50代の転職はなぜ失敗するのか?ありがちなパターンとその対策を解説

これが最後のチャンスと転職を考えている会社員は、多いですよね?

転職は人生の一大イベント。

絶対に失敗せず転職してしまいたいと考えるのは誰だった同じですが、多くの転職者が陥る失敗にはパターンが存在します。

事前にリスクを考えておけば、失敗を最小限に抑えることができるので原因と対策を一緒に考えてみましょう!

50代の転職が失敗する原因は退職理由が明確でない

そもそも論ですが、退職理由がネガティブだったり、曖昧のままだと転職は絶対に上手くいきません。

私自身、40代でリストラされて有無を言わさず転職活動に突入しましたが、ネガティブな気持ちを抑えられなかった前半戦は惨憺たる結果に終わりました。

自分の意志で退職した訳ではなかったので、どうしても恨み節が先だってなかなか前へ進めなかったからです。

アメリカでは目的はもちろんのこと、仕事内容、ポジション、収入を明確に改善するための転職をするのが当たり前の世界なのに、何故か日本人は「嫌なことから逃げたいがための」成り行きで転職してしまう人が本当に多いのが現状です。

安易な転職理由

「仕事に刺激がない」とか「長く働いた職場に飽きた」「自分は正当に評価されていない」など、特にハッキリとした目的意識がなく退職してしまった人も、ある意味、危険な状態です。

結局、こういう50代は社内異動感覚で、働くフィールドをただ横にズラしたに過ぎません。

もちろん、そこそこ実力はあるんでしょうが、入社後の評価はイマイチなケースが多く、結局は「前職の方が働きやすかった」とか言い出す始末。

見る目がなかったと言えばそれまでですが、可もなく不可もなく、結局使えない人材でお互いが悲劇に終わるパターンですね。

モチベーションが保てない

少子高齢化や有効求人倍率の上昇で、中高年の転職が有利になったと言われていますが、あるはずの求人を見つけられず転職活動半ばで挫折してしまう50代は後を絶ちません。

50代向けの求人はあるにはあるのですが、「非公開求人」など見つけにくい場所に集められているので見つけるのが難しい。

基本的に、私達50代の求人は潜在的な求人。

仮に失業率が大幅に改善されたとしても、自発的に動いて自分から求人を取りにいかなければ絶対に見つからないのです。

もちろん、積極的に「非公開求人」を取りに行くべきですが、難易度が高いので、転職サイトやハローワークを駆使しありとあらゆる求人をかき集めてリスクを回避する必要はあります。

ただし、希望する業界や職種があいまいだと、苦しい転職活動の中でどんどん「簡単で手っ取り早い転職」に突き進んでしますので、何を優先すべきか?絶対に譲れない点や、妥協できる点をしっかり考えておく必要がありますね。

入社後に感じるギャップ

転職した後に起こり得る失敗が、理想と現実のギャップのパターン。

理想を思い描いて転職したのに

  • 内定条件が違った
  • 想像していた仕事とは違った
  • 人間関係が最悪だった

など、いざ働いてみるとガッカリする側面がたくさん見え始めます。

内定条件と仕事内容は事前に下調べをすることができますが、こと人間関係に関しては入社してみないと分からない転職活動最大のガッカリポイント。

結局、煩わしい人間関係を目の当たりにして、「こんなはずじゃなかった」「前職の方がよっぽどマシだった」と後悔するハメに陥ります。

50代の転職を失敗に終わらせないコツは計画を立てる

退職を決意したのなら、1秒でも早く転職活動に突入すべき。

私の場合、リストラされて退職するまでに3週間ほどありましたが、抱えていた案件や引継ぎが多すぎて転職活動どころではありません。

その後、引継ぎが終わりようやく転職エージェントへ登録に出向いた際、キャリアコンサルタントから言われたのが「在職中なら紹介できた案件があったのに…」でした。

リストラされた50代は別ですが、転職活動を始めるなら在職中に始めるのが鉄則。

何故なら、どんな理由があろうともこの日本では、退職した人=ブランクがあり問題がある人物と捉えられるのが一般的だからです。

在職中に活動を始める

定職に就きながらの転職活動は想像以上に疲弊します。

退職して転職活動に使える時間が大幅に増えたからと言って、転職先が決まる確証はどこにもありません。

また、転職先が決まらず日に日に貯金がなくなっていく恐怖は、転職の目的を大きく狂わせるので注意してくださいね。

これは体験した者にしか分からない恐怖です。

人間焦れば焦るほど、ドツボにハマっていく生き物です。

スケジュールを立てる

在職中・離職中によって転職活動に割ける期間が異なりますが、まずはいつまでに転職を完了させるつもりなのか?目標を立てるべきですね。

私も5回以上転職しましたが、転職活動は相当のエネルギーを必要とします。

ほんの少し上手くいかなかったり結果が出ないと、すぐに途中でヤル気を失い「安易な方法」で転職を完了してしまおうと画策します。

期間を区切ることで高い転職意欲を保てますが、人間が転職活動でモチベーションを保っていられるのは3か月と言われています。

自分の思い描いたスケージュールが絵にかいた餅で終わらないよう、リスクを回避しつつ現実的なものに仕上げてください。

ギャップが埋まることはない

ひとつかふたつぐらいのギャップは必ずあると、考えておくと多少は楽ですね。

入社直後は、覚えなければならないことが多く、ひとり孤独で辛いと感じることが多いもの。

そんな中、こんなはずじゃなかったことがアレコレ出てくると、心をかき乱され余計不安に陥るもの。

転職活動を始める前に優先順位を決めたハズですが、到底受け入れられない事実が発覚した時は、次の行動に移すのも手ですね。

50代の転職が失敗したと感じたら1秒でも早く行動を開始せよ

転職が失敗する典型的なパターンとコツを学んでも、100%成功と行かないのが転職の怖いところ。

「行くも地獄戻るも地獄」って状況に陥ってしまう前に、あと10年転職先で頑張るか?あるいは職歴が付く前に退職するか?早い目に考えなければなりません。

どちらにしろ、私みたいに精神が病んでしまってからでは遅いのです。

プロのアドバイスを聞く

ギャップが激しすぎて試用期間内退職を考えているなら、まずは転職エージェントに相談して客観的なアドバイスを仰ぐのがベスト。

転職先を紹介してくれたエージェントなら、尚良いですね。

転職直後に起こる退職は、彼らも想定済。

あなたの経歴を見て、再び転職していい人物なのか?ここで踏ん張るべき人物なのか?をアドバイスしてくれますよ。

転職市場価値を考える

転職で大きなミスをおかさないためには、自分の客観的な転職市場価値を知る必要があります。

転職エージェントのキャリアコンサルタントやハローワークの窓口職員は、彼ら彼女らの都合でしかアドバイスしてきません。

決して彼らのアドバイスが間違っているわけではありませんが、鵜呑みにして行動していると転職期間が長引き、応募できる求人がなくなった時に結局どうしていいのか分からず路頭に迷う羽目に陥ります。

そうならないためにも、常に客観的な転職市場価値や自分の強みを把握して、自分本位で活動するのが本来の在り方なのです。

50代の転職が失敗してしまうパターンとその対策を解説

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

転職において、内定を勝ち取ることだけが最終目標ではありませんよね?

新しい職場に定着できて、思い描いた理想の転職に少しでも近づけることが重要なので、優先順位を決め必ずゴールを設定して下さね。

そうしないと私みたいに夢を追い過ぎて、ジョブホッパーと化してしまいますよ!

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう