転職しまくり貧困へまっしぐら!50代で勢いで退職して失敗した男の話

同族会社は一般的に、社長一族がやりたい放題するから、滅茶苦茶だと言われていますが、正にその通りです。

私も2度同族会社に勤めましたが、基本的に社長一族がやりたい放題。

新卒で入った零細製造の同族会社では、二代目のボンボンが車好きで、経費で車を何台も好き勝手に買いまくり。

まぁ、色んな車に業務の一環として乗れたのでそれはそれで楽しかった。

フェラーリが社用車とか凄いと思いませんか?

でも、二代目がいきなり「飲食部門を立ち上げる」と宣言した年に私は退職。

正直、これ以上付き合ってられなかった。

転職しまくるきっかけは経営センスなしの二代目社長

転職しまくるきっかけは経営センスなしの二代目社長

阿部さん56歳は、以前法人関係の営業部長をしていましたが現在ビルの清掃員。

15年程勤め、管理職であり会社運営がわかる立場にいたことが転職をしようとした動機。

手堅く営業を行なってきたメーカーだったので、私が入社したころは利益はそこそこ出ていました。

同族の会社で二代目から三代目に変わると、やはり息子としては父親と別の事をしたいと考えたのか、それまでの生産手段・作業場所をことごとく変更した頃から経営自体に影が差してきました。

大手百貨店で使用の商品が売り上げのネックでしたが、生産方法を変更してしまったために、メーカーとしての強みを発揮することができなくなってしまいました。

すべての生産をこなしていくのがメーカーとしての強みであり利益確保であるはずなのに、生産工程の中に他社からの商品としてある部分のパーツを仕入れなければならなくなってしまいました。

当然、仕入れるわけですから、その利益は圧縮。

主力商品の利益が圧縮されてしまえば、そんなに大きい会社ではないのですぐに経営響いてきます。

更に他社の参入によって、納入価格さえ抑えられてきました。

売上、利益の核になるその商品も見直されます。

支払いも手形が主でしたので、価格が落ちたとしてもそう簡単に商売をやめるわけにもいきません。

自社製品でないものも扱っていたために、その商品の支払いも発生します。

支払いは現金です。

現金を得る為には手形を割らなければなりません。

自社製品は減ってくる、その他の商品は増え当然資金繰りは苦しくなる。

割れる手形を失うわけにもいかず、下降する商売を継続していくしかありません。

資金不足に陥り、よくある話に向かっていきます。

支払先に期限延長をお願いし幹部社員から現金を出させ、不渡りを回避していくおきまりのコース。

転職しまくる際に50代が心配したのはもちろん収入減

転職しまくる際に50代が心配したのはもちろん収入減

転職するにあたっての心配事はなんといっても収入の減少でした。

そんなに貰っていたわけではないのですが、いざ仕事を探すうちに現状程度の収入がそう簡単ではないことが分かってきたからです。

当然、夫婦共働きです。

将来を考えて貯蓄もしていかなければなりません。やはり退職を考えた時は夫婦でかなり長い時間話し合いをしたと思います。

一度安定していた給料で生活していれば、その生活の質自体を落すことはなかなか辛いものです。

会社がどう考えても危ないとわかっていても、その後の生活を考えると踏ん切りをつけるのはそう簡単ではなかった。

年齢を考え次の仕事を色々検索してみても、条件の良い転職先がそう簡単に見つかるはずもなく前にも後ろにも進めず非常に辛かった。

転職しまくり良い条件の就職先が見つからず大変だった

転職しまくり良い条件の就職先が見つからず大変だった

転職した時の私の年齢は49歳。

自分としても体力にはまだまだ自信がありましたし、もう小さい会社で営業をやるより、安定性があり尚且つ就業時間のはっきりとした工場勤務をしたいと考えました。

以前の営業でもサービス残業は当然の事、サービス休日出勤もしょっちゅうでしたので、決まった時間を働き残業は残業代として別にいただく普通の仕事がしたかった。

給料が下がるのは、この際仕方ありません。

でも、体力があるうちは、そんな会社で働きたかった。

選ぶ条件として、まず以前の同族会社ではなく、つぶれる心配がなくバックがしっかりしているそんな会社を当たっていきました。

しかしながら、そう簡単にいい会社が見つかる訳はありません。

50歳近くになって仕事を探すことが、どんなに厳しいかを思い知らされました。

この年齢になって、失業保険に頼っていつまでもフラフラしているわけにはいかず、一刻も早く収入を得なければなりません。

結局、仕事が決まるまで半年ほどかかってしまいました。

妻も、今月で決まらなければ、アルバイトでもいいから働いてほしいと思っていたようです。

働き口は、大手製紙会社がバックにある古紙回収業。私の思っていた条件を備え、この年齢でも雇ってもらえるところた。

無収入がこのぐらい続くと、そんな条件よりも給料がもらえるといった単純な事で、就職を決めてしまった気がします。

その仕事ができるのか、続けられるのかより、なんとか収入を得たい気持ちばかりが先走ってしまいました。

中高年の転職は相当なスキルでもない限り考える時間はあまりありません。

焦りがありました。

転職しまくり結局条件が最悪の就職先を選んで大失敗

転職しまくり結局条件が最悪の就職先を選んで大失敗

入った会社は古紙を回収し、それを選別し、選別したものを再生紙の原料として製紙会社に納品する業務が私に与えられたポジション。

簡単に言うとよく街中で出されたゴミを行政や個人の回収業者が集め、それを会社として買い取り、その買い取ったゴミをそれぞれの用途に合わせて選別しプレス、規定サイズに固めて出荷するものです。

この選別作業は大変つらいものがありました。

作業は基本的に屋外で行われます。

一般的に古紙といっても、回収されたものの中には色々なものが入っています。

最終的に再生古紙に生まれ変わるためには、原料に絶対に入ってはいけないものなど結構あります。

例えば金属、カーボン紙、転写物など。

病院等の回収物などには、信じられませんが注射針、カテーテルなんかも普通に入ってたりします。

こんなことはあってはならない事ですが、実際現場ではよくあることです。

このような異物が原料に入ってしまうと、製紙会社より猛烈なクレームがきます

何度もクレームが発生すれば、選別の正確性を問われ取引中止になってしまいます。

先程も書きましたが、この選別作業全て屋外でなされます。

雨が降っても、雪が降っても、猛暑だろうが極寒だろうが地面に撒かれたゴミを這いつくばるように選別していきます。

朝から晩まで同じ事の繰り返しで毎年、何人かは熱中症で倒れます。

選別体制の姿勢を長時間続けていると、腰にかなりの負担がかかります。

疲労性の腰痛になる人もいますし、ギックリ腰も普通。

私の場合、これらのものすべてを経験しましたね、体力自慢も今まで使ったことのない筋肉を使うのですぐに筋肉痛です。

体がガタガタになって朝起きるのもできなくなった時、退職を決意。

安易な気持ちで入ったことを痛感しました。

50代で勢いで退職して転職しまくり失敗した男の話

最後に要点をまとめますので、参考にしてください。

転職に失敗した50代の特徴

  • 転職の動機:三代目バカ社長の暴走で資金繰りが厳しくなった
  • 転職の手段:ハローワーク
  • 要した期間:約6か月
  • 転職先は、古紙の回収業者
  • 安易に転職するんじゃなかったと後悔している
  • 体力的に限界を迎え、転職先を退職

自己都合で退職した場合、失業保険を受けることができる期間はあっという間に過ぎてしまいます。

私も同じ経験がありますが、刻一刻と過ぎていく日々と戦いながら、転職活動をするには、相当タフでないとやっていけません。

下手をすれば、狂ってしまいそうな転職活動から逃れたい故、なし崩し的に、契約社員に走ってしまう50代は少なくなく、一旦簡単な方法に逃げると戻れなくなります。

本当に注意してくださいね。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう