50代公務員からの転職で年収が600万円下がってしまった!元教頭の後悔

多くの一般企業に勤めるサラリーマンやOLは「公務員を辞める奴の気が知れない」と思っているのではないでしょうか?

手厚い福利厚生に、手厚いボーナス。

定時に帰宅してプレミアムフライデーの恩恵に預かることができたのは、公務員だけって噂も絶えません。

私自身「公務員になったら一生安泰よ」と母親に勧められて参考書類を買ったのはいいが、内容についていけず途中で投げ出した辛い過去が蘇ってきます。

オープンキャンパスでお世話になった石飛さん57歳が元学校教員、副校長になる一歩手前までいった人物だと知って飛び上がるほど驚いてしまいました。

50代で公務員からの転職が必要だったのは家庭の事情

50代で公務員からの転職が必要だったのは家庭の事情

彼女の現在の肩書は非常勤の国家公務員で、年収も600万円近くダウン。

一体彼女の身に何が起きたのでしょうか?

彼女が転職をしようと考えた動機の最も大きな理由としては、家庭の事情。

親戚が事業を行うので、手伝ってもらうと大変助かると言われたこと。

その事業の場所が、私の実家近くであったことから、高齢の母の面倒もみれるし、とお気楽娯楽な考えで安易にやめることを決意。

それまでの教員の仕事は私立の学校でポスト的には結構上の立場にありましたが、その点かなりストレスが多かったのは確か。

教員の仕事は、時間の中だけではなく、時間外の仕事、持ち帰りの仕事や週末の仕事も多かった。

常に授業の準備に追われている、なんともいえない切迫感もあって、そういう重圧から解放されるならと思ったことも転職を決めた一因。

しかし、親戚の事業は家族間トラブルで急に私が必要ない事態になって、大幅に私の計画は崩れてしまいました。

学校には退職の願いはすでに受理されているし今さら事情なんて言えないし、だからといってまったく働かないわけにもいかず、でどうしようと随分悩んでしまいました。

そんなとき、所属していた職能団体からの斡旋手段を使って今の職業に転職をすることになった。

50代公務員からの転職で非正規になってしまい後悔した

50代公務員からの転職で非正規になってしまい後悔した

転職をするにあたって、一番心配だったこと大変だったことは、私のこの事情を知っている人には本当のことを話しましたけど、それを知らない人にどう言おうか。

多くの人に、他の地方にある実家に帰ると言ってしまったし、大層な送別の品もいただいたりで、それを何と言って実家に帰るのを辞めたとか、親戚の手伝いをやめることになったとか、説明すればいいんだろうと考えてしまいました。

また、収入面においても、もともと親戚の手伝いをする時から教員をしていた時の給料はもらえないのは分かっていました。

それでも、それなりの収入は確保でき年金をもらうまでは自活できるつもりでした。

たちまち困ったなと思いました

そこから就職活動をしたのですが、転職先が見つかるまでの間の就職活動も、とりあえず資格はあるにしても年齢的なことがネック。

それまで、それなりのポストについていたのに今さらヒラの教員。

しかも、若い子の下になることもかなり抵抗があって、自然と転職先の幅が狭くなり、なかなか見つからないことが悩みの種でした。

それでも、ようやく納得するとまではいかず、とりあえず人に言える程度の仕事を見つけたのですが、それは今までとは全く違う分野。

そのことに対する不安もありましたね。

また非常勤であっても公務員で、結構審査が厳しかったり手続きが複雑だったりで、正式に決定するまでの間結構な日数が空きました。

もちろんその間、就職活動もできないし、本当に決まるのか?もし決まらなかったら?それからどうしようかも不安でした。

50代公務員からの転職で下がった年収額は600万円

50代公務員からの転職で下がった年収額は600万円

教員をしていた時の年収は900万円近くありましたが、今は300万円もありません。

それが、今は非常勤の公務員でしかも1回仕事をして幾らという報酬になってしまい随分減ってしまいました。

年収ベースで考えると、まだ1年間きちんと仕事をしておらず分からないのですが、いわゆる扶養範囲内の収入にしかならないのは明白です。

年収が激減して一番困ったことは、夫の扶養家族になったことでしょうか。

それまで、数年間は専業主婦をしたり、学生をしたりして、夫の扶養家族になったことはあるのですが、それ以外は自立して仕事をしてきましたので、扶養家族になるのはなんとも嫌でした。

私のそれまでの蓄えで、私自身が遊ぶお金は自分の貯金でなんとかできますが、遊びに行く時など夫が「自分のお金で遊んでいるんじゃないのか?」などと思い、どこかで遠慮そんな思いを持ってしまうわけです。

友達とちょっとお茶をする、ランチをすることも、旅行に行くことも、まったくそれまではそのようなことを考えず、自由に行動していたので、なんだかとても窮屈な思いをしています。

夫から何かを言われるとか、そんなことはないのですけど、自分の気持ちの中でのことです。

更にそうはいっても、やっぱりこの年収ではいざとなったとき、たとえば夫と離婚することになったときとか、生活に対する不安があり、このままでいいのかななんて常に思っています。

50代公務員からの転職で社会的地位がが下がり困った

50代公務員からの転職で社会的地位がが下がり困った

非正規社員として転職をするべきではなかった、と後悔する一番の理由は、先にも述べた収入の問題、夫の扶養家族になる問題。

先日、カードを作ろうとした時も、非常勤の公務員だと審査がとても厳しく限度額を引き下げられた経験をしています。

そんなとき、私にはきちんとした貯金もあるのに、この仕打ちは何だ?と思ってしまいました。

そんなに社会的信用がないのか、と愕然としました。

それ以外では、社会的地位の問題があります。それまでは名刺をもって、肩書もきちんとしたものがあったわけですけど、今は誰かにいう時は、パートのおばさんといった言い方をしています。

周りの友人をみると、社会的地位を持った人ばかりで、私だけある意味ただの人。

パートのおばさんで惨めで、プライドが許さないそんなことを思います。

だったら、非常勤職員ではなくて、元の職業に就くこと自体、ストレスもあるし、若い子に交じってヒラでって考えると到底それは無理。

そうしたところで、社会的地位のある友人の中に入ると、私はやっぱりヒラなことには変わりなく、なんとなく気おくれをするのは変わりないので、仕方のないことかもしれないんですけど。

加えて、新しい職場での仕事にも慣れずに苦労しています。

非常勤ですので、常勤の若い人のなかで、教えてもらいながらになるのですが、それがなかなか覚えられませんし、そういう若い人の中に入って新しく築かないといけない人間関係にも苦労をしています。

こういったことを感じると、非常勤の立場での転職をするべきではなかったと後悔をしますが、自分で決めたことですし、これが自分の運命だったと受け入れるしかありませんよね。

50代の転職支援をしている管理人からアドバイス

40代は転職でアピールできる強みを自覚せよ

納得のいかない退職をしてしまったのなら、転職サイトに登録して自分の相場なり業界の動向を把握しておくべきですね。

気になる求人情報を把握しておくだけでも転職の選択肢が増え、雇い止めされてストレスや疲労が限界に達してうつ病になってしまう前に転職の手が打てるようになるんですよ。

私は雇い止めされてうつ病になって、選択肢もなく1年間働けなかった過去があります。

マジ辛いですよ。

働きたいのに働けない辛さ、体が思うように動かなくなるんですよ?

基本的に、完全無料で利用できWEB上に履歴書を登録しておけば、あなたの希望条件に近い求人情報や、あなたの職歴に見合ったプライベートオファーがメールで届くシステムになっています。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはそれらのメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか?

しかも転職サイトには、性格診断や自己分析ツールも充実しているから使わない手はないでしょ?

自分の相場なり、業界の動向を把握しておけば、ハローワークに行って「50代に紹介できる求人はない」とか、転職エージェントに登録拒否されてもショックを受けもダメージを最小限に抑えられます。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからリクナビNEXTをお勧めします

公務員からの転職で年収が600万円下がって後悔した話

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

転職に失敗して年収が600万円下がった50代の特徴

  • 転職の動機:家庭の事情
  • 転職の手段:職能団体からの斡旋
  • 要した期間:約20日
  • 家業を手伝う目的で教員を辞めたが、家業自体が無くなって途方に暮れた
  • 非常勤であっても一応公務員扱い
  • 非常勤はカードを作るにも一苦労

35年間、教員として順調にやってきた石飛さんは職場のストレスから逃げたいがため、ファミリービジネスの話に乗ってしまったようですね。

時すでに遅しですが、転職は慎重に!

安易な転職は身を亡ぼすかもしれませんよ、気を付けてくださいね。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからリクナビNEXTをお勧めします
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう