ランサーズで月収20万円稼ぐ方法教えます!現役の50代が秘訣を暴露

主婦やOLの間で、クラウドソーシングがメッチャ流行っているようですね。

猫も杓子もクラウドソーシング。ランサーズで認定ランサーになって、マウンティング合戦。

女子はどこまで行っても競争社会なのか…

ランサーズで20万円稼ぐ理由は在宅で自由に副業可能

ランサーズで20万円稼ぐ理由は在宅で自由に副業可能

彼女の副業は、クラウドソーシング ランサーズ でフリーランスとして依頼された仕事や、サイト内で見つけた仕事。

仕事の内容は自分で見つけたり、依頼をされた事に関しての口コミやアンケート・体験談の記事を書いて納品する仕事。

また時に実際に美容用品やダイエット用品を使ってみて、長期的なレポートをまとめたりする仕事です。

時給に関しては、仕事の内容によって大きく変動します。

今まで副業で稼いだきた報酬をおおまかに計算すると、1時間に600円~1,000円程度になる計算。

また、自分が得意とする分野の記事を書いて納品する仕事に関しては時給が1,000円から~1,500円程度のなる時もあります。

1日に副業ができる時間や時間帯は日や曜日によって違いますが、なるべく毎日僅かな時間、仕事が休みの日は1日に3時間を目安として副業をする様にしています。

時間帯はサイト内で仕事をしている人が少ない深夜帯にすることもありますし、午前中だけする時もあります。

特に時間帯を決めずに、自分のペースとタイミングで副業をする様にしています。

もともと、友人がランサーズでの副業をしていて、勧めてもらう形で私もランサーズで副業を始めたのですが、決まりごとが少ないので、長く続いている副業です。

毎月きっちりいくら稼がないといけないわけではありません。

しかし、ランサーズのサイト内で仕事を見つけたり、たまに依頼されて記事を書いたりアンケートに答える仕事はとても私の生活スタイルに合っていると感じたので、継続して続けることになりました。

中にはランサーズの副業で月に10万円~20万円を稼ぐ人もいるようですが、私は平均4万円~5万円程度稼いでいます。

ランサーズで20万円稼ぐにあたり文章を書けるか心配

ランサーズで20万円稼ぐにあたり文章を書けるか心配

副業にあたり心配だった事は、過去に文章を書いたりする仕事には就いたことがないので果たして自分にはできるのか思いはありました。

しかし、仕事内容を確認すると、初心者歓迎・簡単の概要をうたっている仕事も沢山ありました。

副業を始めて間もない頃は、概要欄や短文で良いものを選んで作業。

そのうちに段々と慣れて来て、長文の記事を書く事や長期的な体験する仕事を受ける自信にも繋がって行きましたね。

当初の不安は比較的早い段階で消えました。

また実際に、この副業でお金を得ることができるのか?って不安もありました。

大切な時間を割いて仕事をするのには、やはりお金を稼ぎたい気持が強くて副業を始めたので不安もかなりありました。

しかし、実際に友人が副業として先に仕事をしてくれていたので、友人の話やアドバイスはかなり参考になり本当に稼げるか?って悩みは徐々に消えていくことになりました。

お金のことと同時に、副業をする時間でも少し不安がありましたが、私がしている副業は自分で時間を決められる、選べる点は分かったので時間的な不安も副業を始めてからすぐに消えました。

ランサーズで20万円稼ぐ前に文章力がなく苦労した

ランサーズで20万円稼ぐ前に文章力がなく苦労した

私がランサーズで体験談を記事にしたり、アンケートに答えたり、商品を使っての体験談レポを書く上で大変だった事は、まず第一に普段の生活で文章を書く事を余りしてこなかったので、自分の文書力のなさを痛感して最初は大変さを感じました。

しかし、それも次第に慣れてくるので、慣れてくると意外と文章を書く事は楽しいと思える様になりました。

またこの副業をしてみて、楽しいと感じる事については、とにかく世の中の流行や流れに敏感になります。

自分が知らなかったことを知れることは本当に楽しいと感じました。この仕事をしていなかったら、絶対に分からずに過ごしたことも沢山ありますし、この仕事から学んだ事は大きいです。

自分にスキルがついたと感じた点は、広い分野のことを浅くですが、知ることができるところです。

依頼された記事を書いたりする中で、まずその事を調べる作業から入ります。

ですから、今までは読んでこなかった分野の本に興味を持つ事が出来たり、季節の食べ物、植物を知れたり、一般常識や基礎マナーみたいなことを、今更ながら学ぶ事が出来たのは、自分のスキルに確実に繋がったと考えております。

この副業をしていなければ、自分の興味がある事以外のことを知りたいと思う気持が、生まれなかったと感じています。

ランサーズで20万円稼ぎたいなら依頼をマメにチェック

ランサーズで20万円稼ぎたいなら依頼をマメにチェック

同じ副業をこれからする方や現在もしている方へのアドバイスは、この副業は時間の許す限りサイト内の自分が得意とする分野の仕事が更新されたら、いち早く気が付く事に最も重要性を感じます。

条件が良くて単価の良い仕事は早く着手されるので、とにかく小まめにチェックして、時間が許す限り仕事に早く取り掛かることが大切ですね。

単価の良い仕事を後でやるスタンスでいると、あっという間に無くなってしまいます。

そんな意味でも、時間がある時はパソコンを開いて常にサイト内をチェックをする必要がありますね。

得意な分野の仕事の範囲を少しずつ広げていくと、仕事の幅が確実に広がっていきます。

あまり得意でない仕事の依頼が来ても、思い切って受けてみることで、クライアントさんとの繋がりが出来て、また次も仕事を依頼してくれることにも繋がります。

同じ様な内容の仕事ばかりせずに、少しずつで良いので様々な分野の仕事にチャレンジしていく精神が大切だと感じます。

クライアントさんから直接依頼が来るようになると、単価が倍以上になる事もあるので短い時間でお金を稼げる事に繋がります。

定期的にクライアントさんの仕事をいただけるようになると、自分でサイト内を見て仕事を探す時間が省けます。

仕事を探す時間はばかにならないので、1度仕事くれたクライアントさんとは、定期的に繋がりを持つ事が大切になります。

またこの副業はやればやった分だけ稼げます。

1日に30分~1時間でも良いので、仕事をし続けることが毎月安定して稼げるポイント。

短い時間でも毎日作業をすれば確実な稼ぎとなるので、継続する事がとても大切です。

ランサーズで月収20万円稼ぐ方法を現役の50代が暴露

最後に要点をまとえめておきますので、参考にしてください。

  • 時給換算で、1時間に600円~1,000円程度
  • スキマ時間を有効活用
  • 色々なジャンルの記事を書けるので、広い分野のことを浅く広く知ることが大切
  • 単価がいい仕事は、あっという間に締め切られる

体力:

気力:
知力:

リアル社会と同じように、誠実にクライアントさんと繋がっていれば、様々な仕事を回してもらえるようになるとのこと。

更には、単価が高いお仕事も優先的に回してくれるそうですよ。

クラウドソーシングの副業で月収20万円も稼いでしまうと、旦那さんの立場がなくなる場合もあるので、くれぐれも気を付けてくださいね。

クラウドソーシング「ランサーズ」で仕事を依頼しませんか?

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう