「 職場は面白くないし、給料は下がる一方。何か面白いバイトはないの? 」って50代のお父さん諸君は同じ悩みを持っていますよね?

副業でアルバイトをしたくても、職場にバレたらどうしよう。税務署にバレたらどうしようと怯えて、一歩踏み出す勇気が湧きませんよね。50代になって体力も衰える一方だから、何か体力を使わず楽して稼げるバイト教えてよ!って声が聞こえてきます。

決して楽な仕事ではありませんが、ハマれば続けられる、深夜のアルバイトを紹介しましょう。それはビルの深夜掃除のアルバイトです。51歳になっても人見知りしてしまう武田さんは、かれこれもう2年以上続けられているというから驚きです。

50代男性が見つけた深夜ビル掃除の副業

ビルの掃除といっても、モップや掃除機で掃除をするビル掃除ではなく、内部システムの中の埃や油汚れを掃除するアルバイトです。

最初は仲の良い先輩に、本業の給料だけでは、厳しい状況だったので、何か良い副業かアルバイトはないものかと紹介されたのが、このビル掃除でした。

私はモップ掃除や床掃除は、嫌いではないので、喜んでいたのですが、行って見てビックリしてしまいました。システム内部の掃除と言う事で、全然、イメージが違って面食らってしまいました。最初は、予想以上に大変でした。この作業は、三ヶ月に1度や半年に1度、システム内部をクリーニングする企業からの依頼を受けて行う仕事でした。

ですから、完全に企業のビルが休みでなければ、仕事が出来ないので、土曜日か日曜日なら、ありがたいのですが、メインは、平日の深夜でした。

平日の場合は、集まるメンバーは、本業が終わってから向かう人が多く、事前に掃除をする場所の連絡があり、現地集合してからの作業となりました。現地に集合し、作業着に着替え、10人前後の各チーム分かれ、被り慣れていないヘルメットをかぶり、点呼をしてから、各セクションリーダーの朝礼を聞き、作業に取り掛かります。

その作業時間は、基本的に全員が掃除を終了するまで帰れません。また、システム内部の掃除なので、完全にシステムを停止した状態で、作業を開始するので、その作業開始時間に集まっても、直ぐに開始と言う訳にも行かず、かなりの拘束時間を要していました。

深夜開始の清掃の副業は大変だが日給1万円!?

大体、多かった時間帯は、夜23時に現地集合、朝4時から5時に作業終了で6時に現地解散と言う流れでした。

でも、時給と言うよりは、日給で1万円を頂いていました。

キャリアがある人は、1万円から1万5千円の幅で頂いている人もいました。

シンプルな掃除バイトだと思っていたので、場数を踏んで行けば慣れていくだろうと思っていたのですが、内部システムの掃除だったので、まずは工具をかなり多様しました。

そして、専門用語も多々あったりしました。油汚れも掃除する為に特殊な掃除薬品も使用しました。たまに私も工具を使いますが、車のタイヤ交換や日曜大工レベルで、本格的な工具は使った事はありませんでした。しかし、この掃除バイトは、本格的に工具を使いました。

工具の使用に関しては、物凄く心配でした。私一人ならば、全然、良いのですが、私がこの不慣れな工具の扱いのせいで、チームに迷惑が掛かってしまうかもと思うと、毎回、不安と心配でたまりませんでした。

チームの中には、血の気の多い職人気質の人もいるので、毎回、そういうメンバーと一緒のチームにならない様にと祈るばかりでした。

大変だった事は、まずは、掃除場所です。毎回、1週間から10日前に場所の連絡があります。

私の本業場所は東京なので、出来れば近場がいいなと思っているのですが、この掃除のアルバイトは、首都圏に対応しているので、たまに栃木県だったり、千葉県の館山だったりする時があります。

そういう時は、本業を早退したりするので、どっちが本業で、どっちがアルバイトなのか、わからなくなる時があります。あまりに遠いと泊まりになる時があります。さすがに本業を休んでアルバイトは、本末転倒なので、パスをさせて頂く時もありました。

後は拘束時間です。どんなに作業が掛かっても、日給1万円です。

一回あったのが、土曜日の早朝7時に現地集合をして、夕方には帰れると思っていたのですが、システムの都合で、集合して直ぐに作業が出来ず、早朝7時に集合して、作業が始まったのが午前11時。そして終了したのが、日曜日の朝5時でした。とにかく時間読みが出来ないのが大変でした。

そういう時は、頭に1万円を浮かべて、頑張るしかありませんでした。でも良かった事もあります。日給1万円と決まっているので、平日の22時に集合したのですが、システム不良で、掃除をする場所が、当初の10分の1になってしまい。1時間ほどで終わってしまったことがありました。それでも日給1万円は頂きました。そういう時はラッキーといつも思いますね。

清掃の副業はみんな訳あり人間関係は良好

深夜清掃のアルバイトをやってよかったのは。工具の扱いが異常にうまくなった事です。不器用な私でしたが、怒られながら、緊張しながら、場数を踏みながら、覚えていったので、いつの間に工具の達人になっていました。

あとは人が苦手だった私が、自分から話せる様になった事です。自分から発信しなければ行けなかった環境が、逆に苦手を克服出来るきっかけとなりました。

1日に1万円と言うアルバイトは中々ありません。中々、無い変わりに、時間を捧げなければなりません。ですから、アルバイトの時間が、予想以上に掛かってしまっても、割り切れる人は、このアルバイトには向いていると思います。

また、個人ではなくチームで行う仕事なので、人との交流が苦ではない人は楽しい現場だと思います。

年配の方が多く、人情や話が好きな人が多いので、こちらがオープンにしていれば、短時間で人との距離感が近くなります。また、人との交流が苦手な人の場合は、こういう中で、苦手が克服出来ると思います。本業での職場は大体、年配が多いので接し方も変わっていくと思います。若い頃にアルバイトとは違って、ある程度、年齢がいってアルバイトをしている人は、みんな訳有りです。

いつも、明け方のバイト作業が終わり、朝日を見ながら、現地解散する形が多いのですが、朝日を見ながら、また本業へ散って行くチームの皆様を見ると、悩んで、辛くて、なんで俺ばかりと思っている自分のモヤモヤした気持ちが吹き飛びます。

みんな、いろんな面倒臭いものを背負って生きているんだなと、このアルバイトのお金は、自分へのがんばったご褒美として、お小遣いの時に変わる時もあれば、家族がいれば、その家族に何かうまいものを食べさせてやろうと使う人もいます。

本業で疲れた体にムチを打ってがんばらなければ行けなかったり、拘束時間が長かったり、愚痴を言いたくなる時もありますが、機械的ではない、何か人間臭さやチームで作業した達成感の様なものは味わえます。

昔、私の職人の父が若かった私に、「 1日1万円を稼ぐと言うのは大変なんだ 」と言っていた意味が、このバイトを通じてわかったりもしました。きっとお金以上に、人間学を学べる場所じゃないかと思います。

50代リーマンがビル掃除の副業を続ける理由まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  日給は1万円、熟練してくればそれ以上になることも…
  勤務時間帯は平日の深夜に7時間拘束
  50代が集まるアルバイトはみんな訳あり
 体力:
 気力:
 知力:

ダブルワークしている50代・60代はみんな訳ありですが、基本的に悪い人間はいなかったなぁ。アルバイト先でコミュニティが出来て飲みに行ったり、夜釣りに行ったり楽しかったですよ。まずは社会経験と考えて、挑戦してみてはいかがですか?


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事