「 すきま時間を有効に使って小銭を稼げたらいいのになぁ 」なんて思っている50代は結構いらっしゃいますよね?

確かに私も片道2時間弱の通勤時間は手持ち無沙汰ですし、ランチ休憩もスマホでニュースばかり見ていますね。そういう細切れ時間を使える副業があれば、私も是非教えてもらいと思っていました。

OLの飯塚さん52歳は、ここ2年程ランサーズというクラウドソーシングで結構な額を稼ぎ出しているというので、実際に話を聞いてみることにしました。

50代OLが見つけたライティングの副業

彼女は2年前に副業で、ランサーズでのライティングを始めました。時給制ではないですが、時給に換算すると、 500円以下だというのです。

時給に換算してしまうとかなり少ないとは思うのですが、自宅にいてこれまでの経験や日頃の知識を使ってできることを考えれば、良い条件ではないかなと思っているそうです

取り組んでいる時間帯は、土日の夜、または平日の朝です。会社は昼から出勤だったり、午前半休だったり不規則なので、空いた時間にできる副業はとても時間を有効に使えるので、助かっています。

また、最近は会社の業績がやや下がっており、雇用調整休なども導入され、ますます空いた時間が増えています。そういった「 すきま時間 」を無意味に過ごすより、学ぶこともあり、頭が鈍ってしまうことも防げて良いと感じています。

Lancersのことを知ったのは、だいぶ前にインターネットでどなたかの副業の記事を読んだ際でした。その時は、自由な時間がない人や、専門知識がない人はなかなか難しいのではないかと思い、詳しく調べる事はありませんでした。ですが、登録だけしておき、もし環境が変わったらやってみようと頭の隅に覚えておりました。

そして、前述のように中途半端な空き時間ができるようになった最近、そういえばと思い出して取り掛かることにしました。まず手始めに、簡単そうなコピーを書いてみました。ですが、簡単そうなどと思ったのは勘違いで、やってみるとこれが結構難しい。仕事で自分が今までやってきたことや知っていることとは違う分野や違うトーンで書かなくてはならない。

しかも、他にたくさんの方が応募していらっしゃって、皆さんが出すアイディアの中で埋没しないようなキラリとと光る言葉を考えるのは、かなりの難関だと気づきました。

案の定、結果は出ず、落選の日々……。これはやっても落ち込むだけではないか、とくじけそうになりました。でもそんな時、ふと見た募集で、ちょっとユニークな考えるのだけでも楽しそうなものがあったのです。私は、いつもより深く考えず、思いつくままに案を出してみました。すると、意外にも評価していただき、初めてお仕事を受注することができました。

やはり、自分が興味を持って主体的に取り組むことが、本業であっても副業であっても大切なんだなと感じた経験でした。採用してくださった方は、これからも頑張ってくださいとコメントしてくださり、その言葉通り私もまた受注できるよう、取り組んでみようと思っています。

50代がライティングの副業で心配だったこと

まず、心配だったのは、家事に支障が出ないかということです。夫婦2人暮らしなのでたいした家事もありませんが、副業始めていくら収入ややりがいが増えたとしても、部屋が散らかったりご飯が作れなかったりすると、本末転倒だなと思いました。また、肩こりや頭痛がひどくなったら、元も子もないなとも思っていました。

実際に始めてみると、案の定、食事作りは前よりさらに手を抜くようになったと白状します。

おかずが一品減ったとか、サラダが手作りじゃないとか、そういったレベルではなく、今日は夕食作れません、なぜなら面白そうな提案があって、締め切りがあと1時間だから。といった、あってはならない本末転倒が既に起こっています。

想定外だったのは、やらなきゃと思って時間が経ってしまうのではなく、面白くなってしまい、後に引けなくなってやり遂げたくなって家事を犠牲にすると言う理由だったことです。

昔から、何か1つのことに凝り始めると集中しすぎて他のことが見えなくなる性質なので、この副業においても悪い癖が出たなと思っています。先日、2日続けて夕食なしにしてしまったことを反省し、少しセーブしようと思っています。

肩こりや頭痛はというと、こちらもやや悪影響ありです。変な体勢でノートパソコンをパチパチとやっていたら、左肩が上がらなくなっていました。明らかにやり過ぎです。単なる四十肩かもしれませんが、やはりやり過ぎは禁物だと、肩を主人に肩を揉ませながら、反省したフリをしています。

50代がライティングの副業で苦労したこと

副業で文章を書くにあたって大変だったのは、長い文章にまとめることです。仕事では、説明文の羅列のようなものが多いので、短くまとめることがあっても、長く膨らませると言う事はあまりないからです。

Lancersでは、1,500字は当たり前、3,000字などもザラです。「 書こうと思えば書けるわ! 」 と思っていたのですが、実際書いてみるとなかなか難しかったです。

また、不動産や教育など、もともと興味がある分野なら大丈夫なのに、美容だったり保険だったり、自分が関心を持っていない分野だと、ぱったりと便を確定が手が止まってしまいます。いかに自分が狭い範囲の興味関心しか抱いていなかったか、知識や教養が足りていなかったかを思い知らされるようで、愕然としましたね。

けれど、楽しいこともあって。「 こんな機会でもなかったら、絶対に調べたり考えたりすることなどなかっただろうな 」と言うようなテーマに触れると、興味がわきます。そして、最初はとっつきづらいと思っていたようなテーマでも、やってみると面白かったり、他に生かせそうだったりと、得るものもありました。

たとえば、カードの事について調べて書いたら、自分のポイントカードが今よりもっと便利に使えると知るなど、日常生活に役立ったことも。また、長文を書く上での文章の組み立てや、表現のバリエーション付けなどが、本業に役立つこともありました。これは、嬉しい相乗効果だと感じています。

最後に、もう一つ身に付いたスキルは、時間をうまく使うということです。仕上げる仕事の質や量についての意識はこれまでもありましたが、そこに、時間をどれだけかけるかと言う観点も加わり、それが本業にも生かせると感じています。

今後ライティングの副業を始める50代へアドバイス

もし、同じような環境で同じような副業をお考えの方には、やはり最初は気負わず自分が興味の持てることを楽しみながらやってみたら良いとアドバイスしたいです。ノルマを決めて、例えば「 今月は50,000円稼ぐぞ 」と鼻息荒く始めるのはあまりオススメできません。

副業はもちろんお金を稼ぐために始めるのでしょうが、あまり気負いすぎて後で失速するよりも、ゆっくりマイペースで始めて、無理なく続けるのが良いと思います。

「 なんでこんなに忙しいんだろう 」、「 寝食を削ってまでやることだろうか 」なんて暗い顔して考えてしまわないように、そこそこのやる気と、そこそこの努力で始めるのがいいと思います。

そして、Lancers歴の浅い私が言うのもなんですが、続けることがやはり大事かなと思います。

本業でも副業でもそうですが、いろんなことをちょこちょこと、始めてはやめ、また探して、と繰り返しているとそれだけで疲れてしまうし、スキルもなかなか身につかないように思います。

ですから、最初から無理なく続けるということを目標にすると、一時的な成功ではなく、結果的にうまくいくのではないでしょうか。

ただし、これもまたおこがましいアドバイスかもしれませんが、本業がまだベテランの域に足していないのであれば、副業は控えたほうがいい、と思います。それは、本業でまだまだ仕事の全体像や自分の課題が見えてない段階で、他のものに手を出してしまうと、結局、本業での自分の立ち位置も、副業の目的もわからなくなってしまうと思うのです。

元も子もない状況にならないように、まずは本業の足場を固めた上で、素行軸にして、視点を変えたり幅を広げたり、時間を有効活用したりするために、副業にチャレンジするのがいいと思います。

もし、本業はそれほど固まってはいないけれど、経済的に副業がしたいということであれば、本業とはまったく違うジャンルに挑戦してみるほうが良い気がします。たとえば、本業がデスクワークなら、副業で身体を動かす仕事、といったように明確な違いを出すのです。そうすれば、気分転換にもなり、出会う人も異なり、使う知識や経験も広がって、相乗効果があるように思います。

偉そうにもうしましたが、私もまだまだ副業をはじめて1年未満。本業に支障が出たりしないよう、マイペースで続けていけたらと思っています。ちなみに今夜もおかずが一品のみとなりました。

50代OLがライティングの副業を紹介まとめ

最後に要点をまとめますので、参考にしてください。

 時給換算は、 500円以下
 空いたスキマ時間を活用
 最初は気負わず、楽しみながらやってみたら長続きする
 もともと興味のある分野であれば、いくらでも書けるし、相応に稼げる
体力:
気力:
知力:

副業をやり始めると、ついつい家事が疎かになってしまうのは、どこの家庭も同じようですね。

夕食のおかずが一品減るのは切ないですが、収入が少しでも増えて週末に夫婦でデートできる時間が増えるとハッピーかもしれませんね。

今流行りのクラウドソーシング、ランサーズで始めてみませんか?色んな依頼があるから、すきま時間で小銭が稼げちゃいますよ!


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事