時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

サラリーマンなら誰もが一度は夢見る一国一城の主(あるじ)である「独立開業」

イヤな上司も足を引っ張る同僚もいない、仕事を部下に押し付けて芸者遊びをしている役員共もいない、もちろん社長は自分。

全ての采配を自分が行える、サラリーマンから見れば夢のような世界ですよね?

しかし、多くの起業家たちが資金難を乗り越えられず、倒産する確率は1年目で約60%、5年後は75%、10年後では90%に達する現実。

独立開業して世界に進出する…そんな夢を抱いて脱サラした男がここにもいました。

彼が直近で転職したのは50代前半。

50代で独立したのち経営難に陥り倒産し再就職活動

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

長い間アパレル関連の仕事をしていて、その延長で雑貨の輸入や企画を経験しましたが、最後は数年間独立して個人事業主として経営に回っていました。

実際は個人で企画から仕入れ、生産まで管理した上で、取引先相手に卸す一連の作業全般を担っていました。

しかし、企業に属していた頃のようにはうまく波に乗れず、資金がショート。

売り上げが右肩下がりになり始めると、どうやってもその流れを断ち切ることができず、ズルズルと減少一途。

資金の借り入れで対応しましたが、結局可能性を検討した結果、事業として続けるのは難しいと考えて断念。

それが、転職を決断するに至った動機ですね。

40代後半、未経験でも受け入れてもらえる職種は何か考えるだけで、相当悩みました。

その後、飲食に転職の場を求めて活動を始めたものの、数ヶ月は問い合わせてもいい返事がもらえず挫折しそうになりましたね。

いろんな手段を試したもののやはり慣れているのは「飲食店.com」って転職サイトで応募するシンプルなもの。

今思うと、派遣や転職サイトで登録するのもありでしたが、どこか自分を過信していた節もありました。

とは言え、もうその時点で40歳を超えているわけですし、若い頃にアルバイト経験しかない別業種への転身ですから、そう簡単であるはずはなく想像以上に苦戦することになりましたね。

そんな中、唯一面接をパスできたのが個人経営のフランス料理レストラン、知識や技術をイチから身に付けるにはいいだろうと、そこで働き始めました。

50代で未経験の調理師は正に修行のようで厳しい

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

仕事は簡単な調理補助や雑用、経験がないので当然ですが、まさに修行と言った感じの内容でしたね。

それでも、仕事に就けたことが嬉しかったのを覚えています。

転職活動を始めるまでは、独立開業時の仕事の挫折感でいっぱいでしたね。

ですから、新しい仕事に対しての意識よりも後悔などの方が大きかったかもしれませんね。

自分ではまだ若いつもりでいましたから、転職も簡単ではないとは言っても、そのうちなんとかなると甘く考えていたところがありました。

しかし、1ヶ月経ったころに全く進展しない状況に、少し焦り始めた気がします。

何しろ問い合わせても面接に辿り着けないまま終わってしまうのですから、実際会う前に結果が出てしまう。

このまま仕事が見つからないまま時間が経つのだろうかと、急に不安が大きくなりました。

働きだしてからどうとかはその時点で予想すらできません。

とにかく、どこかで働かないと焦りだけ。

やはり面接まで辿り着けないまま、時間だけが経って行くのは辛いものがありました。

アパレル関連の仕事では、対面で交渉することは日常よくある話です。

ですから、面接まで行けば何とか自分のやる気や考え方を伝えることができると、考えていました。

しかし、その前に受け入れてもらえないのが続くと、気持ちが伝わるとか以前の問題です。

電話で何とか伝えようとしても、さすがに時間的に無理がありますし、相手も面倒臭がっているのが受話器を通して伝わってきてしまいます。

そうなるとどんなにこちらが頑張る姿勢を伝えようとしても話は終わり、それが何度も続くと気持ちも萎えてきてしまいました。

50代の意地!求人は歩きながら探して掴み取るもの

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

まともに転職サイト掲載の仕事だけだと、間に合わない気がしたので、それは毎日チェックしつつも午後はできるだけ街に出て実際店を見て歩きました。

中には店に貼り紙で募集している職場もなくはないですし、自分が知らない店でもいいところがあるかもしれないと考えたからです

電話で問い合わせても断られる可能性が高いことと、一度断られると再度問い合わせしづらいことから、まずじっくりと狙いを定めた上で可能なら直接店頭で話をしてみる作戦もいいかもしれないと思いました。

それならば、電話で話すよりは時間が取ってもらえることが多いでしょうし、少なくとも年齢の割に若く見えてまだまだやる気がありそうだと、アピールできると考えました。

手段がどうであれ、きっかけを掴めなければどうにもならない、それが数カ月で出た結論であり実感でした。

周囲には同世代で転職した者がそんなにいないのでなかなか相談しても理解できないですし、また希望する飲食関連に知人が少ないので一人で悩む時期が苦痛でした。

転職してからこれまでの間、まだ同じ業種に関わっていますが、思うようにステップアップできない現実にとてもジレンマを感じています。

急に仕事がなくなることになってしまいましたが、自分が経験した苦い思い出が蘇ってしまい何も言えません。

とは言え苦労して見つかった職場、それまでの転職活動の辛さからまた同じ流れになるのか心配でした。

50代で脱サラして3度目の転職に挑戦して合格した男

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

しかし、運よく他の飲食店に採用が決まりました。

ただ、仕事の内容がレベル的に少し劣る職場、時間や売り上げなど仕事への要求が強いわりに、料理のクオリティが低いのは否めませんでした。

それでも仕事がないよりはマシと文句を言わずしばらく続けました。

さすがに職場にはだんだん慣れていきましたが、転職をしようと思った頃の志を思い出すとやはり満足度が低く、しばらく勤めた後に再度職場を変える事にしました。

また転職サイトをチェックする日々、しかし以前より多少なりともキャリアが付いた事でほんの少しは選択肢がありました。

すでに、年齢は50代前半ですから、もうそんなに冒険はできない状況、仕事を継続しながら帰宅後夜中まで転職活動をやる日が続きました。

そして51歳で再度職場を変更、それが今の職場です。相変わらず、自分自身が中途半端なレベルですから思った以上に年数が掛かっている。

若い頃のように、どんどん昇進するような展開にはならないですね。

給料も年代で考えればかなり低いですし、最近は転職するタイミングが遅すぎたなと、何度も後悔しています。

まだ諦めていないものの、あまり希望を持てる状況ではありませんね。

40代でリストラされた管理人から一言アドバイス

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

50代は職場に満足していても、もしもの時に備え転職サイトに登録して自分の相場なり業界の動向を把握しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておくだけでも、転職と言う選択肢が増え、雇い止めされてストレスや疲労が限界に達してうつ病になる前に、転職の一手が打てるようになるんですよ。

私は雇い止めされてうつ病になって、選択肢もなく1年間働けなかった過去があります。

マジ辛いですよ。

働きたいのに働けない辛さ、体が思うように動かなくなるんですよ?

基本的に、完全無料で利用できWEB上に履歴書を登録しておけば、あなたの希望条件に近い求人情報や、あなたの職歴に見合ったプライベートオファーがメールで届くシステムになっています。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはそれらのメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか?

しかも転職サイトには、性格診断や自己分析ツールも充実しているから使わない手はないでしょ?

自分の相場なり、業界の動向を把握しておけば、ハローワークに行って「50代に紹介できる求人はない」とか、転職エージェントに登録拒否されてもショックを受けもダメージを最小限に抑えられます。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからリクナビNEXTをお勧めします9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります

50代が独立に失敗して転職した真実を語りますまとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

転職に失敗した50代自営業者の特徴

  • 転職の動機:個人事業主の倒産
  • 転職の手段:転職サイト(前半)直接応募(後半)
  • 要した期間:約6か月
  • 直接、飲食店を訪ね歩く作戦で内定に至った
  • 最初に転職できた店舗が倒産したので、再転職するハメに陥った

彼の教育役は20代そこそこの若者だったようです。

以前から料理人は上下関係が厳しい世界と聞いていたので、これまでよく耐えてきたなと感心しましたね。

彼自身、揺るがぬマインドセットを持っていたからこそ今日まで耐え抜くことができたのだと推測しました。

皆さんは人に誇れるマインドセットをお持ちですか?諦めず前を向いて進めば夢は叶います。

当サイトいち押し!
同じ苦労を重ねた私だからリクナビNEXTをお勧めします9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s 時期が来たので50代の私が独立に失敗して転職した真実を語ります
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう