「 工場のお仕事ってキツイんじゃないですか? 」と先入観で工場勤務を敬遠する50代が多いのは非常に残念です。

私は大学を卒業してからずっと製造工場で働いてきましたが、工場勤務はいろんな意味で天国ですよ。

理由その1 工場内に大浴場がある 汗をかいた後にひとっ風呂どうですか?
理由その2 労働基準法を遵守している 危険な作業が多いため、時間外手当含め法律はきっちり守りますよ
理由その3 工場内に飲み屋がある アフター5はビールでも飲んで親睦を深めましょう♪

50代OLが見つけた肉まん製造ラインの副業

冷凍食品製造会社で商品製造工の副業をしたことがあります。繁忙期を含む半年間、週6日勤務、勤務時間帯は9時から18時まで、時給800円というお仕事です。地元求人誌「 CUBIC 」に求人情報が掲載されていて、「 年齢不問、未経験可、誰でもできるお仕事です 」という内容だったので応募しました。

その冷凍食品会社は、大手食品メーカーのOEM生産を中心とする会社で、同じ工場内に、魚のフライ、ロールキャベツ、肉まんを製造するラインがありました。冬場になると、肉まんの出荷数が激増し、常に人手不足となるので、毎年期間アルバイトを雇っているとのことでした。その時期は1日2~3万個の肉まんを製造します。

6日勤務の内、5日間は肉まんのライン、1日はロールキャベツのラインに入ります。肉まんの製造過程で自分たちに任されたのは、包あん機であんを包む工程と、でき上がった肉まんに最終装飾を施す工程でした。

包あん機というのは、ほぼ自動であんを包んでいく機械ですが、材料を補充するのは人力です。あん30キロ入りのビニール袋の口を切り、半分ずつに分け、1回15キロ分を機械の口に押し込みます。しゃもじでこそげながら、あんを切れ目なく落下させ、少なくなると次のあんを投入します。もう一つの仕事は、ラインの後方で、5列に押し出されてくる肉まんの頭にオレンジピールやカットされたむき栗をただひたすら埋め込んでいくというもの。その時に成形に失敗した肉まんを取り除いていきます。

その他、ラインが止まっている時間帯には、肉まんのトレーを乗せたワゴンを発酵室に運んだり、蒸室に運んだりします。終了時間30分前に全てのラインが止まり、水洗い清掃をして終わりです。ロールキャベツのラインでは、キャベツを丸のまま洗浄、葉を一枚一枚はがすという作業をしていました。

肉まん製造の副業をするにあたり心配だったこと

私はとにかく不器用で、手作業が苦手。誰にでもできる単純作業だからと言われていましたが、私は果たしてその「 誰でも 」の範疇に入るのかと不安でした。学生時代、友人達と電子部品工場の流れ作業のバイトをしたとき、私の前でいつも部品がたまってしまいました。スーパーの青果部で野菜をラッピングする仕事をしたときには、どうやってもきれいに野菜が包めず、まともにできるまで3カ月ぐらいを要したこともあります。

一緒に入った男子学生のアルバイトさんは、その日のうちにできていたにもかかわらずです。

他にも、その頃はデスクワークばかりで、普段全く運動もしていなかったので、1日8時間も立ちっぱなしで仕事ができるのかという思いもありました。休みも週休2日から1日になるわけですから、勤労時間も増えます。もう若くはないし、体力に自信もないし、やっぱり断ろうかと最後まで悩みました。

元来、黙々と、パソコンや電卓を相手に1人作業をするのが好きな性分です。しゃべらなくてもいいのなら何日でもしゃべらずにいられるような非社交的な性格でもあります。こんな年になって、恥ずかしがりだの人見知りだのもないだろうと、自分でも分かっているのですが、新しい人間関係になじんでいけるのかという心配も大きかったです。

肉まん製造の副業で大変だったこと

とにかく、あんこは重かったです。15キロといえば、4歳児の体重に匹敵します。確かに4歳児を抱っこしたりおんぶしたりの経験は多々ありますが、人間とあんこじゃわけが違います。あんこは、自分で体重を支えてくれませんから。しかも、機械の口が自分の背丈よりも高いんです。15キロのあんこの塊を持ち上げて踏み台に登り、腕を伸ばした状態で投げ込みます。1回の投入の後、すぐに次の投入準備にかかり、休む時間は全くありません。

あんこ係が終わると、オレンジピールの貼り付け係に回ります。立ったまま体を二つに折った姿勢で、もう無心に貼り付けます。ゆうに1時間くらいは頭を上げることもできないんです。

首や肩が痛くなってくるんですが、そのうちに、胃が痛くなってきて、生唾がこみ上げてくるのを飲み込みながらやっていました。純粋に体がきつかったです。

楽しみと言えば、機械が止まったときの解放感はすごかったです。1日に何回かは機械を止めるのですが、その間に体をほぐしたり、お茶を飲んだりできます。あのときに飲んだお茶は人生の中で、5本の指に入るくらいのおいしさでしたね。

この仕事をして、何か身についたことがあるかといえば、確かに、ビニールを素早く破るコツ、重い物を持ち上げるコツ、オレンジをきれいに貼りつけるコツなんかは身についたと思います。

今後肉まん製造の副業をする人へのアドバイス

工場のラインに入る仕事は、周りのペースに合わせるという共同作業ならではの大変さがあります。そしてそのほとんどが、1つの仕事を延々繰り返す単純作業になると思うので、かなりの忍耐力を要すると思います。そういう仕事が好きだという人は良いのですが、私のように苦手だと感じる人には、日々クリアしていくべき目標を自分の中に持つことをおすすめします。

後3時間だ、2時間だと時計とにらめっこするようになると、逆に時間はなかなかたってくれず、仕事が苦痛になるばかりです。それよりも、今日はこういうふうにビニール袋を破って、あんこをこういうふうに分けて、時間を短縮してみようだとか、今日は昨日より失敗する個数を10個減らしてみせるだとか、ばかばかしいようなことでも、自分に課して、工夫を凝らして、実行してみるのです。

職人技というのでしょうか、年季の入った人の作り上げる物とバイトで入った新人が作り上げる物とには雲泥の差があります。肉まんのオレンジピールの貼り方にさえです。どこがどう違うのか、時には先輩達のアドバイスを仰ぎ、前向きに仕事に取り組むことで、ただの単純作業にも楽しさが生まれるような気がします。自分の上達が分かるようになれば、さらに楽しくなってきます。

工場の仕事は体力勝負なので、仕事に緩急をつけ、手を抜く時間をそこそこ作らないと、本気で過労死してしまいそうになります。当時の私も、まわりからは、うまくやれと言われていました。1人でも欠勤者が出ると、よほど大手でも無い限り、その補充に困ります。休日はしっかり休み、体調管理し、毎日出勤することが、一番ありがたがられることなのかもしれません。

食品を扱う工場の場合、衛生面に気を配る必要があります。髪の毛の混入には注意が必要です。私は長髪でしたが、帽子をかぶるときに不便なので、短く切ってしまいました。最初はがむしゃらにつらいつらいと思いながら仕事をしていても、そのうちに、慣れというのはやって来ます。驚くくらい仕事が楽になる日というのは必ず来ます。その日を楽しみに、くじけず、がんばってください。

50代OLが見つけた肉まん製造の副業まとめ

あんこの重さが身に染みる?!50代OLが見つけた肉まん製造の副業についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
工場のイメージは、汚い・キツい・危険のいわゆる3Kですが、重量物を持つなどの危険な作業は制限が設けられているため、案外楽勝だったりします。20Kg以上の重量物は2人で持つことなんて決まりは、製造業に携わる者の間では有名ですね。

もし製造ラインの副業をしていて、滅茶苦茶な命令が出た時は、労基署にチクってみてください。職場の環境が一気に良くなりますからね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事