50代までずっとアルバイト人生を歩んできた一人のオヤジが、またひとり正社員として転職に成功しました。

西田さんは元バンドマン。なんとメジャーデビュー寸前にレーベルが倒産してしまい、夢を諦めざるを得なかった可哀そうなオヤジさんだ。しかし、当の本人は「 人生に悔いなし 」とあっけらかんとしているから驚きを隠せない。

彼がいかにして正社員になってしまたのか、その一部始終を紹介していきます。

50代フリーターが挑んだ正社員への道

彼は大学卒業後ホテルに就職しましたが、別の夢があり3年で退職しました。その後も夢を追いかける傍ら、パートでホテルのフロントを続けておりました。動機は50歳になり遅すぎる夢との決別をし、転職を考えました。

「 ホテル求人ドットコム 」と言う転職サイトを手段として利用しました。

時期が良かったのか、今ほどではありませんが新規ホテルの建設ラッシュに乗れ、何とか就職にこぎつけました。夢を追いかけるバイトとしてホテルに長年おりましたが、自分のモットーは「 何事も疎かにしない 」がその一つです。何事も一生懸命、精一杯考えて力を振り絞ってやり遂げないと何も得るものはありません。

それは本業の夢にも生きてくるものです。

何をするに当たってもお客様が何を望まれて、どんなタイミングで、相手の今一番気持ちの良い具合( テンションと言うべきでしょうか )でサービスをご提供する事が出来ないと、お客様の満足は得られません。

元気一杯で明るい接客を心掛けておりますが、疲れ切っている方に大きな声を出しても辛いだけです。そう言った場合は少しトーンやボリュームは抑え、柔らかさや優しさを強調し、無駄なくスムーズにチェックインを終えお部屋で寛いで頂ける様に心掛けております。

一例でしたが、この様な気持ちを読む力を磨く事を疎かにしない事で、お客様の感情に響く接客が出来ます。その能力はどんな職業でも生きてきます。私の場合は逆に夢を追いかける本業の方で気付けました。

アーティスティックな業種でしたが、顔の見えない人に対してひたすらに寝る間も惜しみ、相手に響く言葉を考え続け、自分の無力さに涙しながら、これで良いのか?これが今の自分が納得がいく最高の表現なのか?を問い続ける毎日を経験しました。本当に頑張ると言うことはこう言う事なんだ、と貴重な経験をしました。

50代がホテルマンへの転職で心配だったこと

長年ホテルを経験しているとは言え、所詮パートの範囲での仕事しかしてきませんでした。毎月の営業会議がまず不安でした。稼働率、ADRなどチンプンカンプンな数字を扱う事が無かったので不安はとても大きかったです。

面接では正直に数字関係は素人だと言っていましたが、現場はきっと出来て当然と言う空気なのだろうとすごくプレッシャーでした。いかに自分が小さな世界で仕事が出来ていた気になっていたかと、思い知らされました。

人間関係も不安でした。色々な職種を経験してきましたが、ホテルで働いている人は癖が強い傾向がありますし、濃い人が多いです。自分のルールをしっかりお持ちで、少しでも外れたりミスをするとクドクドとご指導されます。たとえ仕事にきたそうがお構いなしです。

古い昭和の仕事の感覚が抜けきれない方も多いです。「 仕事は見て盗め 」これは賛成ですが、厳しい指導が時には感情的になってしまう方が今まで目につきました。

コンプライアンスを理解していない結果、今の時代にあった教育が出来ず、当然こう言う方は出世出来ず、いつまでも現場に留まります。教えて頂くからには今迄の経験は一旦ゼロにし、真っ新な気持ちで現場のルール、やり方をひたすら頭に叩き込み、皆さんのお役に立てる様にする事が、教えて頂いた方々への恩返しだと思っています。不義理の無い様にしたいと思っておりました。

人間関係が良ければ、どんなに忙しくても辛くても乗り切れます。良好なコミュニケーションが成り立っている職場は良いサービスを提供出来ます。その輪に自分も入る事が出来、更にサービスの向上に貢献出来ればこの上ない幸せだと思います。

ホテルでお勤めの方はピンと来ると思うのですが、パソコンで予約、残室管理、料金管理、顧客情報、稼動率などを管理するシステムを使用しています。システムを提供している会社は何社かありまして、各々チェックインやチェックアウト、予約の管理の手順は違います。それもゼロからのスタートになるのかが不安でした。

50代がホテルマンへの転職で大変だったこと

何社か面接を受けさせて頂きました。長年アルバイトで食い繋いできた自分は圧倒的に不利です。社員で働いていないと言う事は、いい加減な人生を歩んできたと見られます。リーマンショックからの世界の常識の様変わりを見てきて思う事は、この先の世界は自分の力で乗り切る術を身につけないといけないと言うことです。

3大メインバンクですら24万人リストラされると言うニュースは驚愕しました。AIの発達で、弁護士会が仕事を取られる危機感から大騒ぎしています。コンニビも店員が居ない店舗が始まります。オリンピックや、インバウンドの影響で一見経済は良い印象ですが、状況は最悪です。リストラ、AIによって仕事は無くなっていきます。

経済ニュースでは無いので軽めにしておきます。頑張って大企業に入ってでさえも、この危機はいつ襲ってくるか分かりません。

そんなこの先の世の中を生き抜くには会社に頼っていては何の保証もありません。自分で考え、行動し、道を見出し、更に日々磨いていくことが必要です。

今迄の経験ですが、今だにお金を貰っているだけの仕事感覚、所謂サラリーマン的な仕事をしている方が多いです。発展的、生産性要素の無い仕事を続けていては、個人だけでなく会社の未来も無いと思います。この厳しい時代を生き抜く為には人と同じ事をしていてはいけません。

話が逸れている様にみえますが、面接で必死にこの様な事を伝えます。人見知りなので、この点が一番苦労する点です。面接の方々に響かなければ、いきなりチンプンカンプンな話しをする面倒臭いおっさんが来たくらいの印象でしかありません。

決して上から目線で、俺に合った所を品定めしてやろう、と言った気はありません。この様な話しを理解して頂ける方とお仕事をしたい、と言う意図です。

そこを踏まえないと、頑張っていても一人浮いてしまいかねません。一人で張り切っていても面白くありませんし、最悪孤立する事も考えられます。そうなった場合は、職場の皆さんを巻き込む意気込みですが、我儘を言えばこちらもテンションが上がる職場が喜ばしいです。ホテルラッシュで人を何とか確保しようと言う流れや、経験者と言うこともあり面接へは苦労せずにこぎ着けました。その状況は今でも変わりないと思います。

大変だと思った点はより良い環境を自分なりに見出そうとした点でした。

50代でホテルマンに転職してよかったこと

まず人間関係が良かった事が一番良かった点です。

残念ながら前にいた職場とはシステムが違い、先輩に教えて頂きながらチェックイン、チェックアウトや観光案内など励んでおりました。違うシステムとは言え、レイアウトが違ったり、名称も違いに慣れると基本的には同じ概念でしたので、比較的早く慣れました。

接客自体は自信がありましたので、少しづつ楽しくなり始めた頃ミスを立て続けにしました。

チェックインをしている最中にお客様から質問され、それについてのご案内をさせて頂き、宿泊代の精算をし、カードキーをお渡しする際に部屋番号を書き間違えてしまったのです。

お客様は部屋に行ってもドアが開かず、フロントに再び来られた時点で発覚しました。幸い間違えたお部屋はチェックインしておらず、お客様同士がはち合わせする最悪の自体は免れました。丁重にお詫びし、新しいカードキーを持ち、お部屋までご一緒しました。

しかし結果オーライなだけでお客様の信頼は失われたでしょう。

ホテルマンに転職してミスをして凹む50代

その一ヶ月経たないかくらい経った頃、同じミスをしまいました。チェックインも数が多い事で集中力が落ちていた事もありますが、同じパターンでの失敗でした。

お客様とお話しをしながらのチェックインだったのです。しかも、今回はチェックイン済みの部屋番号を書いてしまいました。幸いなことに、実際にはお客様同士がはち合わせる事はありませんでした。

ドアが開かず、部屋の中から話し声がするので、おかしいと思いフロントに戻って来られました。この日も丁重にお詫びをし、事情をご説明しお部屋までご同行しました。お客様の不安を思うと消えてしまいたかったです。この後、一ヶ月フロントに立たせてもらえませんでした。頭を冷やせ、と言われました。

ロビーに立ちお荷物のお預かりや、観光案内やラウンジのメンテナンス、お部屋へのデリバリーなどはさせて貰っていましたが、明らかな戦力外通告に心折れました。何も役に立てず、周りのスタッフも普段通りお話しして貰えますが、腫れ物に触らない様に気を遣わせているのが目に見える様でした。

毎回、今日も給料泥棒やな、と自分を責めていました。辛かったです。

そんなある夜勤中の夜中の3時頃、ベテランさんと2人で事務所でいました。私はお役に立ちたく、ひたすら予約のチェックをしていました。

ベテランさんが思い出した様に、「 ああ◯◯さん、僕◯◯さんの接客大好きなので、早く戻って来て欲しいです。今までうちに居なかった接客なので勉強になります。」

面食らいました。

この男性のベテランさんは、相当仕事が出来る人で憧れの人だったので、嬉しかったです。

仕事が出来るのにそれをひけらかさない人格者で、ムードメーカーでもある凄い人です。教え方も相手のレベルに合わせ、とても分かり易いです。きっと考えずにこの人はこういう事が出来るんだろうな、と一目置いていました。そんな人にかけて貰った言葉で、心がフワッと軽くなった気がしました。

中々こんな良い人間関係の職場無いかもしれない、この関係をお大事にしたいと思いました。今だに予算や数字関係は分からない事だらけですが、絶対将来に役に立つと思うと眠気も少しマシです。

50代がホテルマンに転職するまでまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

転職に成功した元バンドマンの特徴
 転職の動機 : 夢を追いかけバンド活動していたが、50代で遅すぎる夢との決別をした
 転職の手段 : 転職サイト( ホテル求人ドットコム )
 要した期間 :
 ホテルで働いている人は癖が強い傾向があり、濃い人が多い
 人間関係が良ければ、仕事がどんなに忙しくて辛くても乗り切れる

転職支援をする中で、彼のような転職パターンはレア級なのですが、見事正社員として就職してしまいました。西田さんは何をするにもストイックだから、面接官も見抜いてしまったんでしょうね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事