「 清掃の仕事って何か汚れそうで敬遠しちゃうよね 」って思っている人達は少なからずいらっしゃいます。

清掃と言えばトイレの清掃ですね。私も二十歳そこそこで下っ端だったころは、掃除の時間に有無を言わせずトイレに配置されてしまい嫌な思いをしましたね。私の飲み仲間に正社員でホームの清掃をしている男性がいますが、いつも「 キツいキツい 」って愚痴ってます。そんなに仕事がキツのか?って一度聞いてみたことがあるんですが、「 いやいやキツいのはお局の連中だよ 」って、どこ行ってもお局達はキツいよねって思いました。

フリーライターが見つけた清掃のバイト

仕事でお付き合いのある相田さん52歳は、50歳代の時に掃除のアルバイトを初めて経験したという。その仕事はハローワークで見つけたそうです。時給は1,250円で、時間帯は午後9時半から10時半くらいまででした。当時の彼女は昼間に他の仕事をしていたので、このアルバイトは副業として始めたようです。

飲食店が終わった後の掃除でした。私は今まで仕事で掃除をしたことがなかったので、できるのか少し不安なところもありましたが、仕事を始める前にどのような掃除の作業なのかを教えてもらい、何となくできるような気がしました。この仕事は長期雇用だったので、ダブルワークを続けていくことも初めてでした。

今までは副業といっても単発のものや、自分で時間の調整ができるものばかりで、このアルバイトのように続けて行うものはありませんでした。また、私の中では掃除の仕事はもっと年配の人がやっているイメージがありました。それは私がスーパーに行くと、いつも年配の女性がトイレ掃除をしていたので、その印象が強かったのかもしれません。ですが、実際に掃除の仕事を始めてみると、他の掃除の人たちの中には30代くらいの人もいて、意外と若い人たちもいることを知りました。

清掃バイトの平均年齢は意外と若い

私の友人が学生時代に短時間の掃除のアルバイトをしていたことを思い出し、この仕事では年齢はあまり関係ないのだと思いました。それよりも体を動かすことが好きで、苦にならない人で体力がある人が向いていると感じました。

私が思っていた以上にやることが多く、とても1時間で終わるような内容ではありませんでした。しかし、最高でも1時間半以内には終わらせないといけなかったので、かなり集中して作業を行いました。そのため終わると、昼間の仕事の疲労も重なり、結構体力的に疲れを感じることも多くありました。

やはり昼間の仕事との両立で、体力が持つかどうか心配でした。昼間の仕事は朝が早く、しかも少し遠い場所にあったので、どうしても通勤に時間がかかってしまいました。掃除のアルバイトを終えて帰宅すると、午後11時を回ってしまいます。そこから入浴をして就寝モードに入るには、最低でも1時間半はかかりました。

そのため、夜は日付が変わってから就寝していました。その上、朝は6時には起床しないと間に合いません。早い時は午前6時50分には出ないといけないので、睡眠時間が短くなってしまいます。掃除のアルバイトが始まるまで、少し仮眠を取りたかったのですが、寝坊をして仕事に間に合わないと大変なことになってしまいます。その為、昼間の仕事でどんなに疲れていても、掃除のアルバイトから帰ってくるまでは眠ることはできませんでした。

清掃バイトで大変だったのはやはり体力面

大変だったところはやはり体力的な問題でした。夜間の掃除のアルバイトはシフト制で1日おきにあったので、アルバイトがない日や昼間の仕事が休みの週末の昼間はひたすら寝ていました。特に夏の暑さや冬の寒さで体調を崩しやすくなりました。体調が悪くても、よほどのことがないと休むことができないので、薬を飲んでフラフラの状態で仕事に行ったこともありました。

楽しかったところは飲食店の人が閉店後に片付けをしている時に、掃除の仕事が始まるので、作業をしながら少し雑談をすることがありました。それほど長い時間帯ではありませんでしたが、普段会っている人たちとは違う会話をすることができ、それが良い気分転換になりました。

身についたスキルはやはり掃除の仕方が上達したことだと思います。

掃除のアルバイトではハンディ掃除機を使っていたので、腰痛持ちの私でも楽に掃除機をかけることができました。

家では従来のホース式の掃除機を使っていたのですが、毎回、腰が痛くなるのでそれが嫌でした。しかし、ハンディ掃除機の便利さがわかり、さっそく家でもそのタイプの掃除機を購入して使うようになりました。私は掃除のアルバイトをやるまでは、それほど掃除が好きな方ではありませんでした。しかし、掃除の仕事をして、掃除の習慣が付いてくると、逆に汚れやゴミがあるのをそのまま放置しておくのが我慢できなくなりました。

家では掃除は週に1回ですが、それ以外の時も汚れやゴミがある時は、その都度キレイにするようになりました。普段の掃除を怠けていると、大掃除が大変だということも改めて知り、いつもの掃除も丁寧に行うようになりました。そのおかげで年末になっても、掃除のことでストレスが溜まらなくなりました。

これから清掃のバイトを始める人へのアドバイス

私は体力的な問題など諸事情で、2年ちょっとで掃除のアルバイトを辞めてしまいました。しかし、掃除の仕事は誰でもでき、年齢を問わないのでお勧めです。掃除のアルバイトは高齢になっても、動ける体力があれば十分に行うことができます。また、この仕事を通じて掃除の大切さを知ることもできます。

私はこの掃除のアルバイトを辞めて、しばらく経ってから自分の持ち物の断捨離を始めました。もし、このアルバイトをやっていなかったら、断捨離をやっていなかったかもしれませんし、今とは違った人生を送っていたかもしれません。

私はどちらかというと、できるだけ楽をしたい方だったので、掃除もマメにはしていませんでした。掃除と言っても床掃除とトイレ掃除くらいで、それ以外は気が向いたら行うという程度でした。

しかし、掃除の仕事をすることで、明らかに片付けや掃除の大切さを改めてしることができました。

その為、今では片付けや掃除をすることがあまり苦にならなくなりました。むしろ不要なものがなくなり、掃除を行ってスッキリとした気持ちになれるので、掃除はとても良い作業だと思っています。

中には掃除は自分がする作業ではないという、かなり勘違いをした人も世の中にはいます。ですが、せめて自分の分だけでも掃除はしたほうが良いと思います。

掃除は人に任せてやってもらう部分もありますが、自分ができるところはできるだけ自分でやったほうが良いと思いました。本業で掃除のアルバイトを行うためには、専用の掃除道具なども使います。私はそこまで大がかりな作業をやったことはなく、手伝いをした程度でした。掃除の仕事はアルバイトを含めて、男性でやっている人も多くいます。そのため、どのような掃除の内容なのかによっても、向いている人が分かってくると思います。

フリーライターが見つけた清掃バイトの実態まとめ

50代フリーライターが見つけた清掃バイトの実態についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

・午後9時半から10時半までに1時間拘束(休憩なし)
・時給は1,250円、1時間で1,250円。週3日間で3,750円
・深夜バイトはサラリーマンの副業としても魅力的
・1時間程度では小銭しか稼げないが、塵も積もれば山となる?

清掃といっても世の中には、様々なジャンルがあるようですね。楽な清掃ならやってみてもいいかもと思った方は明日から是非探してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事