副業の掃除は日給1万円!50代会社員が深夜に続ける理由は人間関係

「職場は面白くないし、給料は下がる一方。何か面白いバイトはないのか」って50代のお父さん諸君は同じ悩みを持っていますよね?

副業でアルバイトをしたくても、職場や税務署にバレたらどうしよう?と怯えて、一歩踏み出す勇気が湧きません。

50代になって体力も衰える一方だから、何か体力を使わず楽して稼げるバイト教えてよ!って声が聞こえてきます。

決して楽な仕事ではありませんが、ハマれば続けられる深夜のアルバイトを紹介しましょう。

それはビルの深夜掃除のアルバイト。

副業の掃除はサラリーマンに人気!50代が見つけた案件

副業の掃除はサラリーマンに人気!50代が見つけた案件

51歳になっても人見知りしてしまう武田さんは、かれこれもう2年以上続けられているから驚きです。

ビルの掃除といっても、モップや掃除機で掃除をするビル掃除ではなく、内部システムの中の埃や油汚れを掃除するアルバイトです。

最初は仲の良い先輩に、本業の給料だけでは厳しい状況だったので、何か良い副業かアルバイトはないものかと紹介されたのが、このビル掃除でした。

私はモップ掃除や床掃除は、嫌いではないので喜んでいたのですが、行って見てビックリ。

システム内部の掃除で、全然、イメージが違って面食らってしまいました。

最初は、予想以上に大変でしたね。

この作業は、三ヶ月に1度や半年に1度、システム内部をクリーニングする企業からの依頼を受けて行う仕事ですから、完全に企業のビルが休みでなければ、仕事が出来ないので、土曜日か日曜日なら、ありがたいのですがメインは平日の深夜でした。

平日の場合は、集まるメンバーは、本業が終わってから向かう人が多く、事前に掃除をする場所の連絡があり現地集合してからの作業となりました。

現地に集合し作業着に着替え10人前後の各チーム分かれ、被り慣れていないヘルメットをかぶり点呼をしてから、各セクションリーダーの朝礼を聞き作業に取り掛かります。

その作業時間は、基本的に全員が掃除を終了するまで帰れません。

また、システム内部の掃除で、完全にシステムを停止した状態で作業を開始するので、その作業開始時間に集まっても直ぐに開始と言う訳にも行かず、かなりの拘束時間を要していました。

副業の掃除は深夜開始で大変だが50代でも日給1万円

副業の掃除は深夜開始で大変だが50代でも日給1万円

大体、多かった時間帯は、夜23時に現地集合、朝4時から5時に作業終了で6時に現地解散の流れ。

でも、時給と言うよりは、日給で1万円を頂いていました。

キャリアがある人は、1万円から1万5千円の幅で頂いている人もいてビックリ。

シンプルな掃除バイトで、場数を踏んで行けば慣れるだろう程度で考えていたのですが、内部システムの掃除で工具をかなり多様しました。

専門用語も多々あったりしました。

油汚れも掃除する為に特殊な掃除薬品を使用。

たまに私も工具を使いますが、車のタイヤ交換や日曜大工レベルで本格的な工具は使った事はありません。

しかしこの掃除バイトは、本格的に工具を使いました。

工具の使用に関しては、物凄く心配でしたね。

私一人ならば、全然、良いのですが、私がこの不慣れな工具の扱いのせいで、チームに迷惑が掛かってしまうと考えると、毎回不安と心配でたまりませんでした。

チームの中には、血の気の多い職人気質の人もいるので、毎回、そういうメンバーと一緒のチームにならない様にと祈るばかり。

大変だった事は、まずは掃除場所です。毎回、1週間から10日前に場所の連絡があります。

私の本業場所は東京なので、出来れば近場がいいなと思っているのですが、この掃除のアルバイトは、首都圏に対応しているので、たまに栃木県だったり千葉県の館山だったりする時があります。

そういう時は、本業を早退したりするので、どっちが本業で、どっちがアルバイトなのか、わからなくなる時があります。

あまりに遠いと、泊まりになる時があります。

さすがに本業を休んでアルバイトは、本末転倒なのでパスをさせて頂く時もありました。

後は拘束時間です。

どんなに作業が掛かっても、日給1万円です。

一回あったのが、土曜日の早朝7時に現地集合をして、夕方には帰れるはずが、システムの都合で、集合して直ぐに作業が出来ず、早朝7時に集合して、作業が始まったのが午前11時。

そして終了したのが、日曜日の朝5時でした。とにかく時間読みが出来ないのが大変でした。

そういう時は、頭に1万円を浮かべて、頑張るしかありませんでした。

でも、良かった事もあります。

日給1万円と決まっているので、平日の22時に集合したのですが、システム不良で、掃除をする場所が、当初の10分の1になってしまい、1時間ほどで終わってしまったことがありました。

それでも日給1万円は頂きました。そういう時は、いつもラッキーと思いますね。

副業の掃除は人間関係が良好でみんなで協力できる職場

副業の掃除は人間関係が良好でみんなで協力できる職場

深夜清掃のアルバイトをやってよかったのは、工具の扱いが異常にうまくなった事ですね。

不器用な私でしたが、怒られながら、緊張しながら、場数を踏みながら、覚えていったので、いつの間に工具の達人になっていました。

あとは人が苦手だった私が、自分から話せる様になった事。

自分から発信しなければ行けなかった環境が、逆に苦手を克服出来るきっかけとなりました。

1日に1万円と言うアルバイトは中々ありません。

中々、無い変わりに、時間を捧げなければなりません。ですから、アルバイトの時間が予想以上に掛かってしまっても、割り切れる人は、このアルバイトには向いています。

また、個人ではなくチームで行う仕事なので、人との交流が苦ではない人は楽しい現場です。

年配の方が多く、人情や話が好きな人が多いので、こちらがオープンにしていれば、短時間で人との距離感が近くなります。

また、人との交流が苦手な人の場合は、こういう中で、苦手意識が克服出来るのではないでしょうか?

本業での職場は大体、年配が多いので接し方も変わっていきます。

若い頃にアルバイトとは違って、ある程度、年齢がいってアルバイトをしている人は、みんな訳有りです。

いつも、明け方のバイト作業が終わり、朝日を見ながら現地解散する形が多いのですが、朝日を見ながらまた本業へ散って行くチームの皆様を見ると、悩んで辛くて、なんで俺ばかりと思っている自分のモヤモヤした気持ちが吹き飛びます。

みんな、いろんな面倒臭いものを背負って生きているんだなと、このアルバイトのお金は、自分へのがんばったご褒美として、お小遣いの時に変わる時もあれば、家族がいれば、その家族に何かうまいものを食べさせてやろうと使う人もいます。

本業で疲れた体にムチを打ってがんばらなければ行けなかったり、拘束時間が長かったり、愚痴を言いたくなる時もありますが、機械的ではない何か人間臭さやチームで作業した達成感の様なものは味わえます。

昔、私の職人の父が若かった私に、「1日1万円を稼ぐのは大変なんだ」と言っていた意味が、このバイトを通じて分かった気がしました。

きっとお金以上に、人間学を学べる場所なので、是非チャレンジしてみてください。

副業の掃除は日給1万円で人間関係が良好で最高まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 日給は1万円、熟練してくればそれ以上になることも…
  • 勤務時間帯は平日の深夜に7時間拘束
  • 50代が集まるアルバイトはみんな訳あり
  • リスト4
  • リスト5

体力:
 気力:
 知力:

ダブルワークしている50代・60代はみんな訳ありですが、基本的に悪い人間はいなかったなぁ。

アルバイト先でコミュニティが出来て飲みに行ったり、夜釣りに行ったり楽しかったですよ。

まずは社会経験と考えて、挑戦してみてはいかがですか?

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう