事務未経験でも受かってしまった?50代女性のハッタリかましての転職

ずっと同じ仕事をしていると「この先20年30年と続けられる職業なのだろうか?」と不安に駆られることがある。

特にそれが接客業であれば尚更のことな人が多い。

そんな不安を抱いて転職に踏み切った金治さんは、一度も経験したことのないOA事務員への転職を成し遂げた人物。

未経験の職種に挑んだ経緯を聞いてみると「だって最初は、OA操作なんてスマホの操作と同じと思っていた」と意外な言葉が返ってきてで驚いた。

事務未経験でも受かったが50代の転職活動は前途多難

事務未経験でも受かったが50代の転職活動は前途多難

彼女が経験したのは、大型ショッピングモールでのアパレル販売のパートの仕事から、オフィスでのOA事務の仕事への転職。

転職を真剣に考えるようになった動機は、年齢が50代近くになり今後20年安定して働ける仕事に腰を据えたいと考えた。

パートやアルバイトの仕事に、収入面での不満はありませんでしたが、あと何年続けられるか不安はありました。

というのも、同じ職場にも、同じショッピングモールに入っている近くのテナントにも、私より年配の人は少なかったから。

いくら販売や接客の仕事の経験が長いといっても、年齢が50歳代を過ぎると別のテナントへの転職は難しいです。

それに、大型ショッピングモールでの仕事はシフト勤務があるので、体のリズムが狂って体調が悪くなることも増えていました。

遅番は時給が高いので若いころはうれしく思っていましたが、家庭を持ってからは、家族と過ごす時間が短くなるので家族に申し訳ないと感じることも多かったです。

それでもなんとか40代の間はアパレル販売の仕事を続けていましたが、50代という年齢と子供の受験のことを考えた時、もっと家族との時間を大事にしたいと考えました。

そこでハローワークで職業相談を受けたところ、私の希望に合う仕事はOA事務だけど、パソコンを使えないとOA事務の仕事に採用されるのは難しいだろうと言われました。

その後、パソコン操作の職業訓練と、面接トレーニングを受けることにしました。

仕事探しは、ハローワークの求人情報のほかにフリーペーパーも利用。

面接トレーニングを受けていたおかげで、実際の面接でも緊張せずに自信をもって受け答えができ、最初に応募した会社ですんなり採用が決まりました。

事務未経験でも受かったが50代転職活動は未知の世界

事務未経験でも受かったが50代転職活動は未知の世界

転職するにあたって私が希望していた内容は、勤務時間が夕方までで土日は仕事が休みで、それまでと同じくらいの給料がもらえることでした。

でも、それまでアパレル販売の仕事しかやったことがなく、いったいどんな仕事がありどんな準備が必要なのかまったく見当もつきません。

また、実を言うと、小さな会社の事務職への転職をかなり軽く考えていました。

というのはアパレル販売の仕事は、特に大型ショッピングモールに入店しているテナントの場合、けっこう時給が高めです。

それに比べるとOA事務の時給は2割ほど安いので、未経験でも採用されるだろうと甘く考えていたんです。

ところが、ハローワークでOA事務への転職を相談したら、私の経歴ではかなり難しいと言われてショックを受けました。

事務職はまったくの未経験で、パソコンを触ったこともなく年齢は50代。

「採用する側の立場で考えた時、あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれて、答えに詰まりました。

事務未経験でも受かったが私はパソコンもできなかった

事務未経験でも受かったが私はパソコンもできなかった

ハローワークで厳しいことを言われて少し凹みましたが、だからといって将来への不安は消えません。

それに、もっと年齢が上がるにつれてますます転職は不利になります。

「60歳まで続けられる仕事に就きたい!」一心で、職業訓練に臨みました。

私はそれまでパソコンを触ったことはありませんでしたが、スマホはよく使うしアプリにもけっこう詳しいから、パソコン操作なんて簡単に覚えられると、ここでも甘く考えていました。

でも、パソコン操作の職業訓練は、想像とはまったく違いました。

まず、WordやExcelといったOfficeソフトがまったく理解できなくて困りました。

なんとか文字の書き換えぐらいは出来るようになりましたが、分からないことがあまりにも多すぎて、パソコンを触るのが怖くてたまりません。

なにか操作をしていて別の操作をしようとしたときや、画面を閉じたり別のソフトを開く操作もスマホとはまるで違っていました。

自分がどれだけOA事務という仕事をなめていたか思い知らされたし、一日中こんな操作をする仕事はしたくないとも思いました。

また、それまで長年接客の仕事をしていたので、応対には自信がありました。

しかし、電話応対は接客とはまったく違いました。

電話応対の練習では、受話器を取った瞬間、緊張してすぐに言葉が出なかったり、つい友達ことばで話してしまったり。

敬語の使い方が出来ていないと何度も注意されてしまい、電話応対の練習が怖くてたまりませんでした。

事務未経験で受かったが事前にパソコンを覚えて助かった

事務未経験で受かったが事前にパソコンを覚えて助かった

職業訓練はとても辛かったですが、そのおかげで、面接の本番はスムーズに応対することができ、最初に応募した会社に驚くくらいあっさりと採用が決まりました。

初めは慣れない仕事にとても不安。

しかし、同僚や責任者の方が丁寧に仕事を教えてくれたおかげで、慣れないパソコン操作も次第にスムーズにこなせるようになりました。

パソコン操作は、ただ教えてもらうより、実際に仕事をしながら覚える方が、はるかに早く慣れることも実感。

でも、何よりもうれしかったのは、私の希望をほぼ満たしている仕事に就けたこと。

私が希望していた内容は、勤務時間が夕方までで土日は仕事が休みで、それまでと同じくらいの給料がもらえ60代まで働くことが出来き、給料以外は完全にクリアしていました。

欲を言えば、もっと給料が高い仕事を希望していましたが、実際にOA事務の求人を探し始めたら、採用された会社より給料の高い職場は大手企業だけで、しかも採用の条件は大卒以上。

私は高卒なので、その時点で無理でした。

また、それまでとはまったく違う仕事に就いたことで、それまで接したことがないタイプの人と接することが出来た点も良かったですね。

職場の同僚はみんな、パソコン操作にすごく慣れていました。

誰もが私よりも頭が良くて、経験も豊富で私が苦手な電話応対もとても上手でした。

「こんな給料の安い仕事なんか」と軽んじていた自分が、恥ずかしくてたまらなくなりましたね。

同僚には年齢の近い人が多く、だれもが私と同じように、老後への不安や、さまざまな家庭の事情を抱えていて、私の不安な気持ちも当たり前に理解してくれました。

「転職しよう!」と思い立ってから実際に転職できるまで辛いことも沢山あったし半年ほど時間がかかりましたが、決意して本当によかった。

家族と一緒に過ごす時間も増え、子供の受験も無事に終わり、いまはとても穏やかな気持ちです。

事務未経験なのに受かってしまった私の転職活動まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

経験なしで事務職に転職できた50代パートの特徴

  • 転職の動機:将来に不安を感じたから
  • 転職の手段:ハローワーク
  • 要した期間:約7か月
  • 未経験でもハローワークの職業訓練が役に立った
  • 不定期だった販売員時代よりも、家族と過ごす時間が増えた 

私には、OA操作経験がなかった元アパレル店員を、事務員として採用してしまう職場の採用担当官の気が知れませんが、何故か彼女は受かってしまい現在週末はパソコンスクールに通いOfficeを猛勉強中です。

「ハローワークで職業訓練を受けたのが効いた」と彼女は言う。

彼女の何事にも諦めない頑張りが、功を奏したと言わざるを得ない事例でしたね。

皆さんも未経験の職種に挑む場合は、軽い気持ちで臨まず努力を惜しまない覚悟で挑んでください。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう