時代遅れ?!50代が九州ハーネスで4年間稼ぎ続けた部品組立の内職

「内職なんて単価が低すぎて絶対稼げない」って完全に言い切っちゃってるお父さん諸君!!

本当に内職は絶対に稼げないって思っているんですか?今はネットで簡単に副業が出来る時代なので、私も内職なんて過去の遺物だと思ってました。

玉置さんの話を聞くまではね。

50代自営業者が見つけた部品組立の内職は出来高制

私は、本業の新聞配達をしながら、Kハーネス社の自動車電子ハーネス部品組み立ての内職を、2007年の6月から2011年11月までの約4年間やっていました。

ここのハーネス部分の組み立て自体は時給制では無くて、完全な出来高報酬制。

最初私は、簡単な自動車関連のハーネス本体部の芯(棒状の端子)が無い、小さな種類のものの組み立てをやっていました。しかし、1個あたり5円から10円などといった具合に安いもだったので、何百個組み立てても大した収入になりません。

それで最初の半年間は収入面で困り、芯入りの仕様の組み立てを幾つか発注をお願いして、それらの約4、5種類からなるのを組み立てる仕事内容に、変えてもらいました。

大抵の組み立て作業での仕事時間は、時間帯としては、早朝のちょうど午前10時から夕方6時あたりまでに決めていました。そのような感じで、私はその芯入り仕様のハーネス部材の組み立てを、約3年半やっていました。

早朝の3時30に当時は起きて5時30分前後までの、約2時間の間、新聞配達の代配の仕事を行い、その上で午前10時から夕方6時前後までハーネス部材の組み立て、1日当たりの労働配分でした。

もちろん保険関係は、新聞配達での労災しかなく、何時仕事上での何らかの事故などでケガなどをしたりしないか、本当に心配をしていました。

確かに当時は、自分自身の身の上の事を心配をしていた感じでした。しかし、会社員や公務員などのような被用者などとは異なり、新聞配達の代配、Kハーネス社での委任内職、といった労働契約形態でしたので、社会保険なども無い点で不安を抱きながら、兼業での内職の仕事に従事をしていました。

50代は部品組立の内職で労災が起こった場合を心配した

これも先の副業内容の記述欄のところでも話したように、やはりKハーネス社の内職の仕事では労災面で不安がありました。

当然、新聞配達の代配の労災などは、その配達時と昼間の集金時の業務上での事故や災害などにおいての範囲内でしか適用が無く、内職などの仕事上の作業時での事故などは対象にはなっていません。

つまり、ケガなどをしたりした場合には、加入をしている国民健康保険しかありませんでした。

ですから、こうした労働従事面での保険関連のカバーで不十分さがあって、中々気が抜けないところが当時の4年間ではありました。

それでも何とか、その4年間を何事も無く過ごす事が出来ましたので、本当に運が良かったと自分でも振り返っています。

一時は自分で、医療保険への加入をしようと思い立った事もありました。

しかし、当時は最近多くの保険会社が出している、低額な保険料である商品が皆無。そのため、当時の貧乏な経済力や収入状況などでは、とても加入出来る状態ではありませんでした。

こうした状況は、自営業者になっている現在の状況でも同じところがありますが、当時は現在よりも収入が明らかにありませんでした。

50代は部品組立の内職は冬場手がかじかんで大変だった

やはり、手作業でのKハーネス社から無償で借りた機材類で、ハーネス部材を組み立てていく形であり、中々構造が複雑なハーネスの種類の場合には、冬の時期などでの作業が大変でした。

ろくに暖房が設置されていない部屋内での組み立て作業で、陽当たりの良い作業小屋内の場所に機材類を置いて、作業に従事をしてきました。

そして、気温がこちらの九州南部地方においても、冬場は最高気温が3度で最低でマイナス5度くらいの時が特に大変でしたね。

大き目の太いハーネスの芯が入った部材類の組み立ての場合には、部材本体を機材越しに回転作業をしなければなりません。

これは、指や掌部分の皮が切れてアカギレになったり等、本当に痛さとの闘いでした。

必ず冬場での作業の場合には、そのような感じになる事が多かったので、11月後半から3月中旬までの時期での仕事が嫌でした。アカギレを防いでいくために、ある年の冬場での作業の際には、手袋や指サックなどをしたりして取り掛かる事が多かった記憶があります。

たった3、4日程度でダメになるものが多かったので、100円ショップへ通う事が少なくはありませんでした。

本当に懐かしい、苦しかった時期の思い出ですが、この時期での経験は現在のプログラマーとライターでの仕事でも、中々教訓になっています。

部品組立の内職をする50代は1個の単価にこだわるべき

本当にこの、Kハーネス社などがやっている自動車ハーネス関連の内職の仕事は、部材や部品などの種類によっては、1個当たりの単価が高値のものなども確かに存在しています。

しかしながら、これらの部材組み立てなどが必ずしも誰でも出来るとは限りません。

たかが、大抵の方が内職と聞くと、簡単に在宅の状態のまま作業が可能なお仕事だと思われる事もが多いでしょう。

でも、実は組み立てる部材種類毎により構造そのものが異なりますので、一概に簡単な作業内容である言葉で済むものではありません。

やはり、幾らかそうした部材・部品類の組み立ての経験がある方の方が明らかに有利。長期間の経験で心身両面において洗練をされた方の方が、明らかに向いていますね。

老若男女の別を問わず、そうした方々には敵いません。確かに部材種類毎の大きさにもより、1日当たり組み立てていく数なども異なりました。それでも幾ら1個当たりの単価が高くても、組み立てる発注個数自体が少な目で、報酬が少ない時期などもありました。

そうした面で、私はとても困った事も多かったですね。

そうした中々少ない報酬額で、内職時代の状況を約4年間も続けて来ました。しかし、その当時は現在のように、インターネット環境が整備されていなかった時代でしたので、その分必死になって働いていた、当時の自分がありました。

本当に今の自営業者としての自分に比べてみると、やはり当時はネット社会の概念がこちらの九州南部地方には無い時代でした。

ですから、その分収入を得ていくといった面では、知識に欠けるところもありました。

こうしたハーネス関連の内職のお仕事を兼業でやっていく際にはやはり、まずはこれからはネット上にある情報などで、ハーネス関連の基礎知識や内職に関しての制度を理解をしてその上で、実際にやっていく事をお勧めします。

50代が4年間稼ぎ続けた部品組立の内職は過酷まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 完全出来高制。1個あたり5円から10円
    (部材交渉後は、1個あたり100円から150円)
  • 勤務時間は、午前10時から夕方6時頃まで
  • 内職=在宅=楽では決してない
  • 複雑な部品は、熟練しないと相当時間がかかる

体力:

気力:
知力:

玉置さんも振り返るように、5円から10円の単価が低い内職をいくら引き受けても大した収入にならないようですね。

多少組み立てる工程が複雑になりますが、100円から500円程度の単価であれば十分稼ぎ続けられますよ!TVを見ながら、または音楽を聴きながらリラックスして内職にチャレンジしてみてください。

是非すきま時間を有効活用してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう