WEBライターの副業は稼げない代名詞?失敗を繰り返して前に進む方法

「インターネットを使った副業は本当に儲かるわけがない!」と怪しんでいるサラリーマンやOLは実に多いですよね?

酷い人になると、やったこともないのに「あれは詐欺」と公言しちゃってる。

まぁ、インターネットはここ20年程で急速に発展したから、ついて来れない人がいるのも不思議ではないですが…。

副業で、ウェブライターをしている渡辺さん54歳代は、ある種の警鐘を鳴らしている。

彼女が始めた副業は、知人の紹介で始めるようになりました。

知人が街コンイベントの仕事を自営業で行なっており、LINEのタイムラインで自身の運営する街コンサイトの記事を書いてくれる人の求人を出し私がそれを見て応募しました。

WEBライターの副業を始めた理由は金欠だったから

WEBライターの副業を始めた理由は金欠だったから

その後、その知人からは、何人もの自営業をしている社長を紹介してもらう形。

紹介してもらった社長から、色々なライティングの仕事を紹介してもらいました。

ライティングは、給食関係の企業の栄養コラムやナイトワークのコラムなど書きました。

給食関係の企業の栄養コラムに関しては、実はその企業が不祥事を起こしイメージアップのために記事を沢山書かなければならない状況。

しかし、予算がなくなった途中で打ち切られました。

ナイトワークに関しては、水商売の仕事をした事がなく、色々な水商売系の求人サイトを閲覧して、そこのサイトに連載されている記事を参考に書くしかありませんでした。

ただのOLが、水商売の世界を紹介する記事を書くのには無理がありましたが、これも全てライティングの仕事を紹介してほしいが為に引き受けていました。

知人の紹介では、いつまでも激安案件しか落ちて来なかったから、このままではダメだと考えるようになりました。

ライティングの仕事は、求人雑誌には載っていないので求人雑誌ではなく雑誌「spa!」の副業特集でランサーズ・クラウドワークスの存在を知り、ネットで登録してからライティングの副業するようになりました。

時給は換算すると、500円〜8,000円と幅広かったです。

作業する時間帯は、主に仕事が終わって家につく19時〜20時の間に行なっていました。

WEBライターの副業が会社にバレないかめちゃ心配した

WEBライターの副業が会社にバレないかめちゃ心配した

副業で心配だったのは、自分が副業している事が会社にバレる事ですね。

私が勤めていた企業は、副業がダメだったので、ブログやSNSで配信する時も、職場の人にはバレないように最新の注意を払っていました。

一度、私の友人が誤ってFacebookに私の書いた記事を紹介してしまった時は「Facebookで繋がっている職場の人にバレたらどうしよう!」と、冷や汗が出ました。

その為、一時期はSNSの全部のアカウントを鍵をつけたり消したりしていました。

ただ、会社に行った時に、部長が不審な顔をしてこちらをチラチラと何度も見てきたり、挙動不審な態度を取られました。

恐らくですが、ウェブライターの副業がバレたのではないかと推測、部長はその後も黙認していましたし、私もその数ヶ月後に寿退社。

未だに元職場から連絡はありますが、私がウェブライターをしていることは知られていません。

もしかすると、部長はFacebookを毎日チェックしている人なので、私がウェブライターしていることを知っているかもって恐怖感は消えませんね。

職場は辞めたので、このまま部長は誰にも言わないで欲しいですね。

そういう意味では、仕事を辞めてからも顔出しや本名公開が出来ていません。

私の元職場は、噂するとすぐに広まりますし、また今でも元職場からプライベートの電話がかかってくるので専業になった今でも顔出しや本名で思い切ってウェブライターの仕事をするといった事が出来ないのが辛いです。

こういう時、最初から専業でライターだったらいいのにと思う事があります。

しかし、副業だったからこそOL時代の体験談(職場マナーなど)書けるので感謝もしています。

WEBライターの副業でテクニックを独学するのに苦労

WEBライターの副業でテクニックを独学するのに苦労

まず、誰も教えてくれる人がいなかったので独学で勉強するしかありませんでした。

最初に一緒に仕事した街コンイベントを運営する社長は、情報商材を無料でプレゼントしてくれました。

しかし、内容を見た所、胡散臭くて詐欺の匂いがしました。

また、街コンイベントを運営している知人の紹介では安い報酬の仕事しか回って来ず、結局、独り立ちしなければ稼げないとクラウドソーシングをスタート。

街コンイベントを運営している知人はウェブライターの他に合コン屋の仕事や、怪しいビジネスの仕事の勧誘もありました。

私は、好きな仕事で副業をさせてもらっている弱みもあり、知人の紹介の仕事を断ることができずに、やりたくない仕事もやらざるを得ない状況になりました。

合コン屋では、人を一人呼ぶと1,000円の報酬、5人呼べば5,000円の報酬をゲットできます。

しかし、合コン屋の会員にはスタッフの私たちが顔面偏差値をランク付けするんですよね…。

顔の良い人はAランク、悪いとCランク、これは顔だけではなく収入や性格も評価に含まれます。

総合的に、スタッフである私たちがランクづけをして合コンをセッティング。

正直人の評価を私たちが勝手にする事、「あなたにぴったりの人をマッチングしますよ」と言って、こっちの都合で合コンをセッティングする、悪どい商売を行う事に嫌気がさしてしまいました。

また、本業のOLをしながら合コンのセッティングをするのも、大変。

急にドタキャンもありますし、ドタキャンが出たらスタッフの私が責任を持ってもう一人誘わなくてはならない事が超大変でした。

これも、全てウェブライターの仕事をもらう為にやっていました。

WEBライターの副業をする50代は簡単に騙される傾向

WEBライターの副業をする50代は簡単に騙される傾向

まず、簡単に稼げると思わないでほしいこと。

そして、稼げる時が続いても、それが半年以上安定して稼げるかどうかも大切です。

すぐに仕事を辞めてしまう人もいますが、仕事を辞めると国民年金や住民税などの支払いが来ます。

せめて、一年間働かなくてもやっていけるくらいの貯金は必要です。

女性の場合は、寿退社の形で扶養に入るのであれば良いですね。

一人暮らしの場合は、予想以上にお金が出て行くので注意した方がいいですよ。

特に、家賃補助を貰っている人は、意外と今勤めている企業からどれだけ補助を貰っているかに疎い人がいます。

最低限、自分が勤めている企業の福利厚生は、辞める前にはチェックした方が良いです。

また、副業は人の弱みにも付け込まれやすいです。

情報商材も多く、本業がうまく行っていない人ほど買います。

なぜなら一発逆転を狙っているから。

しかし、本業でうまく行っていない人が副業でうまくはずはありませんよね?

特にウェブライターなどネット系の副業は、すでに稼いでいるインフルエンサーたちが更に稼ぐ世界。

インフルエンサー達のカモになると、自分たちがどんどんお金を搾取されるだけで終わります。

大切なのは、自分で色々と仕事してみて失敗と成功を重ねることです。結局、楽にお金を稼ぐ道はありません。

世の中には、「これさえあれば、月収50万!副業で稼げる」といった本や記事が沢山溢れています。

しかし、誰も結局自分自身が体験して学んだことではないので役に立ちません。

本当に役に立つのは、自ら試行錯誤を繰り返してはじめて稼げるようになるし、仕事も安定してきます。

だから、まずは失敗を恐れずにどんどんチャレンジそして華麗に失敗しましょう。

WEBライターの副業はテクニックを学べば今で稼げる

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 時給換算で、500円から8,000円まで様々
  • 本業が終わってから、夜7時から8時頃から始めるスタイル
  • 誰も教えてくれないので、基本的に独学で勉強するしかない
  • ネットの副業は人の弱みにも付け込まれやすいので、細心の注意が必要

体力:
気力:
知力:

「これさえあれば、月収50万!副業で稼げる」といった本や記事はついつい目を惹かれてしまいますが、インターネットの世界でも本業と同じように日々努力しないと、簡単には稼げないようですね。

甘い話には裏がある、皆さんも騙されないように、ネットの世界を渡り歩いていきましょうね。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう