40代には転職サイトや転職エージェントもギリギリ相手にしてくれることが多かったのですが、50歳代に入ってしまうと、格段に転職は難しくなってしまいます。残念なことに、これは紛れもない事実です。

「 できないのを何とかするのがコンサルの努めだろうが! 」とお叱りを受けてしまいますが、私は決して「 できない 」と言っているわけではなく、「 40歳代に比べて格段に難しくなる 」と申し上げているのです。

私も同じ経験をして身をもって知ったことは、中高年の転職は家族を路頭に迷わせてはならないという責任感もさることながら、根気と気力が必要です。「 諦めないことが大事 」と気安く言う人達がいますが、失業という絶望と恐怖の中、諦めずに前に進むことは非常に困難です。

悪夢の始まりはリーマンショック

山本さん59歳は現在は製造業の製品管理をしておられます。以前は勤続プレスオペレーターということで、具体的には金属の一枚板を金型に通し、バケツやタライ、カーオーディオのシャーシ、小型の金属部品などを作っていました。

仕事としてはプレス機のオペレーターを長年やっていましたが、時々金型の製作にも携わり金属加工に関する知識や経験を積んできました。

しかし、リーマンショック以降新しい仕事が来なくなり、追い打ちを掛けるように安い海外へ仕事が流れていく状況になっていました。

当然勤めていた会社も新規の仕事が殆ど無く工場も思うように回らなくなり、当時、40歳代後半に差し掛かっていた私は早期退職の候補に選ばれることになってしまいました。

良くありがちな退職金の上乗せを提示され退職を勧められることになりますが、「 この歳で転職して次の仕事なんてあるのか?特に職人のような仕事をしてきたわけでも無いのにどうするんだ? 」と半ば落胆と諦めで頭の中はいっぱいでした。

動機としては仕事が無くなり、給与の高い中高年は辞めてもらうというのが世の中の常ですが、家族も抱えてこれからどうすればいいのか見通しが立てられませんでした。そんな中会社の方で民間の仕事あっせん業者に相談できるようにしてもらえることが分かりこれを転職手段として使わない手は無いと考えました。

50代にハローワークは役に立たない

ハローワークを利用して次の転職先を探すと言う方法もありましたが、以前利用した際に給与の面でとても今の水準を保てる仕事は無く二の足を踏むような状況でした。

その経験があり今回もハローワークを利用しようという考えはほぼありませんでした。

結局民間のあっせん業者を通じて次の仕事を探すことが出来ましたが、金属加工をしていた経験と係長をしていたというのを買われ金型のメンテナンスとプレス作業の現場指導を任されることになりました。

当然給与水準も転職前とほぼ変わらずで一安心しました。特に特殊な技能があったわけでも無かったので、次の仕事が見つかるのかどうかが心配でした。それに求人票に良く書いてあるのが、「 経験○○年以上 」、「 資格を持っている人 」とよくありがちな採用条件に該当しなかったため受けても門前払いされるのではないかという不安がありました。

実際に一度転職した際には求人票を送っても連絡が無かったり、そのまま送り返されたり、面接で「 何しに来たの? 」みたいに笑われたりしたことがあったため、余計に資格や経験が無いことを転職する際のデメリットと感じていました。

年齢も40歳代50歳代になると給与も高くなる傾向にあるため、希望給与額を30万円などと書くと「 うちではそんなに払えないので他を当たってください 」と言われたこともあり、次の仕事がすんなり見つからないと考え家族の生活がどうなるかが一番の心配でした。

50代にあっせん代行業者は役に立たない

まず手始めに、早期退職を勧告した会社が手配した転職あっせん代行業者で転職活動をすることになりました。

そこの社員の人にも開口一番には「 何か資格をお持ちですか? 」との言葉を聞くことが多く「 特にはありません 」と答えるしかありませんでした。業者の人も、「 資格が無いと今のご時世は次の仕事は直ぐに決まらないことが多いんですよね 」といかにも他人事といった態度をされ、転職活動をする前からストレスが溜まっていました。

正直会社の委託ということでお金をもらっているのだと思いますが、所詮は辞める人の尻拭いをしてやっているという態度が時々見え、「 なぜこんなことを言われなければいけないのか、お前に何が分かるんだ 」と毎日の様にイライラしていました。

その委託会社から来ている人たちも、私より明らかに年下で鼻に就くような態度を見て毎日その気持ちを落ち着け、うまく機嫌を取りながら何とか次の仕事を見つけようと、自分を殺しながら我慢している生活が一番つらかったと記憶しています。

リストラされて絶えない夫婦喧嘩

妻には「 会社から早期退職をするように言われた 」と言うと、「 家のローンは?子供の学校のお金は?明日からの生活はどうなるの? 」とどうするどうするの言われっぱなしで、こちらもカチンと来てしまいケンカになっていました。

仕事を見つければ文句は無いだろうと思い、直ぐに見つけようと考えていましたが、会社でも家でもストレスが溜まり暴れたいけど暴れてもどうにもならない、ではどうすればいいのか?それも分からないと堂々巡りになっている状況が一番嫌でした。

そのうちどこかへい行った方がいいのではないか?と言う考えも浮かび逃げられるものなら逃げたかったです。

今までの転職活動の時とはレベルが違い過ぎたので精神的に追い詰められたような感じになったのは言うまでもありません。

そんな感じで毎日家と会社でストレスを溜めながら次の仕事を探していましたが、私の職歴に興味を示してくれる会社が現れました。

50代目前にして2か月で転職を果たす

この頃には早期退職の話をされてから約1月ほど経った頃ですが、資格が無くてもOKという会社にコンタクトを取り続けていたことが功を奏したようです。

私の様に年齢が中年になった社員には、現場での作業を望むのではなく、管理職などの人材育成や教育指導を希望する会社が多いことに気づきました。

私は過去の経験や資格が無い人は即戦力として使えないので魅力が無いのでは?と考えていましたが、それは30歳代前半程度までの話でそれ以降の年齢の人には指導と言う観点で能力があるかどうかを見ていることが分かりました。

私自信、自覚が無かったのですが周りの人から見ると面倒見がよく、高卒などの新卒で入社してきた社員からも話しやいということで人間関係の構築と言う点では評価が良かったようです。

当然会社に勤めている時にはそんな話も聞いたことが無く、評価も教えてはもらえませんでしたので正直採用された際に会社の評価を聞かされ驚きました。

経験も20年近くしていたということと、係長を経験していたということで採用して貰えた会社でも同じような役職で働くことが出来ました。

今では社員の指導がメインになっていますが、品質管理の部門を任され対外的な折衝などもしておりいろんな分野の勉強もしながらで毎日大変ですが、部下との関係も良くやりがいのある仕事が出来て良かったと思っています。

給与に関しては以前の会社より年収が少しUPし生活へ支障も殆どありませんでした。

時々突発的な部品不良などに対してお客さんに説明などを求められる時の対応がちょっと大変ですが、今までの仕事とは違う新鮮味を味わいながらで充実しています。また早期退職などと言う話が出るのでは?という不安もありますが、今では何とかなると思っています。

もしもの場合に備えて準備をしておくことが大切

山本さんは幸運にも、たった2か月という短期間で転職を果たしてしまいました。50代以降の転職活動は、一般的に半年以上かかってしまうため、2か月とうい数字はある意味驚異的です。また、50代で前職より年収がUPするケースは極めて稀です。

私自身も大企業の一員として「 定年まで安泰だと 」思えるほどのぬるま湯に浸かっていたため、業績不振を理由に突然リストラ勧告された時は、落ち込みましたし、正直非常に焦りました。

当時を振り返ると、転職するしないは別として、もしもの場合に備えておくべきだったと後悔しています。

リストラに代表される会社都合の退職は、精神的に追い込まれてしまいます。

当時は、転職活動しなければならないなんて思えなかったのが本音です。

引継ぎ完了までの1か月間は、長年勤めた職場を去らなければならない喪失感と、残留する社員達の「 俺たちの犠牲になってくれてありがとう 」という目にさらされるわけですから、ストレスや疲労が極限に達して、転職サイトに登録する気すら起きなくなります。

40代前半でリストラされた管理人からアドバイス

50代以降の中高年は、順風満帆で転職する気がなくても、もしもの場合に備え転職サイトに登録して、自分の相場を把握しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておきだけでも、転職という選択肢が増え、ストレスや疲労が限界に達して倒れる寸前に転職という手が打てるようになります。

基本的に、転職サイトは登録無料ですし、あなた自身の希望条件に近いオススメ求人や、あなたの職歴とマッチした新規求人がメールで届くシステムになっています。

転職サイトに登録しても、ウザい勧誘が来るだけで、そのほかは最新の業界情報くれるんだから得にしかならない!!性格診断や自己分析ツールなども充実しているため使わない手はありません!さらに、職務履歴を登録しておけば、思わぬ大企業からスカウトメールが来ることもあります。

ハローワークの窓口や転職エージェントに「 市場価値がない 」などの辛辣なコメントを受けても、客観的な市場価値を把握していればショックを受けることもありません。市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

MIIDASの想定オファー年収診断は当たると好評です。しかも完全放置プレーで面接確約オファーしか来ないという神サイト!!

諦めなかった50代が転職で掴んだ新たな人生まとめ

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 転職に成功した50代サラリーマンの特徴
  転職の動機 : 50代を目前にリストラされた
  転職の手段 : 直接応募
  要した期間 : 2か月
  ハローワークも斡旋業者も役には立たなかった
  転職先では、若手の育成を任されておりヤリガイを感じている

自分の新たな可能性を見出した彼は今、若手の育成に力を注いでいるそうです。生き生きとした彼の顔が目に浮かぶようです。様々な不安にさらされながらも、前に進み続けた山本さんには脱帽です。

皆さんも諦めずに自分を信じて歩き出しませんか?きっと素晴らしい未来が待っていますよ。MIIDAS(ミーダス)


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事