ユニクロでもOK?50代女性が転職面接で損しない服装は清潔感と安心感

面接にどんなスーツを着ていけばいいのか迷っている女性は多いですよね?

正直な話、男なら紺のスーツを着て行けばOKですが、女性の場合いつもの癖でついついオシャレに力を入れ過ぎて失敗…面接あるあるですよね。

私達は「人間見た目じゃない」と教えられてきましたが、本音レベルで言えば第一印象はメチャメチャ重要。

しかも、最初の5分で勝負は決まっています。

50代女性が面接で気を付けるのはオシャレ度ではなく、清潔感とギャップを与えない安心感です。

50代女性は面接で服装のギャップを与えないよう心掛け

面接で着用するスーツは、いわば制服です。

そう考えれば、オシャレする必要はさほど感じられませんよね?

しかも、好印象を与えられるか否かは、加点方式ではなく減点方式でどんどんポイントが減っていく形。

20代や30代女性なら、可愛らしさやオシャレさは重要かもしれませんが、50代に求められるのは即戦力であり実力。

実績やスキルは見事なのに、第一印象で受けた印象にどことなく違和感を感じる。

そう、転職活動が忙しいのかスーツがヨレヨレだったり、袖が汚れていたり、多いのが体型を隠そうと体に合っていないブカブカなサイズを着用する50代。

内面やポータブルスキルがしっかりしている人物ほど、ギャップを感じ、そこに目が行きがち。

他にもスカートやパンツの丈が長かったり短かったり、面接の場で高級ブランドのカバンや腕時計を披露してと…ここはマウンティングの場じゃなくてビジネスシーンですよと言ってあげたいこともあります。

50代が転職活動でアピールすべきは外見ではなく内面ですが、だからと言って安っぽいスーツを着るのもどうかと思います。

私は面接で生地の良しあしまでチェックすることはありませんが、見てる人はちゃんと見ているので怖いです。

(特に女性面接官)

50代女性は面接で着用する上下スーツにまず気を配る

面接に着ていくスーツの基本は、上下揃った2ピースが無難。

次に上下バラバラのジャケットと、スカートかパンツの組み合わせも問題ありませんが、完全にNGなのはリクルートスーツ。

「あなたそれ一体いつ作ったんだよ?」ってツッコみたくなりますが、はち切れんばかりのスーツはギャップどころか違和感あり過ぎます。

他にもNGなのは、誰がどうみても私服で来られる50代。

パートやアルバイトならまだしも、あなた正社員・契約社員としての採用ですよ…

産後で体形が変わっているのを隠そうと、かなりゆったり目のサイズを着用して来る方も多いですが、それって逆効果って知ってましたか?

スーツの選び方・注意点

スーツの形や流行りの色は時代と共にどんどん変化。

転職する都度スーツを買い替えていては大赤字ですが、だからと言って10年20年前に作ったスーツは無理があります。

スカートはタイトかセミタイトがド定番、丈は膝が隠れる程度のものにしてくださいね。

長すぎても短すぎても違和感を感じるので、事前に姿鏡で確認しておきましょう!

結局、皆さんが迷うのは色ですよね?

襟が付いていないもの、派手過ぎるものはもちろん論外ですが、紺かグレー系のパンツスーツは信頼感を与える営業職向き、紺かベージュのスーツはふんわりしたイメージを与える管理部門向け。

ただし、個人的にはベージュは使い方が難しく服負けしている方が多いので、無難にダークカラー系が良いと思います。

ユニクロはダメなのか?

最近よく、UNIQLOのスーツはだめなんですか?って質問が良く来ますが、UNIQLOのスーツでも安っぽい印象を受けることは特にありませんが、気を付けておくことがあるので注意してください。

それは、スーツが与える年齢的なギャップです。

体形が変わって合っていないスーツはもちろんNGですが、セットで19,800円のスーツを50代が着用すると、どこか安っぽいイメージを醸し出します。

年相応って言葉があるように、本気でより良い転職にしたいのであれば、生地のしっかりした質の良いスーツをオーダーメイドすることをお勧めします。

インナーの選び方・注意点

インナーは、シャツでもカットソーでも問題ありませんが、胸元が開いたものや、下を向いた時に胸元から下着がチラ見するものはNGです。

白系の柄なしの無地が無難ですが、クリーム色や淡いベージュで清潔感を与える色合いにしましょうね。

連日の転職活動で、襟元や袖元が汚れている女性をおみかけしますが、男性以上に悪目立ちします。

面接に挑む際は、アイロン済の新品を使うように心がけましょう!

50代女性は面接でストッキングの伝線にも注意しよう

私達男性面接官は、知らず知らずのうちに女性の足元に目をやりがちなので、特に注意が必要な部分が足元やストッキングの伝線です。

「私に限ってないわ!」と高を括っている人ほど、何らかのトラブルで伝線しまくり。

ストッキングの選び方・注意点

ストッキングは無地のベージュが基本。

生脚は言うまでもありませんが、ひょんなことから破れたり伝線するので、予備を忘れずに忍ばせておいてください。

伝線したままのストッキング履いてくるうっかりさんは、いつも急いでいる人なんだろうか?事前にチェックできない人なんだろうか?との印象を受けます。

経歴やスキルが素晴らしいと、余計に悪目立ちしますね。

靴の選び方・注意点

靴は無駄にヒールが高くなく、高さは3センチから5センチぐらいのもの。

もちろんパンプスでもOKです。

キャビンアテンダントもヒールからパンプスに総替えしたように、むしろ最近の傾向として、パンプスが一般化しているのかな?と個人的には思っています。

靴も清潔感あるものを選んでくださいね。

サンダルやブーツっぽい靴はダメですよ!

50代女性は面接で髪型やメイクにも気を配るべし

基本的に髪型は黒ですが、茶色でも許される時代になってきましたね。

前髪が目にかからないぐらいがイイ感じですが、長い髪の場合、目立たないゴムひもでまとめておくといいですね。

メイクに関して、流石にスッピン・ノーメイクはご法度ですが、ナチュラルメイクを心掛ければ問題ありませんね!

繰り返しますが、面接での服装の基本は清潔感。

シンプル・イズ・ザベストを心掛けましょう。

50代女性は面接でカバンや腕時計にも気を配るべし

面接のため身に付けていくアクセサリーや小物選びもポイントのひとつ。

黒のA4カバンや年相応の腕時計は、面接に行くためのある種の制服です。

まず違和感を感じさせるのが、リュックで面接に来られる50代。

私もデイリーユースで軍用リュックを好みますが、「面接にこの格好で行けるか?」と問われると、流石にNOと言わざるを得ません…。

まさかリュックで来たから落とされないだろうと高を括っていると、そこは上手いこと落とされます。

(私も何度か落としました)

かばんや腕時計も、豪華すぎず安っぽ過ぎないものでお越しくださいね。

プラダやエルメスの豪華すぎるカバンは「この人何しに来たのか?」って違和感を感じますし、ロレックスやブルガリの腕時計も妙に手元がキラキラして変な印象。

今一番多いのが、面接に腕時計をはめてこない転職者ですね。

スマホがあるから腕時計をハメない人が増えているからですが、腕時計も立派な面接対策の制服と考えてください。

50代女性は面接で自分の匂いにも十分に気を配るべし

服装や小物類と合わせて、面接に挑む際の自分の匂いについても最大限気を付けてくださいね。

狭い面接室(応接室)では、他人の体臭は結構匂うもの。

加えて、面接時間ギリギリにやってきて、面接が始まった途端、汗がぶわーっと噴き出す転職者がいるのですが、私たちは逃げようがありませんよね?

特に夏は、もちろんクーラーをガンガンにかけていますが、これは毎度ながらキツいですね。

面接の前は余裕を持って現着するのはもちろんのこと、近隣で昼食を食べるならカレーや豚骨ラーメンのような匂いのキツいものは避け、食べたら食べたでトイレなどで歯を磨くことを心掛けてくださいね。

自分の匂いに気付けないのは、圧倒的に男性が多いですが、念のため。

50代女性が転職面接で損しない服装は清潔感と安心感

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

あなたが面接に呼ばれるということは、応募書類で既にあなたに興味があるからです。

ここまで来て絶対に負けられませんよ?

無駄に違和感やギャップを与えて勝負に負けないよう心掛けてください。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう