解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

「サービス残業や休日出勤も厭わず頑張っているのに、俺の給料はなぜで上がらない?」と給与明細を見るたびに、ため息が止まらない50代のお父さん諸君は本当に多いですよね?

効率なんて完全無視のサービス残業の悪しき習慣、この歳になって何でバカな上司にヘコヘコしないとダメなんだ?何でお前が帰るまで俺たちは帰れないんだ?って自問自答の日々。

我慢の限界はとうの昔に超えているけど、家族のため、息子や娘たちのため、ひたすら我慢・我慢・我慢。

だからといって起業したり転職して、新しい人生を歩む選択肢だけは取りたくない。

我慢できず会社を去っていった者たちは、起業に失敗して今は新聞配達のバイトで食いつないでいるって聞くじゃないか?そんな惨めな人生も送りたくない…。

誰にも知られずに、コッソリ副業してお小遣いを増やしたいけれど、どんな種類があって、何が儲かるのかサッパリですわ。

2019年は副業が解禁される元年になる可能性が高い

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

2017年3月に日本政府が公表した「働き方改革実行計画」は多くの計画の中でも、一切昇給することがない我々にとって、「遂に堂々と副業できる流れがやってくる」と期待している50代は多いと考えます。

日本政府が「副業解禁」に前向きなのは、いくつかの理由が考えられますが、「新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段第2の人生の準備」に効果が期待でき、経済効果も大きいと判断したことが最大の原因。

有能な人材の確保、社員の技術向上が叶うウリは、企業側からしても期待して良い内容だと言えます。

その上、従業員一人一人からみても、技術向上や人脈形成の建前はさておき、本職以外で収入源を持つことができる期待へ途方もなく大きい関心が高まりつつあります。

副業することで利益を上げた、本業以上に稼げるようになったと、大々的にアピールするサラリーマン達が人々が現れたお陰で、以前よりも身近な存在になっている今だからこそ、副業に関して理解しておくのは、必ずしも損になることはありません。

国税庁が発表した「平成28年度民間給与実態統計調査」によると、民間の会社における平均年収は2016年で、422万円。

リーマンショックの煽りをモロに味わった、2009年の406万円に比べ回復の傾向があるも、20年前の1996年の461万円に比べると40万円以上の下落です。

歳を経るにつれ、強制的に給与を下げられる傾向にある50代。

定年までの間、何ら希望が持てず生きる気力すら失くしている50代お父さん達は、今日の時点から副業に関する実績をアップさせていた方が良いと考えるべきです。

皆が皆こぞって副業を始め、市場が飽和すると遅すぎるし、完全に乗り遅れてしまうのは目に見えています。一方、副業は勿論危険性も付き物です。

50代は副業で稼げたら何ができるかシミュレーション

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

いずれにせよ、希望を失っている50代達がこぞって副業に取りかかるキッカケは、本職とは別の副収入を手に入れられるからだと考えます。

副業を1日行って収入が2,000円増えたと仮定すると、月にして約4万円収入が増える計算。これは単純に見積もって、年間48万円もの副収入が増えるわけです。

今まで安い牛丼チェーンで済ませていた昼食が、1,000円以上する昼食に変わるかもしれませんし、我慢してきたゴルフや釣りの道具も買い換えられる可能性も無きにしも非ず。

家族の絆が強いのならば、国内旅行や海外旅行に行くってのも夢があるじゃないですか?

人間って収入が増えれば、それだけで豊かになれるものなんですね。

しかも副収入とは別の隠れたウリとしては、不条理な会社に対し経済的に執着する必要がなくなるため、会社に言われるままでなく、あなた自身のポリシーを貫いた大胆な行動にも繋がる。

メンタル的に開放されると、大胆な取り組みができることから、思いも寄らなかった収穫があるのかも知れませんしね。

50代は副業デメリットが本業に影響が出ることと理解

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

そうは言っても、本業しながら副業をやり遂げるなら時間が確保できるわけがないじゃないか!と感じるのは勿論の事です。

50代であれば、管理的立場に立っている方が多いでしょうし、それ以外であってもそれなりのポジションにいるから定時上がりするのは難しい。

帰宅できるのは9時か10時辺りになるのではないでしょうか?

それから約2時間副業に充てると仮定するのならば、入眠は0時前後。

もしそうでなくとも、今まで団らんに充てていた時間が確実に削られますから、副業すると100パーセント睡眠時間が削られ、本業の手抜きにつながる危険性もはらんでいます。

加えて、土日祝日も副業につぎ込むのであれば、趣味のゴルフや釣りに行く回数が減るフラストレーションが、増加する危険性さえ想定できます。

もっと言うのならば、副業を許可していない本業で申告しないで副業をすると、就業規則違反のリスクを追ってしまうことになりかねません。

すでに副業している我々も、常に「万が一、上司に知られたらどうしたらよいものか?」と考えながら作業を行っています。

つまり、ある程度精神的な苦しみを克服できるほどの気合を持ち合わせないと、「絶対に稼いで行く」決心が揺らぎます。

副業に向いている50代はどこにでもいる不満がある人

もちろん、日本政府が強引に加速させている「働き方改革実行計画」次第ですが、副業が正当化された時代がやってくるのは誰の目から見ても明らかです。

来年の2019年には副業が完全に解禁されていると私は考えています。

じゃあ、どういう人種が副業に最適なのか考える50代がほとんど。「何も考えずに、まずはやってみる!!」が私のモットーですが、そんな風に行動することができるサラリーマンはほとんどいないのが現状。

割のイイ収入を得られるアフィリエイトの副業を1,000人が知ったとして、行動に移すのはその10分の1の100人、継続できるのは更に10分の1の10人。

成功できるのは10人のうち2,3人と言われていますから、億劫に感じるのも無理はありません。

そんな中で、副業に向いているじゃないかなと感じるの50代は、

  • 今以上の収入を得て何かしたい
  • これ程度の収入では家族すら養えない
  • 本業には夢も未来もない
  • 今の職場で定年退職後も働き続ける実感を感じることはない    

何ら職場に不満を持っている50代が最適だと考えて間違いありません。

副業の世界は、前向きで失敗を恐れない人はドンドン先に行く感じがあります。

さしあたって、いずれ起業したりフランチャイズ加盟する心づもりの50代であるならば、本業以外の副収入をサラリーマン時代に得てみるのが良いと考えています。

いきなり起業したりフランチャイズ加盟しても倒産するのは目に見えていますから、常に保険をかけておくのが手堅い戦略です。 

それゆえ本業で収入源確保しつつ、副業をするのが手堅い戦略だと言われているのはこのためです。

一方、副業に向かないであろうタイプの50代は、収入面・精神面共に本業だけで満喫している、言わばリア充な50代が当てはまるでしょう。

50代は多くのリーマンが副業を始めている現状を知る

ならば、「副業を実際やっているサラリーマン人口は、どの程度なのよ?」「俺はパソコンには疎いんだけど、どんな副業ができるのか?」絶対気になる疑問がありますよね。

副業で小遣いを稼ごうと試みるサラリーマンは日々拡大の一途をたどっています。

副業にチャレンジしてみようと思うきっかけは、してみたい副業だった、キャリアアップ、保有している資格の有効活用、より多くの収 入源の確保など多種多様です。

また、副業をしている雇用形態も、正社員だけでなく、パートや バイト、会社の重役や、自営業者に至るまで様々。2012年の段階で、就業者全体に占める副業を望む人の割合は5.7%、現実的なのべ人数は3,678人の結果になっています。

おおむね、20人に1人確率で副業したいと考えているのが推し量れます。

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

しかしながら、今もって大多数の企業で、副業を認めない事実を垣間見ることができますが、副業を承認していると回答した企業は、全体の14.7%にすぎません。

企業が副業を容認する 際の懸念事項的には、社内の職務が大ざっぱになってしまうこと、情報漏洩のリスクが避けられないこと等が考えられます。

また、副業を許可する上での就業時間や健康管理の取扱いのルールが、未だ理解できない意見も少なからず提出されています。

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法

50代必見!在宅での副業には2種類のタイプが存在

私自身好奇心が旺盛だったこともあり、インターネットを使った副業は黎明期よりトライしてきました。

かれこれ20年以上色々チャレンジしてきましたので、ある意味プロです。

ただ、在宅での副業に成功したのはほんの一握りで、残りは挫折の繰り返しですけどね。

在宅の副業と言っても、ピンからキリまであって全てにチャレンジするのは相当の時間と労力を要します。

在宅の副業として有名なものが

  • 内職
  • 転売(せどり)
  • アンケートサイト
  • クラウドソーシング(ライター・データ入力等)
  • グーグルアドセンス
  • ブログアフィリエイト・PPC
  • 株式運用・FX・仮想通貨

等大きく分けて7タイプありますが、それぞれに長所短所がありどれが効率がいいとか悪いとか一概に言えません。

ちなみに私自身、在宅での副業は、内職とインターネットを使ったPPC広告(先払いの有料広告みたいなもの)方法以外はすべて経験してきました。

ちょっと凄いと思いませんか?

PPC広告と呼ばれる手法は、稼ぐ前にYahooやGoogleに広告費(お金)を払う手法なので、流石にリスキーです。

今でも臆病者の私には早すぎる手法だと、思っています。

まずは、それぞれの副業の特徴を説明する前に、理解しておいてほしいことがあります。

以前、副業には等価交換と何かに投資するタイプの2種類しかないと説明しましたが、在宅での副業も然りです。

一言でいうと、「体を動かすタイプ」の副業と、株式投資やFX・ブログアフィリエイトのように「何かに投資するタイプ」の副業の2択になります。

それらは同時に

  1. 時間をお金に換算するタイプ(等価交換)
  2. 何かに投資してお金を稼ぐタイプ

と言い換えることができます。

あなたが在宅で副業を始めるのであれば、この2つのタイプの違いを理解しておかなければ、いざ始めたのはいいが収入が発生しない、思っていたよりも稼げないとなって挫折してしまいます。

もちろん、上限なく収入がすぐに収入が発生するタイプの副業もないとは言い切れません。

しかし、40代50代の中高年であれば冷静に考えてください。努力することなく今すぐ大量にお金を稼げるのであれば、我々サラリーマンは要らないと思いませんか?

そんな夢みたいな方法があれば、トヨタみたいな大企業が利益率の悪い車なんか作らずに、そっちの方法を選択した方が株主や社員のためになると考えませんか?

上限なくすぐに収入が発生するタイプの副業はリスキーですし、長続きはしません。

夢を壊してしまって申し訳ないですが、これが現実です。

あわせて読みたい

50代初心者向き!時間をお金に換算するタイプの副業

まずは、お金に換算するタイプいわゆる等価交換的な副業から説明します。

今まで在宅での副業を経験したことのない50代であれば、この等価交換的な副業から始めるのが良いですね。

読んで字のごとく、等価交換は一定の時間をかけると一定の収入が確約されています。それゆえに、誰でも気軽にチャレンジすることができ、作業した分の対価は必ず支払われます。

即金性が高いため、今すぐに収入を増やしていきたい50代には、もってこいの副業になるわけです。

インターネットを介したお仕事は基本的に、リアルでのアルバイトと同様、月末締めの翌月末払いがほとんど。すから即日お金が欲しいからと言っても、支払われるのは翌日末です。

その1:内職

難易度 :★☆☆☆☆
オススメ:★☆☆☆☆

作業内容:シール貼り・郵便物の封入・発送

インターネットがなかった時代からある副業の代表格。

内職のお仕事は、インターネットのアルバイトサイトから簡単に探せますが、依頼主は大手が多くなく単価が異様に安くおススメはできません。

シール貼りで単価は、0.1円から最大で2円程度。

1日8,000円を稼ぐと想定した場合、4,000枚から80,000枚ものシールを貼る必要があります。

内職は、インターネットを使えないシニア層や高齢者向けの副業と考えて良いですね。今の時代もっと効率の良い副業はごまんとあります。

その2:転売(せどり)

難易度 :★★★☆☆
オススメ:★★☆☆☆

作業内容:転売物の仕入れ、撮影、出品、梱包、出荷

転売(せどり)も内職と同じく、インターネットがなかった時代からある副業の代表格です。

どこかで転売物を安く仕入れてきて、必要とされている市場に高く売却するのが転売のコツですね。

大きく儲けている人々の多くが、転売物をタダで仕入れてきて高く売る、あるいはAmazonで安く仕入れてYahooオークションでマニアに高く売る手法を取っています。

また最近では、メルカリ等のスマホアプリが認知され始め、中高生や大学生も転売に夢中のようですね。

労力の割には儲けが少ないのが残念なところ

その3:アンケートサイト

難易度 :★☆☆☆☆
オススメ:★★☆☆☆

作業内容:アンケートサイトで放映されている動画を見る、あるいは送られてくるアンケートメールに回答

子育て中の主婦やインターネット初心者の中高年に人気なのが、アンケートサイト。

代表格的なちょびリッチは、私がインターネットを始めた頃からある老舗サイトですね。

単価は、0.5円から1円のメールが多く、それなりの金額を貯めるには想像を絶する数のアンケートメールを開封してクリックする必要あり。

短期間で稼ぎたいのであれば、複数のアンケートサイトに登録しまくって、膨大に送られてくるメールを開封クリックする必要があります。

正直、アンケートサイトに労力を割くぐらいなら、クラウドソーシングで体験記を書いて1,000円から5,000円をササっと効率的に稼ぐほうが効率的です。

その4:クラウドソーシング

難易度 :★★☆☆☆
オススメ:★★★★☆
作業内容:依頼主の指示に従って、体験談や商品レビューを書く仕事、イラスト描写やプログラミングを書く仕事まで様々

いまTVや雑誌などで話題になっているのがクラウドソーシングを介した副業です。

クラウドソーシングとは元々、不特定多数の人のアイデアを募り必要とするサービスを取得するプロセスのことを指し、古くは航空会社のボーイングがこの仕組みを採用していることで有名です。

職業や業務の分野を限定せず仕事の依頼ができる総合型サイト。

クラウドソーシングサイトには、Lancersやクラウドワークスの大手が参入しており、確実に報酬が支払われる仕組みが確立されています。

ですから、安心して作業を請け負うことができます。

また文章を書く能力が上がれば、1文字1円から10円付くようになり、3,000字執筆するだけで3,000円から30,000円稼げるようになります。

ライティングのお仕事は、国語の成績が1だった私でもかなり稼げましたよ。多少の努力が必要ですが、挑戦する価値はあります。

クラウドソーシング「ランサーズ」で売れっ子ライターになりませんか?

以上代表的な4つを紹介しました。

インターネットの副業が初心者、数千円の小遣いが稼ぎたい、スキマ時間が勿体なので有効活用したいと考えている50代にはピッタリですね。

これら共通する特徴は、すぐ現金化できるが単価を自分で上げられないため、所詮労働者のままの事実。
これら作業系の副業で、月収100万円・時給10,000円となることは絶対にあり得ませんので、くれぐれも詐欺には注意してください。
副業は基本的に自己責任ですから、誰も助けてくれませんよ。

50代中級者向き!何かに投資するタイプの副業3選

何かに投資するタイプの副業は、グッと難易度が上がり収入が発生するまでに時間を要します。

但し、グーグルアドセンスとブログアフィリエイトに関して言えば、要領を理解してしまえば上限なく稼げるようになります。

副業として大きく稼ぎたい、5万円10万円と稼ぎたい、あわよくば副業を本業にして独立したいと考えている50代はコチラを選択すべきですが、イバラの道です。

私自身、20年前にチャレンジした時は全く稼げず一度挫折しています。

40代でリストラされた時、藁をもすがる思いで始めたブログアフィリエイトは、ひと月で30万円から50万円の収入が発生するまでに成長。

開始3か月で16円しか稼げなかった私のサイトは、その1年後には5万円稼げるよう成長していきました。

ブログアフィリエイトは敷居が低く誰でも参入できますが、すぐに稼げず諦める中高年の方が多い現状があります。

このタイプの副業はもはや、副業と呼ぶよりビジネスと表現した方が正しいのではないかと考えます。

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法アフィリエイトクラブ‐個人の独立につなげるブログ構築術

その5:グーグルアドセンス

難易度 :★★★★☆
オススメ:★★★★★
投資先 :自分

作業内容:ブログまたはホームページの開設、記事の投入、グーグルアドセンスにパートナー申請

私が大きく稼げるようになったのが、このグーグルアドセンス。

グーグルアドセンスとは、クリック保証型の広告収入のことでブログまたはホームページ(以後ブログ等)を開設後。その後、グーグルのクリック保証型広告をブログ等に貼り付けるだけ。

ブログ等を開設する知識が必要なことが難点ですが、こそさえクリアできれば後はひたすら記事を投入していくのみ。

後述するブログアフィリエイトはセールスライティングが必要で、どうしてもスキルやセンス重視ですが、グーグルアドセンスは高等なライティングは必要ありません。

投入し続けている記事は、ビジネス的なものから趣味の釣りレベルまで様々です。

国語の成績が1だった私でも、ストレスなく継続して記事を投入することができ稼げます。

導いていくれる師匠に出会えるかどうかが、運命の分かれ道ですね。ダメな師匠に付いてしまった私の兄は、1、000記事書いても1円も稼げなかったと言います。私の場合1,000記事超えた辺りで、50万円超えてしまいましたが。

センスがなければ努力で代用できるのがグーグルアドセンスの良い点ですよ。

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法アフィリエイトクラブ‐個人の独立につなげるブログ構築術

その6:ブログアフィリエイト

難易度 :★★★★★
オススメ:★★★☆☆
投資先 :自分

作業内容:ブログまたはホームページを開設し、記事を投入、ASPと呼ばれるクリック保証されていない商品を売り込む技術

グーグルアドセンスと違いクリック保証されていないASPと呼ばれる商品をブログ等で売り込むのが、ブログアフィリエイト。

クリック保証ではない代わりに、1件1,000円から大きいもので20万円する商品が売れれば、5%から100%のマージンが貰えます。

私自身、ブログアフィリエイトも併用していますが、収入はアドセンスの1割もありません。

売り込む技術であるセールスライティングが費用に難しく、未だ習得できていないのが原因。
ひと月に、100万円から800万円も稼ぐ副業アフィリエイターがいるのもこのジャンル。この人達は、どれだけ努力したのだろうかといつも感心しますね。

875fe94d291785c2aeccf40de391a60d_s 解禁されてからでは遅い!50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法アフィリエイトクラブ‐個人の独立につなげるブログ構築術

その7:株式投資・仮想通貨・FX

難易度 :★★★★★
オススメ:★☆☆☆☆
投資先 :他人

作業内容:株式、仮想通貨、FXに投資し値上がりするのを待つ、チャートのモニタリング

これらのジャンルは、初心者でも大きく稼げる反面リスクも大きいのがポイント。

景気や運に左右されやすいので、自分では100%コントロールできないのがイタいですね。

また、ある程度稼げるようになるまで、多少の出費は覚悟しなければなりません。
仮想通貨は、今最もホットな投資ですが未だ法整備がされておらず、私は全くオススメできません。無料で貰える仮想通貨(草コイン)を貯める程度にとどめておくべきですね。

「100%的中必勝法」とか、「初心者だった私が1,000万円稼いだ方法」のようなキラキラした攻略法は、100%アウトです。

くれぐれも騙されないよう気を付けてくださいね。

50代が在宅で副業収入を得るための知識を伝授します

最後に、50代が在宅で副業をするうえでの心得を伝授しておきますので、参考にしてください。

早く楽して高額を稼ぎたい人は詐欺師のターゲット

方法なんてどうでもいいから、とにかくすぐお金が欲しい。

こんな理由で副業を始めた50代が例外なく失敗します。

1秒でも早く・楽して・高額な報酬を稼ぎたいのは人間の性ですが、下調べもせずに在宅の副業を始めるのは危険極まりない行為です。

例えていうなら、詐欺師に「私は鴨ですからどうぞ詐欺ってください」とインターネットの世界に飛び出していくもの。

私自身はグーグルアドセンスで大きく稼ぐことが出来ましたが、あなたは違うかもしれません。

100記事も200記事も書かなければならないブログは苦痛だ、俺はアンケートをコツコツとクリックするのが好きだ。実は小説を書くのが夢で凄いライティング技術を持っている。

有名ライターに化けるかもしれないし、ブログアフィリエイトで大きく稼げるセンスをお持ちかもしれない。

人それぞれ得意不得意があるので一概に決めてしまわないことが重要ですね。

いますぐ・誰でも・高収入に釣られない

冒頭でも説明しましたが、インターネットには「誰でも簡単に高収入が得られる」情報が溢れかえっています。

誰でもスマホをクリックするだけで高収入と謳われると、誰もが誘惑されます。

私自身20年前に1円も稼げなかったのは、この手の情報を鵜呑みにしてしまったから。若かったんでしょうね当時の私は。

「ひょっとして私にも可能性があるんじゃないか?」と魔が刺したら、私のトヨタの話を思い出してください。

そんなオイシイ話があるなら、原価率の悪い車や家を作らずに大企業がこぞって参入しますよね?

また、100万円1,000万円の高収入を示す報酬画面や、札束は誰でも偽装できるので鵜呑みにしないでくださいね。

稼ぐためには絶え間ない努力が必要

私が大きく稼げるようになったのは、センスがあったからでも運が良かったからでもありません。

人の2倍3倍と努力した結果です。

私は独学で基本的なブログの立ち上げ方を学び、記事の書き方、写真の挿入方法やグーグルとの契約方法を学びました。

沢山失敗もしましたね。

ブログのブログラムが動かなくなった時は、有料で業者に直してもらいました。アクセスが全然来なくて、「稼げるって言うけど、やっぱり詐欺やんか!」と誰かのせいにしてしまったこともあります。

すったもんだの末に私は現在の師匠と出会うことが出来ましたが、それまでは散々ウソみたいな高額情報を買っては試す、試しては自己嫌悪に陥るを繰り返してきました。

それでも諦めなかったのは、今の自分を変えたかったから。

40代で勤めていた会社をリストラされて、死ぬほど悔しい思いをしたから。マジで愛する家族達に少しでもいい生活をさせてやりたいと心から思ったから。

信念があれば貫き通せます!

50代男性が誰にもバレずに副業を始める方法まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 2017年3月、日本政府は「働き方改革実行計画」を発表
    2019年には、副業が解禁される動きが高まっている
  • 1日2,000円稼げただけでも、年間にして48万円もの副収入が発生する
  • 副収入源を確保できれば、本業に固執する必要もなくなる
  • デメリットは、趣味や家族との団らん時間が減る
  • 副業に向いているタイプは、今の職場に不満があるサラリーマン
  • 時間をお金に換算する等価交換か、何かを投資してお金を稼ぐ方法の2択

既に始めている人は稼いでいます。

波に乗り遅れないよう気を付けてくださいね。

関連キーワード
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう