50代にもなって非正規社員になってしまった人たちの不幸なきっかけは様々だ。

リストラされて仕方なくなってしまった方や、年老いた親の介護のため泣く泣く退職した人もいるだろう。

金森氏が非正規社員として生きるハメに陥ったのは、部署異動を命じられたのが始まりだったという。

50代が非正規社員に転職したキッカケ

彼は入社して数年間は、建築会社で現場監督に就いていましたが、上司が私には現場監督の足事が合わないと思ったのか、設計の部署に異動させられることになりました。ある時に副社長から異動を命じられてしまったのです。異動先は、設計の部署で、図面を描いたり、市役所に確認申請をするために、書類を作成したりと、住宅を建てる前に市からの許可を得るための重要なポジションでした。

仕事的には、私自身やりたかった仕事だったのですが、残業が多く自分の時間を作ることが出来なかったことが動機で辞めようと決意しました。突然異動を命じられたので、勤務時間を聞くことはなかったのも悪かったかなって思っているのですが、朝の8時30分から夜中の0時を回って2時まで、週に6日続いたので驚きと共に疲労困憊してしまいました。

一日中、製図台に座って図面を描いていたので、夜も食事をする時間も割いて図面描きをしなければなりませんでした。朝から晩というか深夜までひたすら図面描きをしていたので、給料が気になってしょうがなかったです。きちんと残業代は付けてくれているのかと言うことを、上司に聞いて見ると、残業代は9時までとなっていて、それ以降はサービス残業と言うことで、割りに合わないと思い転職する手段を考え始めました。

非正規社員として転職するうえで心配だったこと

転職をするにあたって心配だったのは、会社を辞めて、次に正社員として転職することは出来るのかと言うことでした。私の年もそんなに若くないので、最悪の場合会社を転々とすることも考えなければならないと思いました。

現に、30代で一度会社を辞めたことがあるのですが、どこの求人を見てもいい仕事が見つかった、良かったと思っても、年齢に引っかかってしまうと言うことが多かったです。転職フェアに行って、あらゆる求人に応募をしたのですが、案の定内定はもらえませんでした。何度も落ちまくっていると、自分に自信がなくなってくるので、そんな時に残業代はなかったけど、退職をするんじゃなかったと思ってしまいました。

転職フェアに行っても若い方ばかりで、そんな中に年齢が上の私が入ると、場を間違ったかのように感じてしまうこともありました。退職をして、新たに職を探す時には、職業を選んでいてはだめと思いました。自分が好きな職種を選ぶといつまでたっても、いい求人にはありつけないと感じ、私自身で作った条件を削るようにしました。

でも、好きな接客の仕事は消すこともなくねばりにねばった所、接客の仕事に就くことが出来ました。40代、50代で転職を考えている方は、今度転職をする時が最後の転職だと思い込むことが大事です。実際に経験をしてみれば、転職の大変さがしみじみとわかるようになります。若いころは自分がやりたい仕事に就くことが出来たので、とても人生が楽しいと感じた方も多いかと思います。

若いころに出来ていた仕事も年を重ねると、出来なくなってしまう仕事も多くなってきますので、年を取ったら何が出来るかを転職する前に考えておくといいかと思います。今は、年齢制限を求人に記入することは法律上違反となっていますので、誰でも応募が出来る状態になっていますが、仕事内容をよく見て、自分に出来るかを考えてから応募することが大切かと思います。

非正規社員への転職で年収は半分以下に

以前働いていた所でもらっていた年収と、非正規社員として転職をしてもらっている給料の数字比較すると、ひと月で20万円近く減額をしてしまいました。私には小学生の娘がいて家族を養っていることから、減額をされると大変困る状況にありました。40万円から初任給に近い給料になってしまうと、今まで経験をしてきたことがリセットされてしまうことから、応募する前に求人を見て、給料はいくらもらえるのかをきちんと見て応募することが大切です。

会社を選ぶ時には、今までの経験を活かせる会社であれば、その点を配慮してくださると思います。退職をして未経験の仕事に就くと、給料も安くなる傾向にあるので注意が必要です。そこの会社では、ボーナスがもらえなかったですが、月割り計算をしていくらか給料にプラスしているとのことですが、サービス残業が多すぎたことから、あまり実感が湧きませんでした。

とういうことから、転職をしてしまうと、それまでの役職も給料もリセットされる確率が高くなる傾向にあります。独身であれば、転職をしてもそんなに気にすることもないかと思いますが、家族がいる方は、職をなくすと家族の生活のことを考えることが大切です。

会社としては、若い方を採用し、育てることを重点と置いている所も多いので、40代50代の方は、安易に転職をすると考えることは辞めた方がいいということです。会社によっては、40.50を越えても健康な方であれば、採用してくれる所もございます。

非正規社員に転職するべきじゃなかったと後悔

40代50代になると、正規社員で転職先を見つけるのは容易ではないです。ですから、正社員は諦めて、契約社員や派遣社員などで探すと、転職先を見つけやすくなります。この年になって正社員として雇ってくれる所は、数が少ないです。

非正規社員で仕事を選ぶ方が多いのは、自分の趣味や育児の時間を大切にしたいという方が多いことで、正社員ではなく休日が融通の利く雇用形態で探す方が多くいらっしゃいます。

特に女性は、非正規社員で働いている方が多いと思います。しかし男性は、いずれは結婚をして家族を養っていくことになるため、若い時に非正規社員ではなく、正規社員として働いてこなかったら、後々自分なりに後悔をしてしまうこともあるでしょう。後悔をしてもしょうがないので、非正規社員から正規社員へと転身をすることが出来る確率も0ではないです。

正社員のいい所は、ボーナスが貰えたり、保険などの福利厚生で有利な所はあります。ボーナスがあるのとないのでは、年収を考えるとかなりの差が開くことは間違いありません。女性は時期がくれば、結婚をして退職をせざるを得なくなりますので、非正規社員の方がメリットは大きいです。自分の将来のことを考えて、非正規社員で探すのか正規社員で探すかは、自分の判断なので、よく考えて応募しないと後悔をしてしまいます。

入社をして間もないのに、上司にやっぱり正規社員として働きたいと言っても時期的に遅いのと、その方の人格も疑われるようになります。必ずしも非正規社員で入社をしてしまっても、がっかりすることはありませんよね。

50代が非正規になって更なる地獄を見という話まとめ

深夜残業から逃げたかった50代が非正規になって更なる地獄を見という話についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
残業地獄か、非正規社員に転職して年収が激減するか、どっちに転んでも地獄に代わりはないようです。

金森氏によれば、深夜残業が連日続いて、帰宅することもままならなかったと言います。1日8時間の残業が20日続いたと仮定して、1月にして160時間超です。もはや労働災害レベルの残業ですが、人手不足の建築業界では当たり前だというのです。

残業で命の危険を感じたのならば、定時で帰宅できる非正規社員に転職して、自由を味わうのもイイかもしれませんよ。よくよく考えてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事