50代の転職で女性が成功するポイントは自分の市場価値を把握すること

50代の転職市場で女性は絶望的って言わていますよね?

お世辞にも50代は簡単と言えない年齢ですが、ポイントさえ押さえれば転職を成功に導くことも十分可能。

転職に成功した彼女たちは、どういうポイントを押さえていたのか一緒に見ていくことにしましょう!

50代転職で女性が成功するポイントは市場価値の把握

50代になると、年齢がネックで応募できる求人すら簡単に見つからないのが痛いところ。

しかし、自分の転職市場価値を理解し企業のニーズに応えるべく活動すれば、50代でも上手くいくことの方が多いってことを理解しましょう。

転職市場価値の把握や自己分析・キャリアの棚卸しはもちろんのこと、転職に成功した女性が押さえていたポイントはだいたい決まっています。

積極的にアプローチ

失敗を恐れず積極的に求人にアプローチしている50代は、割と勘が当たり成功します。

これまでもダメ元で応募し続けてきた経験から、「ひょっとして」という第6感的なものが働くようです。

求人に「50代まで」と書いてあれば、ほとんどの人は諦めて応募すらしませんが、「応募だけ」「ダメ元で」って応募すると、意外にも条件が合い採用される事実を理解してください。

ずっと派遣だったから正社員は無理とか、管理職やったことがないから応募できないと考えるのではなく、まずは自分に自信を持つべき。

先入観ありありで、最初から諦めて応募しない姿勢が一番危険なのです。

最初からこだわらない

会社都合で退職した場合を除き、女性の多くが何のための転職か?目的意識をハッキリ持って臨んでいるように思えます。

キャリアアップはもちろんのこと、年収や役職アップの高みを目指している女性は輝いて見えますが、最初からアレコレ固執しすぎると逆に機会を逃してしまうので注意してください。

100%自分の希望に合う求人はない、想定外のことがひとつかふたつぐらいあっても気にしないって人は、どこに行っても強いですね。

逆に言うと、柔軟な思考力を持った女性は成功していきますね。

未経験の転職も辞さない

50代女性に求められるものは即戦力。

当然のことながら同業界・同業種に転職した方が有利に決まっていますが、簡単には見つからないことのほうが多いですよね?

そんな場合、まず考えるべきは同業界の異職種への転職や、異業界・同職種への転職。

50代ともなればそれ相応の経験とスキルを持ち合わせているので、ズラせば応募可能な求人は一気に広がります。

それでも求人が見つからなければ、未経験の業界や職種への応募も辞さない構えが必要ですね。

難易度は高いですが、求められている条件とスキルが一致すれば割と簡単に内定が出るのが面白いところ。

50代の転職で女性が活かせるメリットは経験と人脈

50代は年齢がネックで応募できる求人すらない、妥協して就きたくもない職業になってしまった…

転職に失敗した人が必ず言うセリフですが、こういう意見ばかりが強調されて成功談が伝わってこないのは何故なんでしょうか?

こういうネガティブキャンペーンをされると消極的な気持ちになってしまいます。

しかし、実際は、50代で転職するメリットもたくさんあります。

経験を活かせる

50代は、30年近く社会人経験があるので、どんな業界や職種に就いても経験を活かせる強みを持っていると自覚すべき。

特に、長い社会人生活で身に付けたポータブルスキルは、20代や30だいにはない50代だけの強み。

転職回数が多くても、誰にもマネできない経験を複数持ってるなら、それはそれで最強。

簡単に求人が見つからず「世の中から必要とされていない」錯覚に落ちりりますが、経験豊富な50代は強いのです。

人脈を活かせる

人脈を活かした転職も、20代30代にはマネすることができませんよね?

若い社会人はわざわざセミナーや異種交流会に参加して無理やり人脈を作ろうと努力していますが、50代が長い社会人経験で培った人脈は非常に魅力的。

他業界や職種に転向しても、人脈を活かせることが多く転職先から重宝されがち。

一発逆転を狙える

同業界・同職種への転職は、実績を示せる場合、役員レベルにキャリアアップできる可能性を秘めています。

これらの転職は、転職エージェントではなく水面下でのスカウトが主流のため、なかなか実態が把握できませんが、更なるキャリアアップのため50代で転職する人は相当数いらっしゃいます。

50代の転職で成功しているのは実績を作ってきた人たちだけではありません。

これまで非正規で頑張ってきた50代が異業界で正社員になったケースや、管理職経験のない50代が役員になってしまったケースを幾度となく目撃してきました。

しかも、実績がない異業界・異職種への転向でも成功しているのは圧倒的に女性が多いってこと。

私個人的な意見ですが、男性よりも女性の方が気配りが上手で、真面目なので、どこに行っても重宝されるのだと思います。

50代転職で女性が背負うデメリットは煩わしい人間関係

50代が転職するデメリットは年齢ですが、それ以上に面倒なのが人間関係の再構築。

転職して新たな人間関係をイチから築かなくてはならないのは、男性も同じですが、如何せん女性の人間関係は煩わしい。

特に、人間関係から逃げるように退職した女性は転職先でも煩わしい人間関係に遭遇し、「こんなはずじゃなかった」とは激しく後悔します。

現実から逃げるため転職すると、転職後のイメージが湧かず上手くいきませんよね?

50代で転職すれば、面接官はもちろんのこと、上司が一回りも二回りも年下ってことも珍しくありません。

まずは、人生の先輩としてではなく、いち新入社員として謙虚に対応してみませんか?

50代転職で女性が就きやすい職種は管理アシスタント系

最後に50代の転職で女性が成功した職種を見ていきましょう!

第1位:企画・管理

既に企画・管理系の経験があることが前提ですが、50代転職で女性が行き来しているのは、総務・人事、経理・財務、広報マーケティングの管理部門職。

管理部門の経験があるなら、管理職の経験がなくても割と簡単に内定が取れますが、特に経理・財務の経験があるなら50代でも失業することはないでしょう。

例外中の例外で、未経験で管理部門職に就けた方を何名か知っていますが、彼女らをマネして偶然に頼ると必ず失敗しますよ。

転職に成功した50代女性のほとんどが自分の専門・得意領域を把握しているので、先人たちに見習うべきではないでしょうか?

第2位:事務・アシスタント

事務・アシスタントは非常に求人倍率が高く人気の職種。

50代の特徴は、20代30代が挙って応募する一般事務ではなく、何らかの専門性が絡む事務・アシスタント職への転職が多いこと。

その最もたるのが秘書職。

他にも、貿易事務や金融事務、人事アシスタントや総務アシスタントと続きます。

第3位:IT・エンジニア

IT・エンジニアは未だ男の職業って思うかもしれませんが、超売り手市場が続いています。

理由は、業界的にブラックな体質で20代30代の若手が長く続かないため、常に人員不足だから。

他にも、企画・管理や事務・アシスタントとIT・エンジニア力を掛け合わせると、転職で無双できます。

今なら、テレワークや在宅が主流になりつつあるので、副業でITコンサルをやっている女性もちらほらお見かけします。

「50代だからパソコンはちょっと…」と諦めずに、一度スクールの門を叩いてみてはいかがですか?

50代女性が成功するポイントは転職市場価値の把握

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

経験業界や業務だけでなく、50代は人間力を活かした未経験の転職も有効と考えています。

難易度は少し上がりますが、当たればより良い人生が待っていますよ!

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう