報を調べていくうちに次第と知識が豊富になってきます。しかも、異なるテーマでも、蓄積できた情報を活かして文章を書き上げることも可能。

この様なことから、自分の得意テーマに限定せずに新しいテーマにチャレンジしていくことが楽しくなってきました。

分業ではシステム関係の仕事をしており、それに関連する記事を書くこともありました。

このような時でも、ネットで知識を深めることができるのですが、本業でも活かせることができて、相乗効果が高いですね。この好循環のサイクルが出来上がると、記事作成時間も大幅に短縮化されて副業収入がさらに高くなってきます。

本当に、ライティングは奥深い仕事ですね。

今から儲かるライティングの副業をする50代は急ぐべき

iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

まず、副業をするには、自分がどんなにかジャンルの仕事ができるか、副業の種類を調べることが先決です。

そして、その分野の副業でどれだけの時間を費やしことができるかも、把握しておきましょう。

いくら高い収入が見込めそうでも、本業を犠牲者してまで行いのであれば本末転倒です。

それでは副業より転職する方がマシかもしれません。

また、副業の中には、軌道に乗るまでかなりの時間が必要な場合もあり得ます。半年間続けても、月に僅か1、2万円しか稼げない副業も存在します。

特に最近では、クラウドサービスをベースとしたネットビジネスが、サラリーマンの中で人気を呼んでいますが、やたら時間ばかりかかり収入が一向に増えないケースも多々見られます。

こんなことから、副業の中で、現実的に自分ができそうなジャンルをよく調べておくことが、成功の是非を分けることになります。リスク分散のため、空き時間だけでできる副業でも、1つの仕事に集中させるのではなく、複数の副業を持つこともいい。

特にサイトをベースにしたネットビジネスは、予告なく閉鎖される可能性が時おりあるために、1つの副業が、できなくなっても他の分野で、カバーできるようにしておくと安心ですよ。

昔は副業をすることは、夜を犠牲にして取り組むか、朝早く進めるしかありません。まさに、寝る間も惜しんでやる感覚だったんじゃないかな?

しかし、今ではインターネットを利用した副業ビジネスが増えていることから、空き時間を最大限に有効利用することができるので、とても便利です。

そうすることで、サラリーマンでも、ちょっとした時間を使って、しっかりとお金に変えることができるので頑張ってください。

儲かるライティングの副業について50代に聞いた結果

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 時給換算で1,000円~1,500円
  • 空いている時間を活用
  • 誰でもコツコツとやれば、他の副業と比べても確実に副収入を作ることができる
  • 書くスキルが上達すると、固定の依頼主が付く

体力:iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた
気力:iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた
知力:iPhone7katate_TP_V ライティングの副業って本当に儲かるのか50代リーマンに聞いてみた

ネットを使った副業は、「1日30分で10万円」なんて広告を目にする機会が多いため、彼が思いのほかガッツリ副業に時間を割いている姿をみて、驚いてしまいました。

「1日30分で10万円稼げたら、サラリーマンいらない」と福島さんに失笑されてしまいました。

誰でも楽に稼げるビジネスはこの世にないようですね。皆さんも、ネット系の副業を真剣に勉強してみませんか?

月10万円もお小遣いが増えたら、毎日が楽しいんだろうなー。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年3月:転職市場の動向~

1年を通じ3月は、4月の入社に合わせ質の良い求人が出はじめる時期ですから、転職を考えているのであれば準備段階に入りましょう!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう