未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

50代の転職ではなかなか応募できる求人すら見つけることができませんが、未経験歓迎の文字を見つけるとテンションが上がりますよね?

人手不足が顕著な業界においては未経験者を積極的に採用しますが、だからと言って誰でもいいから採用するのではありません。

言葉に惑わされるとドツボにハマるので、気を付けてくださいね。

未経験者歓迎の言葉の裏に隠された本音を読み解けば、応募に際して注意しなければならない点やポイントが見えてきます。

未経験者可の真の意味を理解できれば50代でも攻略可能

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

ハローワークや転職サイトでよく見かける「未経験可」「未経験歓迎」

特に人手不足が顕著な介護業界や運輸業界では、経験者だけでなく業界未経験者をも歓迎している企業が多いので、50代であっても十分キャリアチェンジは可能。

しかし、「未経験可」と謳っておきながら書類選考すら通らないと嘆いている50代が多く、何か勘違いしているのではないかと思います。

未経験歓迎の求人に応募しても手ごたえがないと感じる50代の多くが、未経験=全くの未経験でOK・何もアピールしなくてもいいと勘違いしているのは残念ですね。

ではどんなことに気を付ければ、50代でも未経験歓迎な職種でも採用されるのか?見ていきましょう。

誰でもいいわけではない

「未経験可」「未経験歓迎」は、職種に関連するある程度の知識やスキルがあれば、業界未経験でも応募は可能って意味合いです。

しかも、未経験者でも応募していいしけど、応募者の中には当然経験者がいるし、経験者が応募してきたらそっちを優遇するよってのが本当のところ。

「未経験可」がついている求人だから簡単だろう倍率が低いだろうと考える人は、結構な確率いるので気を付けてくださいね。

医師や看護師、パイロットなどの特殊な職業は別として、会社員をやっていれば応用できる職種は非常に多いので、基本的にどんな業界や職種へも転向は可能です。

誰でもいい求人も存在する

もちろん本当の意味で誰でも応募可能な「未経験歓迎」な求人がありますが、単なるマンパワーを必要とした仕事なので50代には全くお勧めできません。

単純な労働力でよい作業員や、製造ライン工は、基本的にマニュアルが完備されているので自分で考える必要は一切なく楽な仕事で単に稼ぐにはもってこい。

しかし、ベースアップはほぼ見込めないので長期間働くにはキツいかもしれません。

また、社名を隠したブラック企業も高めの条件を掲げカモになる50代の未経験者を募集しているので注意してください。

企業が未経験者を募集する背景は採用リスクを下げるため

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

欠員補充を行う場合、即戦力として活躍してくれる人員が集まれば、経験がなく無駄に給料が高い中高年を採用する必要はありませんよね?

総務・人事・経理などの事務職は老若男女問わず常に人気の職種。

いったん事務職に就いてしまえば、いくらでも潰しが効き、欠員が出ることも稀なので、わざわざ未経験者に枠を広げて募集する必要もありません。

一方で、介護職や接客職は絶えず未経験者を含め募集をかけていますが、単に人材が不足してるって理由だけで採用されるのでもありません。

積極的に採用するのは何故なのか?順番に見ていきましょう。

採用枠が広がりリスクが下がる

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

経験者に限定して採用する場合に比べて、内定辞退のリスク回避率が高まります。

経験を積んだ人だけを募集する場合と比較して、未経験者を含めた募集をかける場合、当然応募してくる人材が増えますよね?

私達採用者にとって、応募者が増えれば応募者人数が広がり、多数の候補者の中から優秀な人材を選ぶことができるメリットが生まれ、転職者にとってもこれまで経験してこなかった新しい業界・職種での活躍の場が広がるメリットが考えられます。

ある意味Win-Winな関係です。

ただ、未経験者と一言でくくっても、

  • 業界未経験者
    職種は同じでも異なる業界へ転職する人
    40代・50代が中心
  • 職種未経験者
    業界は同じでも異なる職種にキャリアチェンジする人
    20代・30代が中心
  • 全くの未経験者
    業界も職種も異なるキャリアチェンジをする人
    20代・30代が中心

を意味する「未経験」があり、それぞれ難易度が異なります。

このように「未経験歓迎」と書かれていても、業界や職種によって求めてられている未経験者の度合いが異なるので注意が必要ですね。

意欲・熱意

経験者に比べ、一から教育しなければならず一人前に活躍するまでに時間を要するのが、未経験者を採用するリスクと言われていました。

しかし、意欲や熱意をもって業界にやってきた人のが多くが、新しい職場に適応してドンドン活躍の場を広げているのが現状。

それだけ業界や職種に対する強い憧れや熱意は、人を知識やスキルを貪欲に吸収する姿勢へと駆り立て、下手をすれば1年もしないうちにプロパー社員を追い抜く能力や適性を発揮してしまうケースも珍しくありません。

ただし、未経験で採用される場合に、「意欲や熱意をドンドン発揮してほしい」と面接で言われることもありますが、言葉通りに受け止めて出過ぎないようにしてくださいね。

後から入ってきた人間に評価を奪われると、人間どうしても妬んでしまう生き物です。

ましてや、その新人が未経験者だったら…

あまりプロパー社員を刺激しすぎると、職場に居づらくなってしまいます。

柔軟性・斬新なアイデア

経験者ばかりの職場では考えが凝り固まり新しいアイデアが出ない傾向にあるので、異業界から積極的に新しい人材を採用する企業もあります。

未経験であっても自社の社風に合った柔軟性がある50代が欲しいというのが、採用する側のホンネ。

50代であれば、営業職であれ事務職であれ、社会のルールやマナー、長いサラリーマン生活で培った経験とスキルが身についているので、どこの業界に行っても武器になります。

また、未経験者だからこそ、既存の業界の慣習や先入観にとらわれない発想で問題を解決に導けることだってあります。

私もリストラされ、長年慣れ親しんだ製造業界から介護医療業界へ未経験転職を成し遂げた際、やはり既存のやり方を変えたかった、他業界のやり方を取り入れて欲しい熱望されてのことでした。

ただし、意欲や熱意と同じく出過ぎたマネはプロパー社員を刺激します。

焦らず慎重に行きましょう!

未経験で転職するならまずは専門のエージェントを使おう

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

50代が未経験の業界や職種に転向するのは、あくまで本命の業界・職種で頑張ってもダメだった時と考えてください。

ハローワークや転職サイトで「未経験可」や「未経験歓迎」の記載がある求人は簡単に見つかりますが、50代が応募できるのは単にマンパワーを必要とする作業員系求人ばかり。

誰でも簡単に見つけられる公開求人は、待遇に問題があるものが多いので特に注意が必要ですね。

ただでさえ50代は足元を見られるのに、未経験という不利な条件が加わればどういう結果になるのか容易に予測できるハズ。

私達が応募すべきは、経験済みの場合と同様に、一般的に表には現れない転職エージェントが持っている、いわゆる非公開求人。

常識で考えれば、「未経験者を相手するエージェントがあるものか!」と怒り出す人がいらっしゃいますが、転職で思い込みや先入観は致命的なものになりますよ?

業界にもよりますが、未経験者をもサポートしてくれる専門の転職エージェントが続々と登場しています。

未経験者が抱える不安や悩みだけでなく、どういう職務経験やスキルをアピールすれば効果的なのか?業界や職種ごとに教えてくれるので、使わない手はありませんよね?

介護職を目指すならきらケア

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

きらケア介護求人は介護業界に特化した「人間関係」を重視する面白い趣向の転職エージェント

未経験でも応募できる求人を常時4,000件以上保有しているだけでなく、5万円ほどかかる「介護職員初任者研修」の取得支援をしてくれます。

未経験・無資格で介護業界を目指すならおススメです!

当サイトいち押し!
未経験の転職活動を全面的に支援してくれるきらケア

タクシー業界を目指すならタクQ

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

タクQはタクシードライバーに特化した業界最古参の転職エージェント。

未経験者はもちろんのこと、50代女性でも相談に乗ってくれます。

当サイトいち押し!
就職祝い金最大40万円は魅力的タクQ

工場作業員を目指すなら工場ワークス

13682968 未経験歓迎の本当の意味を読み解く!必要なのは培った職務経験と意欲

工場には50代の未経験者がチャレンジできる仕事があります。

介護職やタクシードライバーと違い、キャリアパスがハッキリしない工場の求人ですが、フォークリフト運転技能や危険物取扱を持っていると意外に優遇され、高い月給を目指せる業界です。

実は私も、フォークリフト運転技能や危険物取扱を持っています。

当サイトいち押し!
未経験でも高収入の仕事が探せる工場ワークス

未経験歓迎の本当の意味を読み解き転職を攻略せよまとめ

最後に要点をまとめておきます。

  • 「未経験歓迎」でも誰でも良いわけではない
  • 未経験者を採用する背景は採用リスクの軽減
  • 意欲や熱意、アイデアは効果的なアピール方法
  • まずは未経験者専門のエージェントを頼るのが吉

全くの未経験者が、「未経験者歓迎」求人にチャレンジしても簡単に内定をもらえるのではないことは理解していただけましたよね?

業界の経験がなくとも、仕事を通じて徐々に学んでいけば何の問題もありません。

採用担当者に「一緒に働いてみたい」と思わせるような、自身が貢献できる知識とスキルをアピールするのがコツです。

私も、縁もゆかりもなかった未知の業界でやってこれたのですから。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう