「 どうやったら嫌な思いをせずに転職活動すればいいのか分からない 」と悩んでばかりいて、行動することができず二の足を踏んでいる中高年は驚くほど多いです。

転職という人生の一大イベントを踏み出すために、誰もが失敗することなく、傷つくことなく前に進みたいと願うのは人間の本能だろうか。しかし、40代ともなれば、痛みなしで前に進むことができないのが現実です。

皆さんも「 35歳限界説 」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。2007年に求人時の年齢制限を原則禁止とする雇用対策法案が施行されるまでは、「 35歳位まで 」の求人募集が大半を占めていて、35歳を過ぎてしまうと求人が一気に減少したことから発祥した言葉です。

40歳代以降の転職が難しいのは事実

この時代の法律改正により、建前として年齢が原因で応募がきでいないケースは少なくなりましたが、それでも依然として35歳までの応募者を優先して採用する傾向は続いています。

転職市場において、35歳代・40歳代・45歳代・50歳代という5年ごとに大きな変化が起きています。「 35歳限界説 」が示すとおり、35歳代は大きな分岐点で、転職することで年収が上昇する割合が極端に低下し始めてしまします。

この転職市場の変化は、景気の変動はもちろんのこと、業界や職種により微妙に異なるため注意が必要です。

また、35歳代からの転職者が採用されるためには、以下のようなマイナス要因があることを常に自覚したうえで、転職活動に臨まなくてはなりません。

  • 高い給与
    20歳代や30歳代前半の応募者は、実務経験が乏しく即戦力とはなりませんが、自社で教育して経験を積ませることで戦力となっていきます。年功序列型の日本社会においては、年収も35歳代以降の転職者よりも安い賃金で雇用できてしまいます。

    それ故、どれだけ仕事ができる中高年であっても、実力を把握できない段階で慎重になってしまう傾向にあります。

  • 保守的な態度
    一般的に、35歳代以降の転職者は、新しい環境に馴染んで意欲的に溶け込もうとする姿勢が弱いとされています。日本社会において、中高年は保守的で、柔軟な発想に乏しいというイメージは拭い去ることが難しいと言えます。
  • 人間関係
    35歳代以降の転職者であっても、入社すれば新入社員です。上司となる現職社員が、転職者よりも若いなんてケースも珍しくありません。このような状況において、転職者自身何ら問題がないと考えていても、受け入れ側にとって「 扱いにくそう 」と判断されれば、採用に至ることは難しいでしょう。

転職せずに配置転換を申し出る勇気も必要

リーマンショック以降、企業は即戦力で使える中高年の採用を加速させてきましたが、我々中高年はその波になかなか乗ることができませんでした。しかし、ここ数年の有効求人倍率の上昇ぶりを見て、ようやく転職者側の転職意欲も高まり始めました。

このチャンスに便乗して、転職を検討している人にとって、よい兆しが見え始めています。しかしながら「 本来ならば転職する予定でもない40歳代 」がこの求人バブルに麻痺してしまい転職に踏み切ってしまうのは、非常に危険な行為と言えます。

一貫したキャリアを積み上げることは、確かに大切なことですが、残念ながら転職は、企業側にカードを切る権利があります。「 年齢 」と「 転職回数 」にこだわる日本の企業風土がある限り、それを転職者側が覆すことはほぼ不可能と言えます。

結果的に、35歳代を超えてから更に「 キャリア 」を積み上げたいという理由で転職する行為は、それ相応のリスクが付いてくるということを理解しておいてください。

だからこそ、この転職は自分にとって本当に必要なものかじっくり考えるとともに、人事部に申し出て配置転換をリクエストしてみるという選択肢も視野に入れておくべきでしょう。

転職で失敗してしまう人とそうでない人の違い

残念なことに、転職市場において「 採用される人 」と「 採用されない人 」の違いは歴然です。これは仕事ができるできない、転職回数が多い少ないということとは、少し観点がズレていますので注意してください。

採用され続ける人の特徴を3つあげておきます。

  1. 企業側に立って書類や面接に対応できる人
    これまでの経験を積極的にアピールするだけでなく、企業が求めている人材について深く考えることができる人であること。空気を読めず自己主張ばかりする傾向がある人が、採用されることはありません。

    採用される人は、求められている人材を確認しながら、自分の職務経験の強みをフレキシブルに変化させ、アピールしていきます。自分に有利なアピールをするばかりではなく、企業の立場になって回答するから好意を持たれます。

  2. 転職市場価値を知っている人
    基本的に、40歳代以降の転職は、短期間で即戦力となる人材であることが前提ですので、原則としてこれまでの経験の中の強みとして自分の市場価値を分析するべきです。

    市場価値を知る方法は、転職サイトやハローワークで実際の応募状況を確認してみるのが手っ取り早い方法です。自分が希望する希望職種の求人要項を見ることで、給与や労働条件をチェックできます。前職と比べ提示されている年収が低い場合、今より高い年収を希望しても採用される可能性は低いでしょう。

  3. 前職までに築いたプライドを捨られる人
    転職は新たな人生を切り開く第一歩です。前職までに積み上げてきた実績が評価されて、自慢できる年収やポジションであったかもしれません。でも、転職ではあなたがまだ貢献していない企業に入社し実績を積み上げていかねば評価されません。

    「 前職で私は本部長だった 」と威張ってる転職者がいらっしゃいますが、中途入社すればただの新入社員。残念ながら、肩書など会社を辞めれば大した意味などありません。

転職で成功する人の3つの特徴

会社を退職して、いざ転職活動をしてみると、「 応募条件は満たしているはずなのに書類選考を通過できない 」とか「 そもそも応募できる求人がない 」という40歳代転職者の悲痛な叫びが聞こえていきます。これらの背景には採用時に年齢を過剰というほどに重視してしまう日本特有の雇用体制が邪魔をしています。

逆に、仕事を探す人間として、どのように考えればその障害を取り除けるのか考えてみましょう。

  • 応募条件はあくまで最低条件
    求人情報に書かれている「 職歴 」「 業務経験 」「 資格 」などは、採用側からすると必要最低限のハードルでしかありません。それ故に、決してその条件に当てはまるからといって、書類選考を通過できる訳ではないことを覚えておいてください。

  • 求人にはライバルが必ずいる
    1件の求人に対して、30人以上のライバルが存在するという事実を理解しておきましょう。ライバル数は業界や職種によって大きく異なってきますが、基本的にプレイヤーはライバルが少なく、マネージャーであればライバルが多くなる傾向にあります。

    また、一般的に見て正社員に限定されがちな、総務・人事・経理・広報などは募集が集中する傾向にあります。人材銀行(2017年3月末で閉鎖)経由で応募した総務人事職のマネージャー職には、「 既に100名以上の応募がありますが、本当に応募しますか? 」と言われてしまったことがあります。それぐらい人気であり狭き門と言えます。

  • これまでの経験にとらわれ過ぎない
    日本の転職市場には、同業同種での移動が7割を超えているという特徴があります。応募する職種での経験がないに越したことがありません。しかし、採用側から見た場合、過去の経験は同じ業界や職種に限定しているわけではありません。

    同僚や上司と協力していける姿勢、職場の問題を解決することができる解決力、何歳になっても向上心をもって学び続けられる意欲を評価されます。

    ですから、最初から金属メーカーの総務職などと絞り込んで転職活動を行うのではなく、求人を浅く広くサーチし、少しでも多く接点を持つことで、この先20数年自分が生き生きと働き続けることができる天職を見つるべきです。

転職市場価値は需要と供給の割合

当然のことですが、必要としながら該当する人材が少なければ、好待遇でも採用しようとするバイアスがかかりますし、募集をすれば低い賃金でも採用できる場合は、転職市場価値は下がります。転職においてミスマッチが起きる最大の原因が「 職種ごとに異なる機需要と供給のバランス 」にあると言えます。

つまり、転職者が「 どの職種 」で探すか絞った時点で、転職成功の難易度が確定することになります。これを需要と供給のバランスや、仕事の性質で分けると、大きく4つに分類にすることができます。

一般プレイヤー( 倉庫作業員、販売員、警備員、ドライバー、介護職員 )
パート・アルバイトも含め、最も求人数が多い。

業務パターンがシンプルで基本的に誰でもできる仕事が多い。業務が生み出す利益は低く、それに連動して給与水準も比較的低い。

 

コントラクトプレイヤー( 住宅の営業、金融サービスの営業 )
個人レベルで売上げる成果が重要視される高付加価値的な職業。

一般的に固定給の比率が低く、成果報酬比率が高い。高いノルマを課されることが多いため求人需要がありながらも、希望者が少なく常に人手不足

ゼネラリスト( 総務、人事、広報、宣伝、課長職 )

最も求職者数が多く、転職難易度が高いのがここ。年齢が上がるほど求人需要が激減するので、転職に失敗して止む無くプレイヤー域に行ってしまう人も多い。私も常にここの住人。

エグゼクティブ( 経営者、CFO、経営コンサルタント )
場合によっては年収2000万円クラスの求人が存在するのがこの領域。ごく一部の中高年しか関わることができない超高付加価値の領域。転職サイトや転職エージェント経由よりも、ヘッドハンティングされる確率が多いのもこの領域の特徴

40歳代未経験でもチャンスがある職種

40歳代未経験でもチャンスがある職種は、一般プレイヤー( 倉庫作業員、販売員、警備員、ドライバー、介護職員 )およびコントラクトプレイヤー( 住宅の営業、金融サービスの営業 )にあたります。

特に、警備員、ドライバー、介護職員は慢性的な人手不足が起こっている職種です。

また、不動産の営業職は、ハイリスクハイリターンで高いノルマを課されることが一般的に言われているイメージですが、当たれば1000万円、2000万円と短期間で昇給できる職種でもあります。

ゼネラリスト( 総務、人事、広報、宣伝、課長職 )は、未経験で受け入れてくれる企業は皆無だと考えてください。

資格スクールでは「 資格を取れば就職に有利 」と宣伝していますが、この領域には一切通用しませんから注意が必要です。

未経験でもまだまだチャンスがある3つの業界

中高年向けの求人案件が、盛り上がりを見せていますが、分析してみると40歳代向けの求人が多い業界とそうでない業界があることに気付きます。転職を真摯に考えるのなら、どういった業界が中高年向けに求人を出しているのか考える必要があります。

  • 建設業
    建設業は2020年の東京オリンピックに向け、関連施設の建設ラッシュが日本全国で始まっています。それゆえ建設業は、これから先、成長と需要といった観点で最もオススメな業界のひとつです。

    オリンピックが終わったからといって建設案件が減少していくことは考えにくく、定年退職者の流出が止まらず人材の需要はこれからもどんどん増えていくと考えられます。

  • 運輸業
    運輸業もドライバーの人材難が深刻な業界のひとつです。タクシー運転手やトラック運転手、バスの運転手が代表的といえます。ドライバーは3K職場の代表格と言われており、荷主からのしわ寄せをモロに受けてしまう職種ですので、なり手がおらず、他の職種への人材の流出が止まらないようです。

    しかし、40歳代から運転手にキャリアチェンジするのは決して遅くなく、むしろ30歳代前半で運転手にキャリアチェンジする人の割合の方が少ないと言えます。

  • 介護業
    介護業界も慢性的な人材不足に悩む業界のひとつです。これからの介護業界では「 2025年問題 」というのが課題となっています。「 2025年問題 」とは団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費などの社会保障費の急増が懸念されている問題です。

    2025年問題に備えるため、地方自治体だけでなく、介護業界全体で人材の確保が急務とされています。慢性的な人材不足を解消するために、外国人介護士の誘致を行うだけでなく、介護ロボットの開発まで行われているのです。

おすすめの記事