副業で取材執筆が中心のウエブライターに挑戦!未経験の在宅ワーク談

「記事を書く副業って、誰でも参入できるって雑誌で特集していたけれど本当なの?」と疑問に思っている50代は多いですよね?

私自身、転職支援をする中で、転職エージェントに突撃取材したり競合他社の転職支援会社に取材を申し込んだりしますが、これが意外に大変。

取材交渉して実際に取材して記事入れして手直し等の作業が大変だけれども、自分の記事が初めてネット上にアップされた時の感動は、今でも忘れられません。

須川さん56歳は、取材ライターの副業を始めて10年以上のキャリアを持つ大ベテラン。彼女もまた、色々試行錯誤しながらライターを続けてこられた一人です。

副業でウェブライターを始めた理由はお小遣い欲しさ

副業でウェブライターを始めた理由はお小遣い欲しさ

副業:在宅ライター(取材ライター)
時給:500円以下~
時間帯:自由

経験した職業は在宅のライターで、何回か取材ライティングもありました。

仕事をみつけたのは「@SOHO」って在宅ワークに特化した求人求職サイトです。

仕事の内容は、お寺関係の情報を紹介するサイトで、最初の数年間はお寺のイベントや紅葉や桜の取材をして写真撮影と紹介記事をライティングする仕事。

報酬は写真数枚以上、文字数500文字以上で一件500円くらいでしたが、数年後には1記事2,000円にアップしていただきました。

そのかわり、写真の枚数も記事の文字数も大幅に増えました。

内容については自分で自由に決められますが、アップするサイトの趣旨に合ったものでないと容赦なくボツ。

交通費を含めたの報酬なので、ほぼマイナスでしたね。

ただ、取材そのものと写真を選んだりする作業はとても楽しく、「今後の仕事に発展していくといいな」気持ちで、マイナス覚悟で楽しみながら仕事をさせていただきました。

実際のところは観光気分で、報酬はお茶や食事の一部と考えて納得。

サイトに掲載された記事を見て嬉しい気持ちになったり、自信がついたりもしました。

仕事を始めた当初は、数人の同じ取材ライターがいましたが、ほぼ一年程度で辞めてしまったようで最後は自分ひとりと会社の上司ひとりだけの取材となってしまいました。

あまりアクセス数の多くないサイトで、今でもほそぼそと続いており取材はネタがあった時だけ自己申告でやらせていただいています。

この仕事がきっかけで、取材以外のニュース記事の作成もさせていただけるようになり収入も月5,000円~10,000円くらい頂けるようになりました。

本当はもっと取材をしたいのですが、住んでいる地域にネタになるイベントが少なく思うようにいきません。

作業時間は自分の自由です。

1記事につき、8時間~12時間はかかりましたね。ニュース記事の場合は、1件30分からで500円です。

ネタ探しからはじまるので、もっと時間がかかっているかもしれません。

ウエブライターを始めたが依頼主が信用できるか心配

ウエブライターを始めたが依頼主が信用できるか心配

仕事を見つけたサイト「@SOHO」の仕組みは、あくまでもクライアントと応募者とのやり取りになります。

見えないクライアントを信頼できるかどうかが不安でしたね。

この仕事以前にも、複数の在宅ワークに応募して実際に作業させていただい経験がありました。

当時は幸いにも、悪質なクライアントには出会わず、メールのやり取りレスポンスの良さで信頼できるかどうか判断して、実際に仕事をいただくまでの不安はなかったと言えばウソになります。

そのあとは、実際に仕事ができるのかどうか不安もありました。

パソコンは日常的に使用してはいるものの、専門的なことはほとんどわかっておらずライティングに関しても実際のところはあまり自信がありません。

仕事のやり方もメールだったので、わからない点もメールでのやり取りとなり、時間もかかりました。

あとは、作業に要する時間と報酬のアンバランスを、自分が納得できるかどうか。

取材とニュース記事のライティングに関しては楽しみながら、スキルアップも兼ねてで納得してやっています。

それ以前に経験したライティングはあまりにも単価が低く、自分のスキルでは時間がかかりすぎて、無駄なことをしているか気持ちにさいなまれながら仕事をしていました。

あとは、寝不足や締め切りとの戦いで本業に影響が出ることが心配でした。

副業で始めたウエブライターは未経験の取材執筆に苦労

>副業で始めたウエブライターは未経験の取材執筆に苦労

取材に関しては初めての経験だったので、自分にできるかどうかわからないまま実際に取り掛かかりました。

でも実際にやってみたら、写真の撮影に夢中になれました。

それからは、必要な情報をどん欲にゲットしていたり、いつもなら前に出られないのに積極的に前に出て写真を撮影していたり、やってみたらやれた経験が自信につながりました。

記事執筆と写真の選択も、時間がかかって大変ではありました。

でも何とかまとめて、編集長のきびしい指摘で修正を加えて、実際にサイトにアップされたのを見たときは嬉しい気持ちになれ、自分にもこんなことができたんだと信じられない気持ちと嬉しさでいっぱいになります。

その感動は何度体験しても変わらず、今後の自分の仕事にも何か役に立つのではって実感もありました。

反面、費用に関しては、遠いところでの取材の交通費は自分持ちですし、収入面だけを考えるとやってられない気持ちになることが多いですね。

身についたスキルは、取材記事をほぼ決まった文章構成でまとめていくこととか、写真の撮り方、どういう写真がこういう記事に必要なのか判断がある程度できるようになりました。

対象がお寺に特化されているため、専門用語を調べながら記事を書くのも大変でしたが、少しずつ専門的な知識が身についてきました。

副業でウエブライターを目指すなら悪徳業者に騙されない

副業でウエブライターを目指すなら悪徳業者に騙されない

一言でいえば、楽しむことが全てですね。あとは、将来のために経験を積むのだと、思いながら仕事をすることでしょうか?

お金のためだけと思うと、やっていられません。

できれば、専門的な分野に特化して、知識や情報を深く追求して、将来的にその道の専門家、ライターになれるように頑張るといいのではないでしょうか?

あとは、良いクライアントに出会うことが何より大事かもしれません。見えない場所で会ったことも無い人と仕事をするのですから、気軽にできるよりは、お互いに信頼していないとできない仕事ですね。

仕事を始める前に何度もメールやスカイプでやり取りをして、疑問点や待遇についてしっかり問合せして、お互いに納得してから作業に取り掛かかるべきですね。

後々、言った言ってない状態にならないためにも、書面で契約書を作っておくことも忘れずに。

または、ある程度損を覚悟の上で軽く仕事を始めてみて、この会社ならこの仕事ならと手ごたえがあったら長くお付き合いできるように交渉してみるといいのかもしれません。

あとは、自分にできるだろうか自信が無いなと考え、躊躇して踏みとどまるより、これならできそうかな、できるかどうかわからないけどやってみたいなと思うものがあったら、まずは問合せてみるのがいいですね。

良いクライアントなら、未経験でも丁寧に説明してくれますし、アドバイスもしてくれます。

そういうクライアントさんかどうかも、問い合わせの段階で、だいたいわかって来ます。

いろいろな在宅ワークを経験してみるうちに、コツがつかめてくるのではないでしょうか?

くれぐれも気を付けたいのが、物を買わせたり、有料のセミナーを受けさせようとしたりする悪質なクライアント。

仕事をするのに、こちらがお金を出さなければならない場合は要注意です。そういうクライアントは100%詐欺だと疑ってください。

とはいえ、取材の仕事はこちら側の出費が多いですけどね。

副業で取材執筆が中心のウエブライターに挑戦まとめ

最後に要点をまとめますので、参考にしてくださいね。

  • 時給換算すると、500円以下
  • 空いたスキマ時間をフル活用
  • ライティング技術が上がると、時給も一気に上がる
  • どんどん経験を積んでいくつもりで頑張ると楽しい

体力:

気力:
知力:

ライターのお仕事って、いろいろ大変だけれども成長しながら稼げる貴重な副業なんですね。

駆け出しのうちは、勉強するための費用がかさんで赤字かもしれませんが、一流のライターになれば依頼が次々と舞い込んでくるようですね。

是非チャレンジしてみてくださいね。

善は急げですよ。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう