皆さんは、ワーカーズコープという団体をご存じだろうか?

ワーカーズコープは日本労働者協同組合のことで、働く従業員一人一人が最初に5万円を出資し、全員が経営に責任を持つ事業形態が特徴の組織です。

私がワーカーズコープに興味を抱いたきっかけは、学生時代の卒論で労働問題を研究していた時、京阪神地区の図書館で「 ワーカーズコープは1971年に西宮を拠点に高齢者事業団が発足し、中高年者を主とした失業対策の一環として立ち上がった 」という記事を読んだことが始まりでした。

それがきっかけとなって、全国の失業者の仕事づくりを目指すための事業団が続々と誕生。1979年に団体の前身組織である「 中高年雇用福祉事業団全国協議会 」が作られたという。

転職支援をする中で、色々な方とお会いする機会があるのですが、先日ワーカーズコープに在籍していた由香里さんに直接話を聞くことができたので紹介しようと思います。

50代フリーターとワーカーズコープの出会い

彼女はワーカーズコープに在籍する以前、普通にOLとして働いていました。

しかし、当時の職場での人間関係が最悪で、15年程勤めていたある日、出社しようとすると激しい頭痛と嘔吐に見舞われるようになってしまったといいます。

医者からは適応障害と診断され、退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまったのが運の尽きだと彼女は話す。その後、フルタイムでの勤務は精神的にキツかったので、北海道の実家で暮らしながら6時間程度アルバイトをして暮らしてきました。

ワーカーズコープとの出会いは、求人を見て応募したのではなく、保健師さんから障害者の家族会というものがあるので、出てみないかと誘われたのが始まりでした。

実際に出席してみると、当事者の方々はお互い何も話さず、親だけが世間話をしているというような会合でした。

その後、たまたま役場に用事があり、馴染みの保健師さんに当事者だけの会を作るとみんなで情報交換できるのではないかという話をすると、ちょうど家族会にワーカーズコープの方が来て、計画を進めていっているので一緒に話をしてみないかという運びになりました。

ワーカーズコープの方は、気さくで話しやすく、包み隠さず何でも話せた気がします。

自分が提案したアイデアが事業化して喜ぶ50代

あれよあれよという間に、計画が実行に移され、当事者の会ができあがってしまいました。その後、2年ほど当事者の会を休まず出席していたある日、事業本部のエリアマネージャーの方いらっしゃって、「 S地区にブドウ畑が大量にあって、過疎化で管理する農家がいないので、ワーカーズコープで管理していこうと考えている 」と話していました。

その話の中で、A型事業所を起ち上げたいと考えているので、指導員として一緒に働きませんかというお話をいただき、何の迷いもなしに転職しました。

今まで2年間、当事者の会で頑張って活動してきたことや、自分からいかに楽しい会になるように勤めるように場を盛り上げたり、そうすることにより、私自身、必要とされる人材になれるのではないかというボランティアのような気持ちがありました。

当事者の会に行くと、仕事の愚痴などは一切言わなかったのですが、大きな声でみんなで笑いあうことがあったりと、そういう人間性を買ってくれたのではないかと思います。

いつもワーカーズコープの方が3人当事者の会に来ていましたが、エリアマネージャー以外の方は、解離性障害、難病を持っていました。後で聞いた話になりますが、他の2人は健常者ではない方を、採用していたようです。

50代でワーカーズコープへの転職で心配だったこと

ワーカーズコープに入団したいと思った動機は、やはり、やりがいがありそうな仕事だったことが一番大きかったです。今までは、実家で暮らすほどの給料しかもらえていなかったので、念願の一人暮らしもできるということで、何もためらわずに入団致しました。

ワーカーズコープの仕組みなどは、未だに完璧に説明してくださいと言われても、正確に答えられません。

しかも、5万円の初期投資という言葉は人生初めての経験だったので、不安は多少ありました。

お金以外のことは入団してすぐ、エリアマネージャーが熱心に仕事を与えてくれたので、初めはそれほど不安になることはありませんでした。

まだ、S地区に拠点がないので、それまでは隣町のT地区の拠点で働いてくださいと言われていました。実際働き始めてみると、S地区の職場が1年で出来上がるようには思えませんでした。私は既に岩見沢市で一人暮らしを始めていたので、冬になると吹雪が物凄いのと、とてもT地区まで通うことはできないだろうという心配はありました。

50代フリータが見た!ワーカーズコープの業務

私に与えられたミッションのひとつは、S地区にぶどう畑と畑、拠点となる事務所である家屋を購入し、1から業務を起ち上げ、将来そこの主任指導員になってほしいと言われました。もう1つは、T地区の「 生活就労サポートセンター 」の業務のサポートでした。

4月1日に入社して、その週末に「 東京の本社で研修があるから行きなさい 」とエリアマネージャーに指示され、その時は、研修などは進んで行きたい方だったので、土曜日の朝3時起きに千歳空港に行き、東京へ着いて、帰りも夜で、また一週間が始まるといった、今まで4時間勤務で、8時間勤務や、職場にも慣れていない状況で、とてもハードだったのを覚えています。

T地区での仕事は、あまり、利用者さんが来なかったのですが、古くからの方は、先輩が「 自分がやるから同席しないでくれ 」と言われたり、その先輩が「 あなたはS地区担当者として雇われたのだから、こちらの利用者さんの個人情報は見せられない 」と言われたことがありました。

結局、T地区の業務がどのようなものか把握させてくれることもなく、エリアマネージャーも、週に1度くらいしか顔を出さず、当事者の会のときとガラっと人が変わってしまったような感じに思えました。事務所にはもう一人、電磁波過敏症の女性が働いていましたが、コピー機、電話、レンジの電波で体調を崩し辞めていかれました。その後は常時2人だけの事務所となり激務でした。

I市振興局から、「 利用者がいないと事務所を閉鎖せざるを得ない状況だ 」ということで、チラシ配りも任されました。しかし、関係機関を通してくる方や、チラシ配りも考えて配らないといけないということで、新聞に挟むことと、新聞すらとれない人ほど困っているから団地などに一軒一軒まわって配るなどという仕事もありました。

S地区での業務は、農業をまず自分達で体験することから始めました。S地区にズッキーニを研究している人がいたので、ズッキーニを植えて早朝に収穫しました。ぶどう畑は、ぶどうに詳しい地元の人に力を借りて、一から学びながら手入れをしていきました。

冬の利用者の仕事がないということで、収穫したものの加工の仕事を考えたりもしました。

50代でワーカーズコープに入団して後悔したこと

やはり一番後悔していることは、体調を崩してしまったことです。

まず、農業という経験が全くなかったということと、ズッキーニは私の通勤途中にあったので、独りで毎日炎天下の中収穫してから、事務所に出勤するという毎日が続きました。

T地区の事務所の方は、家庭菜園が趣味で作業も大好きだと言っていたのですが、それは口だけだったようで、「 自分の基準でこのくらいの大きさはまだ採らないでください 」と言うだけ言って後は知らんぷり。

エリアマネージャーに至っては、畑を起こしている段階で、「 自分は農業に向いていない 」と言って、仕事を現場の人たちに丸投げして、ぶどう畑の方には一度も来ませんでした。

ズッキーニの収穫も、一度だけ来て、「 これはキツイ 」と言ってそれ以来まったく来ませんでした。私からすると、ちょっと無責任なのではないかと思いました。ズッキーニだけでなくぶどう畑も全て任されるようになったころ、再び体に異変が訪れました。

もともと偏頭痛持ちだったのですが、畑のことでストレスが溜まったのか、薬も効かなくなり起き上がれなくなってしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、の事務所の先輩に「 しばらく休ませていただきます 」と電話を入れましたがあっさり受け入れられてしまったので驚きました。

体調が戻ることがなかった彼女は、その後正式に退団届を提出したそうです。

ワーカーズコープとの出会から退職までまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

ワーカーズコープに入団して後悔したフリーターの特徴
 転職の動機 : 一緒に働かないかと誘われたから
 転職の手段 : 地域の保健士さんの紹介
 要した期間 : 即日採用
 5万円の初期投資は人生初だったので不安であった
 何のノウハウなしに農業に従事したことは辛かった

ワーカーズコープは元々、中高年の失業対策として立ち上がった組織だけに、我々とは切っても切れない間柄ですが未だ謎多き組織です。働く者一人一人が事業主であるために必要な5万円という出資金。雇用形態が事業主であるがゆえ、労働基準法が適応されず、様々な訴訟も起こっているようです。

転職会議や2chなどの大型掲示板では常に悪評ばかりが目立つ形になっていますが、私は中立的な立場で分析してみたいと考えています。ワーカーズコープで働いていた経験のある方は、是非情報をお寄せくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事