50代は選考を突破するため志望動機はできるだけ具体的に書くべし

採用過程では様々なハードルを乗り越えなければなりませんが、志望動機ほど難易度の高いものはありませんよね?

志望動機と転職理由、強み・弱みは、50代転職における最大の難所。中でも、強みとは違い自分で100%作文しなければならず、苦手意識を持っている人が多い。

もちろん、私も志望動機は死ぬほど嫌いです。

それもそのはず、別に御社が好きでタマラナイわけじゃない。

たまたま、雰囲気や待遇がよさげだったに過ぎないんですから。あれこれ考えるのは辛いので、いっそ希望通りの人物になりきってみましょう。

50代が志望動機を聞かれる理由はなぜ当社を選んだか

昨日まで知らなかった相手でも「あなたが好きでタマラナイ理由」を創作しなければ、採用されることは難しいんですよね。

30代の頃までは、転職攻略本通りの志望動機を並べ立ててた私ですが、総務職について志望動機の重要性に気づかされました。

強みや転職理由もさることながら、転職者にとって最も難易度の高い志望動機は確実に合否に影響します。

志望動機が薄っぺらいと、何というか「本当にこの人は入社を希望しているのか?」と疑ってしまいます。

強みや転職理由は、過去のあなたを振り返ることで書けますし面接でも自信を持ってアピールできます。ですが、志望動機はどちらかと言えば、入社した未来のあなたベースを基準に作文しますから、曖昧になるんです。

曖昧だから、自信なく弱弱しいアピールになる50代が多いのですが、ここは堂々と行くべき。過去のあなた部分は、グッドポイント診断で5つの強みを作れますから安心感があります。

しかし残念なことに、未来のあなたを予測するツールはどこにもありません。

システム任せにして手を抜くことができませんから、辛い作業になるんですよね。

全て丸投げで志望動機を一緒に考えてくれるキャリアコンサルトに出会えれば、幸運ですが、50代で登録できる転職エージェントはJACリクルートメントだけです。

ところで、志望動機は何故それほど重要視されるかご存じですか?

50代が志望動機を伝える理由は採用されるためですし、企業にとっては何故うちの会社を選んだのか聞きたいだけ。非常にシンプルなんですが、聞きたいのは「他の会社じゃなくて、何故うちの会社なの?」って本音が聞きたいわけです。

「他社に比べて待遇が良さそうだった」「御社の理念に共感した」って20代30代が答える回答をしているようでは、50代は採用されません。

中途採用者は、これまで培ってきたキャリアを生かすことが大前提ですから、転職することでどう活躍してどう貢献できるかを具体的に猛アピールすべきなのです。

50代がなぜ当社を選んだのか答えるには情報収集が必要

転職は恋愛に例えられることが多いんですよね。

好きな子ができれば、相手の素性を調べたくなりますよね?転職も同じで、ホームページや口コミサイト、転職エージェントから可能な限り情報を引き出すべきなんですよ。

口コミサイトは多少湾曲した内容になっている場合がありますが、ホームページには、企業の代表者・沿革・事業内容や理念など、ありとあらゆる好きポイントが収集できるため重宝できる。

例えば、生活用品を製造している企業なら「実際使ってみてどうだったか」を猛アピール。

間違っても、使いもしないのにネット上の口コミ情報だけで「御社の製品を使ってみて良かった」って語るのはNGです。私たち面接官もバカじゃない。ウソは速攻で見破れますから、下手なウソをつくのならアピールはしないほうがマシ。

面接の場でウソを並びたてられると、お互い険悪なムードになりますよ?

せめてやるなら、実際商品を手に取ったり、運営している事業所に足を運んでサービスを受けて、そのうえでどうこう言うべき。

でもやっぱり、ネット上に落ちている表面的な情報を頼りに作った志望動機は、なんというか薄っぺらく感じてしまいます。「御社の理念に共感した」と同じぐらい薄っぺらく感じるのは、「御社の社会貢献する様に心動かされて」。

まっとうな日本企業であれば社会貢献してますから、「前職では社会貢献していなかったのですか?」って嫌みのひとつも言いたくなります。

50代が落とされる代表的な志望動機は抽象的すぎる内容

前職よりも待遇が良かった、御社の理念に共感した、初心に戻る気持ち学んでいきたいは、50代が落とされる3大志望動機。

職務履歴書類にこういう志望動機が書かれていると、そもそも書類選考には通りません。面接で多いのが、「何か最後に言い残したことはありませんか?」の段階で、「初心に戻ったつもりで」と出てしまう方。

ここまで完璧に進んできてイイ感じだったのに、「あちゃー」って思ってしまうわけです。ですから、無意識のうちに「初心に戻るつもり」と出てしまう転職者は早急に癖を直すべき。

メチャンコ損してますよ?

50代未経験で就ける職種であっても同じです。強引にでも前職との共通点を見つけ出して、そこを猛烈アピールすべき。

前職よりも待遇が良かった

パートやアルバイトであれば、時給が良かった、待遇が良かったと正直に答えても問題ありません。

しかし、正社員の採用において待遇系の話題を転職者自ら出すのは、自殺行為です。

正直な話、理念や社長の人柄なんて待遇に比べれば二の次ですが、面接官から聞かれたら答えるスタイルに留めておくべき。

もっと言うなら面接官から「いくらを希望しますか?」とフェイントをかけられても、「御社に規定に従います」で通すべきです。

間違っても手取りで42万欲しいなど、本音を口走ってはなりません。

待遇の話は、内定をもらった後でどうにでもなります。

面接の場では、とにかく内定をもらうことだけ考えて挑んでください。

御社の理念に共感した

20代30代が多用するのが、「御社の理念に共感した」なんですが、50代が口走ると若年層よりも増して薄っぺらい印象を受けてしまいます。

面接官である我々でさえ、「社の理念に共感すること」は稀ですから、安易な気持ちで共感を使えば、突っ込まれて墓穴を掘るハメになります。

面接官の印象に残したいのであれば、過去の経験や会得したスキルに絡め、具体的にどう共感したのか?自分だったらどこに貢献できるのかをアピールするべきです。

初心に戻るつもりで学びたい

20代30代であれば、育てがいもあるってもんですが、50代に対しては即戦力を求めます。

「学ばせてもらいたい」は、ビジネスの現場で謙虚さをアピールする場合に使いますが、面接の場においては違う意味に取られる危険性が大きいです。自分はそういった意味で言ったのではなくとも、誤解されてしまえば元も子もありません。

加えて言うなら、能動的な言い方はどうしても他人事に聞こえます。

家族やパートナーに面接官役になってもらい、悪い癖は早急に直しておくべきですね。

50代が志望動機を伝える態度は重要で堂々と語るべし

50代転職者が重点をおいてアピールすべき志望動機は、これまでの経験で培った強みと応募企業でしかなしえないキャリアの実現です。

面接に進めたなら、書類選考の段階である程度あなたの志望動機や履歴書類に興味がある証拠で、私たち面接官は実際に会って真偽を確かめたいと考えます。

ですから、おどおどせず堂々と履歴書類に書いた志望動機をそのまま答えるだけでいいのです。

面接の場で改めて志望動機を聞くのは、書面では見抜くことができなかった何らかの違和感を肌で感じたいから。

話す様子がどこか弱弱しかったり、話しているうちに話が二転三転するようなら「ひょっとしてこれは空想の話なんじゃないのか?」って疑ってしまいます。

いつも話が二転三転する自覚のある50代転職者は、ストーリーテリングを会得すると上手くいきますよ。志望動機を物語風に作りこんで、自ら転職者という役を演じればいいんですから。

なにより起承転結のあるストーリーは忘れにくく、極度の緊張で頭が真っ白になっても戻ってきやすいですし、面接官に強烈な共感を与えることができます。

ただ、絶対に受かりたいがゆえに別の志望動機を絡めていく50代は、注意が必要ですよ。私たち面接官もただの人ですから、違うストーリーが入り混じると頭が混乱しますし、なにより二つの違うストーリーは印象に残りません。

求められている人物像になりきる

志望動機は、何故うちを選んだのか?を明確にする必要がありますが、あなたが求人広告を発見した時点で、求める人物像は分かっているハズ。

ですから、その人物像を演じ切るのが最も効率的で確実な志望動機になり得ます。

要は、あなたの志望動機を求められている人物像に結び付けるのではなく、求められている人物像にあなたの志望動機を結び付けてしまえばいいのです。

簡単でしょ?

ただ、求められている人物像と、あなた本来の強みや志望動機があまりにもかけ離れている場合、入社後にキツい思いをするので気を付けてください。

これまでの経験がいかに役立つか

面接では、50代がどれだけ貢献してくれるのかがポイントですから、応募企業を志望した動機だけでなく、過去のエピソードを交えつつ自分がどれだけ貢献できるかアピールすべきですね。

志望動機と違い、これまでの経験は過去の事象ベースですから、大いにアピールしまくってください。

ただ、あまり大げさに言ったり、「約束します」などと口走ると入社後にキツい思いをするので、気を付けてください。

書類選考の段階では合格フラグが立っていた転職者でも、志望動機の伝え方を間違ったばかりに不合格になんて洒落にもならない事態が起こり得ます。

オリジナリティあふれる物語

インターネットや書籍などで出回っている50代の志望動機は、基本的にスペックが高い人物像に合わして作成されています。

企業が求める人物ベースではなく、書籍などで紹介されている人物像になりきっての志望動機は違和感があるだけでなく、「どこかで聞いた内容」に聞こえてしまいます。

優等生的をアピールするのであれば最適ですが、心に残りません。

繰り返し言いますが、志望動機・退職理由、強みは実際の体験談をもとにストーリー展開させてください。

所詮面接は、転職者と面接官の化かし合いです。転職者が合格するには、転職者という役を演じ切ればいいだけなのです。

50代は志望動機をできるだけ具体的に書いて選考を突破

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
関連キーワード
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう