正社員から非正規になって年収が350万円減った50代の地獄を見よ

50代で、非正規社員になった人たちの、不幸なきっかけは様々です。

リストラされて仕方なく陥った方や、年老いた親の介護のため泣く泣く退職した人もいるだろう。

金森氏が非正規社員として生きるハメに陥ったのは、部署異動を命じられたのが始まりだった。

正社員から非正規になった理由は社内異動が始まり

正社員から非正規になった理由は社内異動が始まり

入社して数年間は建築会社で現場監督に就いていましたが、上司が私と現場監督の足事が合わないと思ったのか、設計の部署に異動させられることになりました。

ある時に、副社長から異動を命じられてしまいました。

異動先は、設計の部署で図面を描いたり市役所に確認申請をするために書類を作成したりと、住宅を建てる前に市からの許可を得るための重要なポジション。

仕事的には、私自身やりたかった仕事だったのですが、残業が多く自分の時間を作ることが出来なかったことが動機で、辞めようと決意しました。

突然異動を命じられたので、勤務時間を聞きそびれた自分も悪かったと思います。

しかし、朝8時30分から夜中の0時を回って2時まで、週に6日続いたので驚きと共に、疲労困憊してしまいました。

一日中、製図台に座って図面を描いていたので、夜も食事をする時間も割いて図面描きをしなければなりませんでした。

朝から晩というか深夜まで、ひたすら図面描きをしていたので給料が気になってしょうがなかった。

きちんと残業代は付けてくれているのか?上司に聞いてみると、残業代は9時までとなっていて、それ以降はサービス残業で割りに合わないと転職する手段を考え始めました。

正社員から非正規にしかなれなかったのは転職の失敗

正社員から非正規にしかなれなかったのは転職の失敗

転職をするにあたって心配だったのは、会社を辞めて次に正社員として転職することは出来るのかと言うことでした。

私の年もそんなに若くないので、最悪の場合会社を転々とすることも想定しなければなりません。

現に、30代で一度会社を辞めたことがあるので、どこの求人を見てもいい仕事が見つからず良かったと思っても年齢に引っかかってしまうことが多かったですね。

転職フェアに行って、あらゆる求人に応募をしたのですが、案の定内定はもらえません。

何度も落ちまくっていると、自分に自信がなくなってくるので、そんな時に残業代はなかったけど退職をするんじゃなかったと思ってしまいました。

転職フェアに行っても若い方ばかりで、そんな中に年齢が上の私が入ると、場を間違ったかのように感じてしまうこともありました。

退職をして、新たに職を探す時には、職業を選んでいてはだめです。

自分が好きな職種を選ぶといつまでたっても、いい求人にはありつけないと感じ私自身で作った条件を削るようにしました。

でも、好きな接客の仕事は消すこともなく、ねばりにねばった所、接客の仕事に就くことが出来ました。

40代、50代で転職を考えている方は、今度転職をする時が最後の転職だと行動することが大切ですよ。

実際に経験をしてみれば、転職の大変さがしみじみとわかるようになります。

若いころは、自分がやりたい仕事に就くことが出来たので、人生が楽しいと感じた方も多いのではないでしょうか?

若いころに出来ていた仕事も、年を重ねると出来なくなってしまう仕事も多くなってきます。

年を取ったら、まず何が出来るかを転職する前に考えておいてください。

今は、年齢制限を求人に記入することは法律上違反ですから、誰でも応募が可能ですね。

でも、仕事内容をよく見て、自分に出来るかを考えてから応募することが大切ですよ。

正社員から非正規になった50代の年収は前職の半分以下

正社員から非正規になった50代の年収は前職の半分以下

以前働いていた所でもらっていた年収と、非正規社員として転職をしてもらっている給料の数字比較すると月で20万円近く減額ですよ。

私には小学生の娘がいて家族を養っていることから、減額をされると大変困る状況。

40万円から初任給に近い給料になってしまうと、今まで経験をしてきたことがリセットされ応募する前に求人を見て、給料はいくらもらえるのかをきちんと見て応募することが大切です。

会社を選ぶ時には、今までの経験を活かせる会社であれば、その点を配慮してくださります。

退職をして未経験の仕事に就くと、給料も安くなる傾向にあるので注意が必要です。

そこの会社では、ボーナスがもらえなかったですが、月割り計算をしていくらか給料にプラスしているとのことでした。

しかし、サービス残業が多すぎたことから、あまり実感が湧きません。

とういうことから、転職をしてしまうと、それまでの役職も給料もリセットされる確率が高くなります。

独身であれば、転職をしてもそんなに気にすることもないかと思いますが、家族がいる方は職をなくすと家族の生活のことを考えることが大切です。

会社としては、若い方を採用し、育てることを重点と置いている所も多いので、40代50代の方は、安易に転職をすると考えることは辞めた方がいいです。

会社によっては、40、50を越えても健康な方であれば、採用してくれる所もあります。

正社員から非正規になり退職すべきでなかったと後悔

40代50代になると、正規社員で転職先を見つけるのは容易ではありません。

ですから、正社員は諦めて、契約社員や派遣社員などで探すと、転職先を見つけやすくなります。

この年になって正社員として雇ってくれる所は、数が少ないです。

非正規社員で仕事を選ぶ方が多いのは、自分の趣味や育児の時間を大切にしたい方が多く、正社員ではなく休日が融通の利く雇用形態で探す方が多くいらっしゃいます。

特に女性は、非正規社員で働いている方が多いですね。

しかし男性は、いずれは結婚をして家族を養っていくから、若い時に非正規社員ではなく正社員として働いていなかったら後々自分なりに後悔をしてしまうこともある。

後悔をしてもしょうがないので、非正規社員から正規社員へと転身をすることが出来る確率も0ではないです。

正社員のいい所は、ボーナスが貰えたり、保険などの福利厚生で有利な所はあります。

ボーナスがあるのとないのでは、年収を考えるとかなりの差が開くことは間違いありません。

女性は時期が来れば、結婚をして退職をせざるを得なくなりますので、非正規社員の方がメリットは大きい。

自分の将来のことを考えて、非正規社員で探すのか正規社員で探すかは、自分の判断なので、よく考えて応募しないと後悔をしてしまいます。

入社をして間もないのに、上司にやっぱり正社員として働きたいと言っても時期的に遅いのと人格も疑われてしまいますね。

必ずしも非正規社員で入社をしても、がっかりすることはありませんよ。

正社員から非正規になって年収が半減した50代まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

転職に失敗して年収が半額以下になった50代の特徴

  • 転職の動機:労災レベルの残業
  • 転職の手段:ハローワーク
  • 要した期間:約10か月
  • 転職フェアに行って、求人に応募したが相手にしてもらえない
  • 年収が半額になって、転職するんじゃなかったと後悔

残業地獄か、非正規社員に転職して年収が激減するか、どっちに転んでも地獄に代わりはないようです。

金森氏によれば、深夜残業が連日続いて、帰宅することもままならなかった。

1日8時間の残業が20日続いたなら月160時間超。

もはや労働災害レベルの残業ですが、人手不足の建築業界では当たり前です。

残業で命の危険を感じたのならば、定時で帰宅できる非正規社員に転職して自由を味わうのもイイかもしれませんよ。

よくよく考えてくださいね。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう