それ相応のキャリアがある人や、コネがある人を除き代ともなれば、転職できる業界や職種が限られてくるため難航するものです。

地域のミーティングで出会った坂本さんも、50歳の誕生日を目前に控え転職を決意した一人です。

50歳男性、以前の職業はデイサービスの生活相談員、現在の職業は小規模多機能型居宅介護のケアマネージャーです。彼は、社会福祉法人の正社員として9年間、特別養護老人ホームやデイサービスで働いてきましたが、ケアマネージャーの資格取得をきっかけに、転職の決心をすることとなったという。

50代がケアマネージャーへ転職活動

以前の法人には理念などで共感する部分が多く、定年まで働くつもりで入社しました。しかし、会社の業績悪化に伴う昇給の停止や、賞与の大幅削減など、経済的に不安な要素が大きくなり、このまま働いていくことが本当に自分のためになるのか、疑問を抱くようになったという。

もともと介護職に就いたのが40代と、かなり遅めのスタートだったため、最短の時間でキャリア形成する計画を立て、導入部のホームヘルパー2級から、介護福祉士、ケアマネージャーと順調に資格を取得してきました。

ケアマネージャーになった当時の仕事はデイサービスの介護職員でしたが、資格取得を機に生活相談員に抜擢され、未知の職種に不安はあるものの、新しいチャレンジにワクワクする思いがあったことは確かです。

ところが、思わぬ落とし穴があり、資格取得で新しい仕事についたにもかかわらず、私の月収は下がることとなりました。まず、法人には資格手当というものがなく、介護福祉士になった時も、ケアマネージャーを取得した時も、一時金はありましたが、月収に関してのメリットは皆無でした。

そのうえ今まで介護職ということで月々もらっていた「 処遇改善手当 」が、相談職ではカットされ、努力した成果が減給という納得できない結果になってしまったのでした。

減給が引き金となって50代で転職活動

会社にとっては未知の仕事にチャレンジさせるという意味合いがあり、当時の上司も、その分は残業で稼げばよいとアドバイスしてくれましたが、金銭的なことだけでなく、資格手当もない会社の姿勢に疑問が残り、そのことが転職を決める最大の動機になったと思います。

家族もいる環境ではいきなり退職を告げることもできず、デイサービスでの仕事を継続しながら転職活動が始まりました。

手段としては、ネットで「 ケア人材バンク 」「 ケア転職ナビ 」「 e介護転職 」などの転職支援サイトに登録し、コンサルタントに相談しながら、転職可能な条件を絞っていきました。

当初は特別養護老人ホームやグループホームなど、介護職と兼務が多い施設系のケアマネになるつもりはなく、居宅の利用者を支援する事業所を探していました。

ケアマネ初心者ということを考えると、やはり介護職経験も考慮される施設系の方が求人が多く、最終的には法人そのものの待遇なども重視して、小規模多機能型居宅介護という、施設系と居宅系の中間に位置する現在の職場に落ち着きました。

50代がケアマネージャーへの転職で心配だったこと

50代以降の転職ということもあり、本当に求人があるのかどうか、半信半疑でのスタートでした。介護の世界はほかの業種に比べて、慢性的に人手不足なのはわかっていましたが、ケアマネージャーという未知の職種で自分が何ができるのかもわからず、スキルでアピールできないことに不安を感じていました。

また、妻と大学生の息子を扶養している立場から、最低限保証されている現在の収入を確保するべきではないか、不安定な状況にわざわざ飛び込むこともないのではないかと自問自答を繰り返しました。

最終的には家族の反対もなく、むしろ積極的にやってみればと応援してもらったので、不安を乗り越えることができましたが、反対の声が少しでもあれば、転職そのものをやめてしまった可能性もあるように思います。

50代がケアマネージャーになるための転職で大変だったこと

経済的な不安もあり、職場には転職先が決まってから退職の意思を伝えることに決めていました。

これは、転職先が決まってから就業するまでに、少なくとも2か月くらいはかかることを意味し、退職してから次の職を決める場合に比べて、神経を使う場面が格段に大きかったように思います。やめるつもりの会社で来年度の話が出た場合、当然自分もいるつもりで意見を出さなければなりません。

迷惑をかけることは分かっていても、その時点で退職を明かすことはできないので良心の呵責に戸惑いました。また、転職先を探す場面でも、人手不足が常態化している業界だけに、より入社時期の早い人を採用する傾向にあり、2か月先の入社で納得してもらうにはそれなりのメリットを先方に示さなければなりません。

介護職としては、特別養護老人ホームやデイサービスでの経験で、ある程度のスキルをアピールできる立場にありました。

しかし、ケアマネージャーとしてはやや立場の近い生活相談員の経験があるのみで、未経験での応募になるため、経験者が頻繁に職場を移動する市場の中で不利な状況を感じながらの活動ではあったように思います。

転職のことを相談したコンサルタントの方々に関して、皆さん一様に親身になって聞いてくださり、悪い印象はありませんでした。

けれども、各社の事情もあるのか、条件の合わないところを紹介されたり、最初に紹介されたところを断ると次が長期間なかったりと、実際に役に立ったかと言われると首をかしげざるを得ない状況でした。

最終的には、サイトで紹介される事業所に直接コンタクトを取るのが一番確実で、また、こちらの熱意も伝わるのではないかと思いました。転職コンサルタントは任せきりにするのではなく、転職実現の一手段と割り切るのが得策と理解しています。

50代でケアマネージャーとして転職して良かった点

現在働いている小規模多機能型居宅介護施設では、ケアマネージャーと介護職を兼務し、毎日迷いながらもやりがいをもって仕事に従事できているように思います。最大のメリットはやはり収入面で、月収と賞与を合わせた年収で考えた場合、前職より50万円以上は上がっています。

資格手当などの待遇もしっかりしているため、転職の最大の動機である金銭的な部分はクリアできたと言えます。

また、転職の際に企業の理念を重視し、介護事業として違和感なく働ける場所、定年まで誇らしく思える場所を求めていました。

現在の法人はキリスト教の教えを理念の中心においているだけに、利用者だけでなく職員に対しても人間的な優しさを感じられ、クリスチャンではない私にとっても、溶け込みやすい、アットホームな場所だと感じています。

介護の業態として大まかに分けて、営利企業と社会福祉法人という選択肢がありますが、今回の転職は社会福祉法人から社会福祉法人という、いってみれば類似の形の法人への移動になりました。

金銭的なことを考えると、当初は営利企業を中心に転職先を考えていました。しかし、介護という仕事は、私にとって生活の手段以上のものではないにしても、続けていく以上、利用者に対して人間対人間で接することのできる環境で働きたいという願いがあります。

営利企業がすべてお金中心に回っているとは思いませんし、利用者のためになりながら金銭的にも成功している企業もたくさんあると思います。

でも、今回の転職を通じて自分が自分らしく介護の仕事を全うできる業態は社会福祉法人の方なのかなと実感しました。今後は生活できるレベルの収入をキープしつつ、介護に従事する者として何ができるか模索しながら、現職を続けていきたいと考えています。

介護業界の転職事情を50代に聞いてみた結果まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 ケアマネージャーにキャリアチェンジできた50代の特徴
  転職の動機 : 会社の業績悪化に伴う昇給の停止
  転職の手段 : 介護業界に特化した転職サイト
  要した期間 : 約2か月
  月収と賞与を合わせて、前職より50万円以上は上がった
  今は、自分らしく介護の仕事を全うできている

私も同じ経験があるのでよく分かるのですが、今の職場で定年まで頑張り通そうと思っていても、年収が下がってしまうとモチベーションを保てなくなるものです。それがたった5,000円であってもです。

モチベーションが保てなくなったら、転職して年収を上げてみるのもいいかもしれませんが慎重に行きましょうね。我々世代の転職には危険が一杯ですから。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事