「 工場って油まみれになったりで労働環境大変そうじゃん! 」一度も工場勤務したことがない中高年達は、そんなイメージを持っていますよね?

確かに、工場は昔から3K( キツい、汚い、危険 )の代名詞とされてきました。それゆえ未だ3Kのイメージが払しょくできていないのかもしれません。

私は、20代に現場で庫内作業員として、30代になると事務所で総務人事として働いてきました。そんな私から見ると、工場って凄くいい所なんですけどね?労働基準法や労働衛生安全法違反を日々恐れていますし、労基署が遊びに来た日には所内全体大パニック。

そういう裏事情があって、福祉施設系は充実しています。大浴場やサウナなどのリラクゼーションスペース、トレーニングマシーンが置いてある体育館がメチャメチャイイ感じ。多くの事故や死人を出しながら、工場は如何に3Kという代名詞から脱却するか本気で考えてきた職場なんです。今では女子新入社員の姿もちらほら。

50代無職が見つけた工場バイトの実態

20年もの間、アパレルのメーカーで営業職だった元サラリーマンの谷山さん50歳。「 44歳の時、親の介護で会社を辞めざるを得なくなってしまったんです。」3年前に介護していた父親はすでに他界。営業マンとして再び就職を試みたそうですが、「 100社、200社、300社と履歴書類を送っても全滅でした 」と彼は言う。

そうこうしているうちに、1000万円以上あった貯金が底をつき、気づけばバイトで生活費を稼がないと生きていけない状態に陥ってしまったという。「 さすがに生活保護を受けるほど落ちぶれたくもなかったですからね 」

彼が見つけたバイトの内容は、主に車向けの、梱包材や仕切りを作る工場での仕事でした。「 イーアイデム 」に載っていたので応募したという。仕事内容は、テープ貼りや穴開けなどです。テープ貼りは決められた場所に両面テープを貼るだけなのでラクでしたが、穴開けは何枚か重ねてからドライバーで開けるように言われ、結構力がいりました。

たまに、プレス機も任されました。プレス機は力はさほどいりませんが、一枚一枚セッティングをする事が大変で、やる枚数が多い時は肩がかなり疲れました。

場合によってはカッターナイフを使わないといけない作業もあり、その際は少しだけ怖かったです。それぞれの仕事内容は簡単で単調ですが、一日中ずっと同じ作業という事はまずありません。時間や日によってやる仕事が次々と変わり、社員さんが色々と指示を出してくれるので、今日はどんな仕事だろうとワクワクしたり、新しい事をやったりと飽きる事もなく楽しかったです。

時給は、朝8時から17時までは850円で、17時以降1150円でした。時間は自分で好きな時間を選べました。私の働いていた時間帯は、最初のうちは13時から19時までと自己申告していましたが、段々慣れてきて仕事も楽しくなってきたので途中から10時から19時までに変更して貰いました。勤務日数も、私は週3で働いていましたが、基本的にシフトは自由でした。ベテランのアルバイトさんの中には、月曜日から金曜日まで朝8時から19時まで働いている方もいました。

工場バイトの平均年齢は少しお高め?

工場の中にホワイトボードが置いてあり、休みたい日にちのところに休みと書けばオッケーで、駄目だと言われた事は一度もありませんでした。シフトや休みに関して、相当自由がきく会社だったと思います。まず、立ちっぱなしの工場勤務は初めてだったので体力面が不安でした。

その前は20年ほど営業の仕事をしていましたが、営業時代は立ちっぱなしという事はなく、デスクワークだったり外廻りだったり、割と自由に動けたため、自分に立ちっぱなしの仕事が勤まるかな?と思いました。

あと、面接の際に見学した時、勤めている方たちの年齢層が高めだったので、うまくやっていけるか心配でした。営業時代は自分より年齢が下の社員が多かったため、全く違う環境になる不安は少しありました。あとは、ケガしないかという事が心配でした。プレス機もあるし、かたまにカッターナイフやドライバーを使う時もあったので、誤ってケガをしないかと心配でした。

やはり、立ちっぱなしという事が一番大変でした。最初の3日間は毎日「 メディキュット 」をして寝ていました。しかし、3日間過ぎた頃から段々慣れてきて、あまり苦には感じなくなりました。あとは、10時から働き12時になるとお昼のため一度自宅に帰ってお昼を取っていましたが、ボーッとしていると13時からの仕事に間に合わなくなってしまうので、その時間管理がちょっと大変でした。

工場のバイトで楽しかったこと

楽しかったのは、仕事の休憩時間に他のアルバイトさんたちと談笑した事です。年齢は年配の方達が多かったですが、優しくして貰い、人生相談から噂話まで色々話せたのは楽しかったですし、普段なかなか年上の方と話す機会がなかったので良い経験になりました。年上の友達が出来たことは嬉しかったです。また、モノを作るという仕事内容自体が楽しかったです。

今までの人生において、自分でモノを作るという事が一度もなかったので、楽しかったです。この自分が作った商品が消費者に使われるのかと思うと感慨深いものがありました。仕事中はもちろん皆集中していますので、一人でコツコツとモノ作りに没頭することができました。日々自分が成長していっていると感じました。

身についたスキルは、両面テープを上手く貼るコツが掴めた事やプレス機を上手く扱う事が出来るようになった事、カッターナイフの使い方が上手くなった事などです。元々あまり手先が器用なほうではないのですが、社員さんや他のアルバイトさんにコツなど教えて貰い、アルバイトを終える頃には割と器用な人になれたと思います。

両面テープを間違えて貼ってしまった場合の剥がし方なんて、このアルバイトをしてなかったら一生知らないままだったなぁと実感しています。

工場のバイトをやってて辛かったこと

今までデスクワークが多かったり運動不足であった方は、間違いなく初日は足が痛くなります。ですから、最初の数日間は帰ったらゆっくりお風呂に入って念入りに足のマッサージをして下さい。寝る時には「 メディキュット 」を履いて寝て下さい。足を高くして寝るのもイイです。仕事内容自体は基本楽しいですから、仕事内容に対するストレスはほとんど感じないでしょう。

注意点としては、工場勤務では当たり前かもしれませんが時間にキッチリです。私がアルバイトしていた工場では始業時刻と終了時刻にはベルが鳴り響いていました。ですから、始業時刻には余裕を持って出社して下さい。当たり前かもしれませんが、仕事中は無駄話する事なく真面目に仕事をしたほうが良いです。誰も無駄話していないので悪目立ちします。下手したらクビになるかもしれません。

工場勤務というと、あまり人と話をしないからコミュニケーションは要らないと思われがちですが、決してそのような事はありません。仕事を押してくれるのも、困った時に助けてくれるのも人間です。ですから、きちんとコミュニケーションは取ったほうが良いと思います。縁あって一緒に働く事になった仲間ですから。お互い気持ちよく働くために、コミュニケーションは欠かせないと思います。先輩のアドバイスは素直に聞き、年上の方は敬う。これで上手く回ります。

体力が必要な仕事ですので健康管理もキチンとしたほうが良いですね。私は冬場にアルバイトしていましたが、工場の中は寒く乾燥していたので、毎日重ね着とマスクをしていました。また水分補給のため、休憩時間のたびにこまめに水分を取っていました。夜更かしせず早めに寝てしまいましょう。

50代元リーマンが工場のバイトで感じたことまとめ

最後に要点をまとめておくので、参考にしてください。

  時給は850円(午後5時以降は1,110円)、5時間15分で4,982円。週3日間で14,947円
  午後1時から午後7までに6時間拘束(うち休憩45分)
  昼間の工場勤務は、サラリーマンの副業には不向き
   ( 夜勤の工場勤務は時給も高くてイイ感じ )
  フォークリフト技能や危険物の免許を持っていれば時給アップ間違いなし!
 体力:
 気力:
 知力:

工場のバイトと言っても、庫内軽作業、入出庫作業、材料管理、出荷検査、非破壊検査など様々です。実は、筋肉を使わなくていい作業の方が多かったりするので、イメージにとらわれず色々チャレンジしてみてくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事