失敗が儲かるビジネスになる?50代の女性が転職活動をブログに書く理由

「ブラック企業を抜けたく転職活動中のOLです。今日200社目の『お見送りメール』来ちゃいましたぁ。皆で残念パーティをしません?」って生々しい体験記をブログやTwitterで呟いている中高年が増えています。

インターネットが発達して、誰でもブログやホームページを開設できるようになった今日において、辛い転職体験をブログに書いて共感して欲しい役に立てほしいと願う人は増え続けています。

全てが個人ブログではないにしろ、「50代 転職 ブログ」の検索結果はなんと1500万件もヒット。

何故ここまで多くの中高年が転職体験記を綴りたがるのか、その心理やメリット、ブログやホームーページを上手く運用するコツについて紹介していきます。

50代女性が転職活動をブログで報告するのは収益化目的

50代女性が転職活動をブログで報告するのは収益化目的

ブログを始める目的は様々ですが、大別すると3つに分けることができます。

ブログを始める目的

  • 多くの人に自分の体験を知ってもらい共感してほしい
  • ブログやホームページを媒体に仕事に繋げたい
  • ブログの広告収益で儲けたい
    (アフィリエイトプログラムやGoogle アドセンスをブログに貼る)

 もちろん、上記のどれにも当てはまらない方もいるでしょうし、3つ全てに当てはまってしまう方もいる。

やはり最近流行っているのは、自分の体験談に共感をもらいつつ、ブログの収益で、お小遣いを儲けたい手法が圧倒的に多いのが現状。

ネット社会においては、特に有名でもない自分の転職成功談や失敗談を書いただけでアクセスが舞い込んでくる。

もっと言ってしまえば、職場の愚痴や粘着質な上司の悪口を書いただけで、共感してくれる人は幾らでもいるでしょう。

そのブログ上で、同じ境遇の50代から共感を得られたり、コメントをもらうことで承認欲求を満たせるでしょうし転職活動が上手くいっていない時などはストレス発散にもなります。

言うなれば「失敗談や職場の愚痴がお金になる」のがブログビジネスです。

こんな楽なビジネスは他にはありませんし、我先にとブログを開設しようと考える心理も理解できます。

だって我々の時代には、このようなビジネスはなかったんですから。

Google アドセンスやアフィリエイトと呼ばれる広告手法は、比較的誰でも簡単に参入することができます。

ですから比較的若い世代が、肉体労働系のバイトを嫌いブログ運営にチャレンジしている、それ故スーパーやコンビニ等のアルバイトが確保できなくなってきている社会現象も併発しています。

どういう人たちがブログを始めるのか?

それじゃあ、どんな人たちがブログに救いを求めているのでしょうか?

人間だれしも孤独ですが、社会との接点が薄れつつある50代が、社会との接点を求めブログを書き綴るといった傾向も依然として強いように感じます。

  • 職場でも家庭においても、疎外感を感じながら生きている
  • 腹を割って話せる親友・同僚がいないなどの葛藤や悩みを抱えている
  • 自分の中で肥大化した自意識のはけ口に困っている  

リアル社会において人間関係を構築できずに、文章を書く行為でモヤモヤを解消して、ブログで共感を得ながら何とか人生に折り合いをつけてみる。

そんな人たちが多いんではないかと考えています。

転職活動をブログに書くメリットは客観的な意見が欲しい

転職活動をブログに書くメリットは客観的な意見が欲しい

では次に、転職活動時の体験を、ブログとして書くメリットを見ていきましょう。

辛い転職活動をしたとしても、文字で書くことによって気持ちの整理ができる場合もあります。

応募書類がまったく通過しない、面接でシビアな質問をされたといった経験も、ブログのネタに繋がるとイメージすればほんの少し気が晴れることだってあります。

転職活動における体験を綴ることによって、今日の良し悪しをを客観的に見つめ直す事が可能でしょうし、今日できなかった所に気を付けようと反省点活かすこともできるため大いに転職活動に役立ちます。

また、第3者視点でコメントをもらえば、自分では見えなかった弱点がハッキリすることもあります。

個人ブログは基本的にインターネット上に公開されます。

ですから、顔も見えない第3者に読んでもらう前提で文章を書かなければ、共感を得ることができませんし、最悪の場合荒らしと呼ばれるクレーマーさんたちに批判されることに繋がります。

そうならないためにも、自ずとと文章を書くスキルを高めていかなければなりません。

基本的に、ブログの運営を長期間行うと、アクセス数が徐々に増え、広告収入も増えていく傾向。

また、ブログやホームページを運営している50代女性の多くが「そこそこ稼げている」「転職活動費はブログで捻出できる」夢のある話をされますが、実際ネットを使った副業で5千円以上稼いでいるのは全体の5%と言われてします。

しかし少数ですが、ブログの運営を通じて執筆の依頼が次々と舞い込んだ、フリーランスとして起業することができた、IT企業から採用のオファーをもらった事例も少なからず存在します。

もちろんそれはほんの一部ですが、ブログが副業として成立している女性、副業どころか本業にしてしまった女性も実際いらっしゃいます。

転職ブログを書くコツはお役立ちコンテンツ中心にする

50代女性が転職ブログを書くコツはお役立ちコンテンツ

最後になりましたが、転職ブログを書くコツを紹介しておきます。

ブログは、1日1記事書くよう心掛けると良いでしょう。

毎日更新されていれば、やる気のあるブログとして上位に表示されアクセスが集まりやすくなります。

そうなるためにも、何時も転職活動に関するネタを箇条書きにしておくことが重要です。

できれば専用のノートを用意して、思いついた限りのことを書いておきましょう。

「書くことがない」と嘆いている女性の相談に乗る機会が多くなりましたが、自分が行った活動を事細かに箇条書きしていけば、ネタは幾らでも出てきます。

例えば

  • どんな転職サイトに登録したのか?
  • ハローワークではどんな求人に目を付けたのか?
  • 履歴書類を送るのに工夫したこと
  • 面接でどういう質問をされたのか?自分はどう答えたのか?   

などなど。 しかも細かい部分まで記録することにより、今後気を付けなければならないポイントに気付くことができる可能性もありますし。

「面接の前に憧れのカフェでランチした」「面接会場には東急線で行った」など、転職活動に直接関係ない文章をダラダラ書き綴っても、誰も読みませんし共感も得られません。

ですから、50代女性が転職活動する際に気を付けること、モチベーションアップ方法などを書いていくべきです。

頭の中で構想を練って書いていっても良いですが、書き始める前にザックリと全体の構成を練って、目次順に書いていくと伝えたいことが相手に届く文章になります。

また、ブログであってもタイトル(表題)は重要です。

思わずクリックして読みたくなるタイトルの付け方を勉強して、アクセスアップを目指していきましょう。

基本的に「本日限定公開」「裏技」「200社落ちた私が語ります」限定してみたり、具体的な数を文中に入れるテクニックはブログだけでなく、広告業界において王道テクニックです。

もちろん、これらのテクニックを駆使してブログを書くには、ある程度の知識が必要ですし、手を動かして実践してみることも重要です。

考えているだけでは始まりません、悩んでいるのなら今日からでも1記事書いてみてはいかがですか?

当然のことですが、ブログはアクセスがないと読んでもらません。

ブログ開設が初めての50代であれば、無料ブログと呼ばるものから始めてみるべき。

「50代 ブログ 始め方」と検索すれば、「無料ブログは消される可能性が大きいから独自ドメイン(ブログを開設するための場所。有料)だ、Wordpress(ブログを作成するためのソフト)だ」と書かれていますが、パソコンに精通している方以外は確実に挫折します。

しかも、一から作成したブログには中々アクセスが集まりません。

ですから、気軽に転職ブログ日記を書いていくのであれば、無料ブログで充分です。

有名なブログサービスは、Ameba、FC2、ライブドア辺りが御三家と言われています。

気軽に転職活動日記を付けるのであれば、アクセスが比較的集まりやすいAmebaが良いでしょう。

アバターと呼ばれる自分のアイコンを無料で作成することもできるため、飽きっぽい50代にはピッタリです。

向きな記事の方が高く売れる傾向にあります。

50代女性が転職活動をブログに書く理由はビジネス目的

最後に要点をまとめておきます。

ブログを始める理由

  • 多くの人に自分の体験を知ってもらいたい
  • ブログを通じて仕事に繋げたいと考えている
  • ブログの広告収益で儲けたいと思っている
    アフィリエイトプログラムやGoogle アドセンスをブログに貼る
関連キーワード
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう