「 お給料はイイんだけど、遊ぶ暇がなくて困っている 」という50代女性も少なからずいらっしゃいますね。

特に、どんどん出世して部長や役員になってしまった女性は、遊ぶ暇どころか結婚適齢期も過ぎてしまい、この先どうやって生きていけばいいのか悩んでいるおひとり様が多いですね。

私が転職支援した40代半ばの女性も、あれよあれよという間に役員になっちゃったみたいだし。彼女も「 転職してから遊んでへんわ~ 」と嘆いていました。

50代で非正規社員になったOLの告白

50代の西脇さんは、性格的に接客が向くようで、高校の頃からずっと販売をやってきました。

食べることが大好きなので、どうせ販売するならおいしいモノを売りたい、と思い転職前も後も食品販売をしています。前のところを退職した動機は、お給料は割とよかったのですが、とにかく年間の休日が95日以下と少なく、年数が経つにつれ立場も上がり、希望休がとれませんでした。

誰か体調をくずした人がいたらかわりのものがフルで出勤し、病気しない人たちに負担がかかるような感じが続いていました。

しかもその時間の補てんはなく…

有給休暇も年々無駄に捨ててましたし、クタクタになって家と職場の往復が、だんだん心の疲弊につながっていました。

そのような環境のなか頑張っているメンバーに対し、上司の扱いがひどく、果してこのまま居て良いのだろうか?と疑問がわくようになり、退職を決めました。

そのような背景のなか前職ではクレームによるお客様対応もあったりで、自分自身が疲れていたんだと思います。なので多少給料が下がっても、次は責任を軽くしてゆっくり仕事をしたい、単純に販売を楽しみたい、と考えるようになり、アルバイトかパートで探そうと決めました。久しぶりの職探しの手段は、「 LINEバイト 」と「 タウンワーク 」のアプリでした。

結局「 タウンワーク 」に今の職場がありました。

50代で転職するにあたり心配だったこと

まず前職から、少し休養期間をつくってたので、すぐに仕事復帰?できるだろうか、と心配になりました。

もうひとつ心配したこと、自分のプライドです。これが一番大きいかもです。

前職で、長年指導する立場に居たため、久しぶりに自分が教えを乞う下の立場で年下の上司の元、自分が素直にやっていけるか。またメンバーがかなり若かったら合わせていけるんだろうか、と言うことでした。

心配してましたが、みなさんに受け入れられ、私もひどい自我を出すこともなく、意外とスムーズに馴染めてます。よかった(笑)

正直、働き始めるまでは、お給料面をそこまで気にしていませんでした。そこまで気がまわらないくらい、いや大幅に下がってでも立場や環境のラクさを優先したいと思っていたので、まぁ最低限の生活ができれば、くらいに考えてました。あと心配だったこと。前の職場の上司に絶対にみつかりたくない、とか転職してすぐは思ってました。そのうちどうでもよくなりましたが。
また、前のところで親しくしていたお客様に会ったらどう言い訳?したらいいのか…など。

何より仕事を探すのが大変でした。自分のわがままな条件です(笑)

気楽なアルバイト・パートで働きたい。でもどうせなら時給はある程度ほしい、休みが取れにくいところにいたから、シフト希望出せるところが良い、朝が苦手なのであまり早くないところがいい、等々。通勤時間を考えた勤務場所も合わせて、アルバイト・パートといえ自分の条件が合うところはなかなか難しかったです。色んな職場を見てると、変に知識がついて困ります。

正社員としての転職ではなかったため、相対的にみて、そこまで大きな心配はありませんでした。面接だけですしね。

50代の転職で200万円以上のダウン

転職で年収額が、ざっと200万円下がってしまいました。当たり前の話、年2回のボーナスもないし、前職は業績が良いとき決算賞与も出ていました。

困ったことは、単純に月のおこづかいが激減したことです。

月に換算して手取り10万円ぐらいはマイナスになってしまったので、大好きな洋服もほとんど買えていません。今まで足を踏み入れたこともなかったのに、今ではGU様々です!まさかこんなにGUに助けられるとは思いませんでした(笑)なので普通の?お店で3,000円以上すると高くて手が出せないです…

あとは通信費です。それまで、仕事関係のこともあって月額8,000円前後のキャリアでしたが、年間10万円近い出費は到底無理!!となって、格安さがしに。機械オンチなのに自力でがんばって格安スマホに乗り換えしました。今では月額2,000円でかなり浮きました。

一番手痛いことは、家のリフォームです…最近、両親がみるみる体が弱ってきているので、あちこちリフォームが必要になってきました。加えて急にエアコン、パソコン、レンジと家電が連続で壊れだし…年金暮らしの両親にはすべて出せない金額なので、私も出します。 

以前の職場だったら、ボーナスを当てにできましたが、現在の月々のバイト代からではとてもまかなえません。 

今まで長年かけて蓄えた貯金を、崩していくしかありません…収入が激減して、大きな出費がかさむ。この状況が今の大きな不安材料です。

50代で非正規社員に転職すべきでなかったと後悔

今、仕事自体は気楽にできていて、そう言う意味では不満はありません。責任もそこまでないし、日々の仕事を淡々とこなし、確かに給料分だなぁとは思います。

が、この年齢でアルバイト・パートはなかなか厳しいです。やっぱり収入面で厳しいです。明細をみると月23日くらい出勤して200時間弱勤務しています。でも、何の手当てもなく単純な時給計算だと、こんなもんかとびっくりします。そのくせ、けっこう税金はひかれますしね…

先ほどのとおり、自分のことではなく年老いた親のことがあります。私は未婚なので、子どもの養育費とかそういったことの心配はないかわり、これから一人でどうやって暮らしていくのか。
持ち家なのでそれだけは救いですが。今までのペースで貯蓄ができていれば、ここまで不安を感じることはありませんでした。

今の収入では毎月、貯蓄にまわせるだけのお金はほとんどありません。でも急な親切の不幸や、友だちへの各種お祝い金など、ある程度まとまったお金が必要な世代です。

新しくクレジットカードに収入額の記入をするときも、審査に通るのか不安を感じましたし、これから通らないものもあるかもしれません…とにかく各方面の審査に不安を覚えます。

そしてまだ先のことですが、今後正社員として働きたいと思ったとき、年齢が年齢です。再就職できるのか、、そして万が一採用してもらえたとして、今の気楽な働き方からまた新たに正社員としての仕事を覚えてこなせるのか、と思います。若いころでも、転職して新しい仕事を、覚えるのはなかなか体力も気力も使うもんです。

前職から解放されたこと自体は正解だったと思いますが、生活に不安を感じるくらいの収入しかない転職はやはり止めたほうがよかった?と思います。

50代で非正規社員になったOLの悲劇まとめ

では、最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

50代で転職に失敗したOLの特徴
 転職の動機 : 年間休日95日以下だったから
 転職の媒体 : タウンワーク
 要した期間 : 約4か月
 正社員から非正規に変わったことで、年収200万円以上ダウン
 50代でアルバイトやパートは厳しい。転職すべきじゃなかったと後悔

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事