50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

50代転職は、想像を遥かに超える困難が待っています。

それでも、今いる現状に満足することが出来ず、転職の大海原に飛び出す50代は後を絶ちません。

私自身、40代でリストラされて転職を余儀なくされましたが、それ以上に困難です。

一番わかりやすい例が、50代が転職エージェントに相手にされることがほとんどなくなる事実。40代であれば、私のように転職回数が多くても門前払いされることなく、非公開求人の紹介を受けることができます。

50代は転職エージェント抜きで戦い抜かねばならないため、我々転職支援会社の出番となるのです。

50代は転職で新しい職場に馴染む努力が必要な現実

433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

中途入社は埋合わせぐらいにすぎず、未だ新卒者を労働力のメインとする企業は、新卒者として採用されたプロパー社員の割合が高く文化の均質性も高い。

そのため、その均質性に馴染むためには、ある程度の努力が必要だと考えられます。

実はこの均質性で苦しい思いをすることは、常日頃のつまらない事にあらわれています。某大企業の人事部長級の方に聞いた話から、50代の転職者が組織の文化に馴染むためダントツ苦しい思いをするポイントは、企業独自の文化とのことです。

ちなみに、企業独自の文化はどういう意味かご存知ですか?かいつまんで言えば、その企業の中だけにまかり通る仕事用語のことを意味します。

ただ企業独自の文化が特徴的であるのは、他の企業だとしたら全く異なる言い回しをするのに、何故かその企業の中だけはそこでしか通用しない言い方になる。リストラされて退職して初めて、この事実を知る中高年は多いのではないでしょうか?

その企業の社員達は、その企業しか通じない表現なのに、世間一般にも共通する表現と思い違いしていることが滑稽です。

逆に、50代転職者からすれば、企業独自の文化は採用されるまで知る得ることはありません。

この為に採用されて実際その職場で働き始めて、企業独自の文化に悩ませられるのは、至って当たり前。

しかしながら、その企業でずっと働いている従業員から考えると、50代転職者は即戦力で採用されたハズなのに、何でこうした企業独自の文化すら理解できないのかと、こき下ろす態度がにじみ出てしまいます。

私自身、40代でリストラされ転職をするしかなく今では転職を成し遂げましたが、今になっても職場独自の文化には馴染めません。

企業独自の文化が性に合わず、転職して6ヶ月の間は原因がはっきりしない体調異変が連続し苦しみました。

元々企業独自の文化は、理解できないごとに質問してインプットすることが効率的ですが、転職者自身も即戦力の形で入社している自尊心がありますよね?いくらなんでも簡単すぎる慣習をいちいち質問していては、恥な気持ちが芽生えてしまいます。

その結果、50代転職者は、自身はこうしたシンプルな事すら理解できないのかとプライドが傷つき、早いうちに退職。追い打ちをかけるように、メンタル的で問題が起こってしまうことも多いのです。

50代は転職先で根回しのコツを把握しないと厳しい現実

433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

企業独自の文化と一緒で、組織回しのコツを見極めることも50代転職者からすればものすごく面倒な課題ですよね。

組織回し学のコツは、いうなれば、誰に・どんな順に、どんな状況で根回しすることを意味します。

こいつをマスターするのは、非常に困難な問題。

転職したばかりで、この類の根回しのコツを見極めることは不可能に限りなく近い難しい。

しかし、これだけで困り事が終わることがないからこそ、正直面倒くさい。誰に・どんな順に・どんな状況で根回しするかを理解するぐらいでは、上手くいく訳じゃないためです。

次の課題は、いよいよ根回しする段階で、「この人は仲間だから信頼してもいい」と思わせないと、あっさりとは話が先に進まないジレンマが付きまといますね。

わかりやすく言うと、50代転職者が依然プロパー社員らの仲間の形で認めて貰えないお蔭で、根回しに余計な時間が生じてしまいがちです。

逆に言えば、一旦組織文化に馴染んでしまいさえすれば、根回しにかかる余計な手間は相当短縮できてしまう。

一人前の仲間として扱ってもらうためには、一定期間をその会社の社員達と、過ごすことが求められます。

これに関してはいつもの仕事の場合でも、プロジェクトの場合でも、アフター5の飲み会の席であってもOK。

過去に転職された方はお分かりでしょうが、ある程度時間を共有しなければ、あっさりと仲間だと扱ってもらえないリアルは常に付きまといます。

詰まるところ、その職場の人間として根回しがうまく行くくらいになるまでは、一定期間は我慢強さが試されることだと言えます。

組織文化を研究しない50代は転職後に後悔する現実

433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

ここでは、ベンチャービジネスと外資系企業それぞれの区別で話を進行させて行くのですが、そもそもこの程度の区分はふさわしくありません。この要因として、ベンチャービジネスと外資系企業は、ほとんどの側面が企業間において違いすぎているからです。

何よりヤバいのは、ベンチャービジネスならこうに違いないとか、外資系企業ならこういう仕事の進め方をするに違いないと先入観を抱き、その危険性を誤認してしまうことです。

例えて言うなら、組織文化の個別性の相違は、ベンチャービジネスと外資系企業だと、日本資本の一流企業より大きい。

ベンチャービジネスの場合では、ある程度の割合でオーナー企業がありますが、十分イメージしていた方が良いポイントがあるから紹介。

組織文化は、オーナー、とりわけ創始者からは絶対的な影響を受けるは言うまでもないこと。 オーナーの感性の違いだけで、組織文化の内容は180度異なるものとなります。

その上、外資系企業の場合では、いずれの国の系統かでビミョーに組織文化は異なってくるものです。 そうなったら、いずれにせよあなた自身にフィットする組織文化かどうかは、可能な限り事前に確かめていた方がいいのではないでしょうか?

因みに、日系企業、外資系企業の区分は一般論に過ぎません。

それを念頭に置いたうえで、意図して特徴を言います。

外資系企業だと、人事制度の主軸に職責といった考え方が存在し、それぞれの社員が担任の職責は明瞭に定義されています。その結果、それぞれ社員達の職責範囲がハッキリしている。

必要のない根回しは行なわなくてもよいわけですが、それと引き換えに個人が結論づけしたことの責任は明白。

そのおかげで日系企業から外資系企業へ転職する50代は、大勢の社員に手を回すのは得意だけど、決断はじわじわ行う姿勢を、根回しは最小限でOKだけど、決断をスピーディな姿勢に変更するべきなのです。

50代転職で理想と現実のギャップがゼロになるのは稀

433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

50代の転職活動では、事前に転職先の情報収集は重要なんですが、いかに綿密に情報収集をしても、ギャップをゼロにするのは現実的な問題で不可能に近い。

やはり入社して、理解できる事は割と多いのではないでしょうか?

という訳で、可能な限りギャップをゼロに持っていく努力は諦めて、何らかの期待はずれのケースがある、予測不能なケースがあるくらいの感覚で、入社すればちょうど良いだろうと感じます。

思ってた通り、あるいは期待以上のケースであればラッキー位に考えると心理的に楽になりれます。

個々の会社の人事部長クラスに話を聞いても、入社してざっくり30日・60日・90日程のひと区切りで50代の転職者がガッカリしていないだろうか、きちんと気にかけていると話します。

逆に考えると、入社後90日位で、新しい職場にガッカリしてしまう転職者がその位たくさんいる現状があるわけです。

即戦力として転職したケースだと、功績と望まれているのは、職場にそれ相当の改革をもたらすことですよね?

この改革は、社内にいる多くの社員からの協力を得て初めて達成できます。

そうすると、周囲の人からの信頼を手に入れるまでの一定の時間は、いかに能力の高い転職者であっても成果は出ないことになります。この一定の期間は、働いている社員の質やや組織の状態によって異なりますが、平均的に言えば6か月と考えています。

結論から言えば、50代の転職者は6か月の間、相応の結果が出せなくて当然な世界。

それゆえ、最初の6か月は苦しくて当たり前と考え、そこを乗り越える解決策を練っておくことが重要となります。

40代になるまで5回転職した私は、人事担当者に社内で影響力のある社員を紹介してもらう方法を繰り返し実行してきました。

そこそこ影響力のある社員に、組織文化の特色、組織回しや根回しのコツ、職場の人間関係、派閥など探り合わずぶっちゃけ聞いてしまうのが狙いですね。

50代は転職後に後悔しないよう準備しておくべきです

433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

基本的に我々中高年は、今日に至る迄の経験を評価され即戦力で新たな職場に採用されることになります。

今日まで役割を果たしてきた職歴を十二分に発揮することができるのなら、入社する50代も多いことでしょう。 繰り返しになりますが、入社しないとハッキリしない職場の雰囲気や慣習はどうすることもできません。

強烈なパワハラやモラハラ、想像以上のサービス残業、宗教の強制的な勧誘があれば、速攻で身を引くべき。

何度転職しても、理想と現実のギャップがゼロになることはありませんが、この先10年20年と我慢し続けられますか?

こういうケースの場合、すでに心理的に追い込まれていきますね。100通単位で履歴書類を送り続け、初めて手にした内定をいう夢の切符。

50代の転職活動が、こんなにも辛いと思っていなかったから何があってもこれが最後の転職にしよう。

50代転職の激戦を乗り越えることが出来たのだから、この先どんな苦難もやり過ごしていけるとの覚悟で入社したはずですよね?

だったとしても、身体共にズタボロな状態で、再び幸せを掴むための転職活動ができますか?私のように、ストレスや疲労が限度に達したら、転職サイトに登録する気力さえ起きません。

40代で転職先に馴染めなかった管理人から一言

ですから50代の転職者は、短期離職に備え転職サイトに登録し、あなたの市場価値や需要を常に理解しておくべき。

興味がある求人情報を把握しておくだけでも、イザとなれば転職の次の一手が増えストレスや疲労が限界に達して立ち上がれなくなる前に、転職の次の手が打てるようになる。

基本的に、転職サイトは無料で登録できますし、あなたの希望条件に近い求人や、あなた自身の職歴と合致した新規の求人がメールで届くシステム。

試用期間で時間がなくても、送られてきたメールをスマホでチェックするだけだから、簡単じゃないですか?

転職サイトに登録しても、ウザいオファーが少々送られて来るだけで、その他は最新の業界情報を送ってくれるんだから得にしかならない。

それだけでなく、いまどきの転職サイトは性格診断や自己分析ツールが充実していて、使わない手はないですよ。

さらに、職務履歴書をWEB上に登録しておけば、思わぬ企業から面接確約のプライベートオファーを貰えることだって珍しくありません。

もうハローワークの窓口で、50代のあなたには市場価値がないから紹介できる求人はないなんて辛辣なことを言われても、第三者的立場で市場価値を把握していれば精神的ダメージを受けることもありません。

リクナビNEXTは、言わば50代転職の最後の砦と言って過言ではありませんよ。

当サイトいち押し!
無料で利用できるリクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら 433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由

50代が転職後90日で現実を目の前に後悔する理由

最後に要点をまとめておきますので参考にしてください。

  • 50代は職場に馴染むため努力を怠らない
  • 50代が根回しのコツを把握する努力も重要
  • 可能な限り事前に企業文化を調べておく
  • 理想と現実のギャップがゼロになることはない
  • 50代の多くが最初の90日で絶望している

是非、今回の記事を参考に転職を進めてくださいね。

当サイトいち押し!
無料で利用できるリクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら 433825 50代のほとんどが転職後90日で厳しい現実を目の前に後悔する理由
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう