50代の転職で有利な資格は?人気ランキングに惑わされないことが重要

どういう資格を取得したら転職に有利なのかって議論が、今日もネット上の掲示板で繰り広げられていますよね?

資格を取得すれば転職に有利になるキャンペーンを資格スクールが繰り返し垂れ流すので、私たちは半ば洗脳されてしまったようですが、残念なことに、資格を持っているだけで転職に有利に働くことはありません。

キャンペーンに踊らされて無駄な出費にならないように、50代の転職と資格の関係性について考えてみましょう!

一番効果があるのは、意外にも普通自動車免許であることも伝えておきます。

50代が求められるものは資格ではなく即戦力と経験

転職が上手くいかないと、ついつい資格でも取得して箔を付けようと考えます。

今日もネットの掲示板を見ると

  • ビジネス系の資格がないから書類選考に通過できない
  • ビジネスマンならTOEICは800点以上は当たり前

って回答が繰り広げられているので、資格を持っていない50代は不安にさいなまれるハメに陥りいます。

しかし、企業が50代の転職者に求めるものは、ズバリ即戦力とマネジメント能力です。

資格よりもこれまで培ってきた経験とスキルが重要視される年代なので、資格を持っているだけで転職が有利に運ぶことはありません。

ですから、もしこれから転職のためにと資格取得を考えているのであれば、これまでの経験とスキルに掛け合わせる形で資格を活用してください。

他人に踊らされて大切な時間とお金を失う前に、既に取得している資格の活用方法を考えた方が早くないですか?

50代が転職で資格を活かすには必須の分野に進むべし

資格を取得すればベースアップに繋がり転職の際に有利に働くだろう、そのうちチャンスが巡って来れば独立開業して一国一城の主。

かつて私も資格を妄信していたうちのひとりです。

私と同じように、何かしら資格を持っていると転職の際に採用されやすいのではないか?と考える50代は多いですね。

毎年この時期になると、多くの資格スクールや資格紹介サイトが、TOEIC・ファイナンシャルプランナー・社労士のいわゆる「おすすめ資格ランキング」を発表。

繰り返し流されるコマーシャルに資格を持っていれば採用が多少なりとも有利に働くと信じてしまいますが、実際のところ全ての場合において有利に働くことはありません。

資格は活躍の場を広げ、自分の能力をアピールするための補助的な手段でしかありません。

私のように総務経理畑を歩く会社員なら、職種に関連した社労士や簿記2級を取れば箔が付くでしょうが、IT業界に就職する際、社労士や簿記を履歴書に書くとちぐはぐ感が否めませんよね?

確かに、資格欄が真っ白なのはちょっと寂しい気がしますが、だからといって勲章のようにジャラジャラと見せびらかす類のものでもありません。

それぞれ置かれた立場によっておすすめの資格は異なるので、結局どんな資格を取得すればいいのか自分で考えて結論を出す必要があります。

巷で言われている人気の資格と、実際に役に立つ資格は全く別物と考えてよいでしょうね。

資格が必須な分野で転職を有利に進めるには?

50代が資格を取得して有利に進めたいのであれば、資格が必須の分野で活躍するのが良いでしょうね。

求人の中には、薬剤師やMRなどのように特殊な資格を持っていなければ応募すらできない職種があります。

介護職・タクシードライバーの求人票には、介護職員初任者研修や自動車二種免許などの必須の資格が記載されていますよね?

応募するためわざわざ自費を使ってまで取得しなければならないのか?と億劫になりますが、応募の際持っていなくても、資格取得支援を行っている企業や、未経験でも無料で支援してくれる転職エージェントがあるので、うまく活用するのがポイント。

ただし、これまで培った経験やスキルをアピールするのを忘れないでくださいね。

資格を持っていると転職で有利になるケース

経験分野での活かし方

長年培ってきた実務経験とスキルに資格をプラスすれば、50代でもまだまだステップアップ可能。

ただし、同じ属性のものを掛け合わさなければなりませんよ?

経験×資格で経験分野に転職するのであれば、さらに最上級の資格取得にチャレンジしてみるのも良いでしょうね。

未経験分野での活かし方

実務経験を伴わない未経験の分野に転職する場合、年齢問わず資格さえあれば活躍できる分野を目指すことになります。

ただし、だからといって資格を取ればどんな職種にでも転向できるとは考えてないでくださいね。

30代までなら簿記を取得すれば未経験でも経理職に就くことが可能ですが、50代が簿記や税理士を取ったとしても未経験で就けるとは考えられません。

50代の未経験者を歓迎してくれる業界でも、資格がさえアピールしておけばよいのはありません。

資格は未経験で挑む職種に適応できる客観的な証明材料でしかないので、しっかりこれまでの経験とスキルをアピールする必要があります。

50代が経歴にプラスして活かせる資格は自動車免許のみ

DODAを運営するパーソルキャリア株式会社が2011年に行ったアンケートによると、採用条件として資格が必須と答えた企業は全体の15%にしかすぎませんでした。

結局、経歴にプラスして活かせる万能な資格は、身分証明書代わりもなる普通自動車運転免許と考えてください。

普通運転免許が役に立つのか?と疑問に思うかもしれませんが、意外にも持っていない中高年が多いので驚きます。

近年、若者の車離れが急速に進んでいて運転免許を持っていなくても一見問題なさそうですが、履歴書に運転免許の記載がない場合、ひょっとして何らかの原因で免許を失効したんじゃないのか?と職業柄思わず疑ってしまいます。

面接を通じて、自動車免許をあえて持たない理由を何人かに聞いてみたのですが

  • 事故が怖いので業務で運転したくない
  • 違反で捕まっても会社は保証してくれない

との答えが返ってきました。

いやはや情けない…

求人票に運転業務が記載されていなくても、ちょっとした用事や突発的に社用車を使うことは多々ありますし、業務命令があれば乗らざるを得ませんよね?

50代が未経験の転職で資格を活かせる業界は介護運輸

リストラや会社都合で急に職を失った場合でも、これまでの経験とスキルを活かせる分野に転職するの望ましいとされています。

しかし実際は、失業給付や蓄えの関係上、転職活動に使える期間は限られているので、焦りが生じうまくいかないことの方が多いのが現実です。

当サイトでは短期間での転職を叶えるためのノウハウを発信していますが、いつまでの理想ばかり追い求めていてもいつかは活動できるリミットがやってきます。

そうなった場合、次の一手として考えなければならないのが、未経験でも転向できる業界や職種です。

最後に、50代が未経験で転向できる業種と活かせる資格をみておきましょう!

介護

超高齢化社会を迎えた日本では、将来的にも介護職が不足すると言われており、介護業界では50代でも積極的に採用さる動きは続いています。

介護業界は、社会人生活で培った経験とスキルが必ず活かせる業界でかつ、キャリアパスがしっかりしているため、未経験で転職するなら一番おすすめできる業界です。

私自身、意欲や熱意を持たずこの業界に入りましたが、結局は、ご利用者様からもらえる「ありがとう」の一言にハマって長い間在籍しました。

まずは、介護職員初任者研修を自費で取得して転職するのか、未経験者のサポートを専門に行っている転職エージェントに資格支援してもらい転職するのか戦略を練りましょう!

そこから経験を積み、介護福祉士やケアマネージャーにチャレンジしステップアップしていくのが基本ですね。

運輸

普通自動車二種免許を持っているなら、未経験でタクシー業界に転向するのに役に立ちます。

介護業界と同じようにタクシー業界も人手不足で悩んでいるので、未経験であっても免許取得を支援してくれる企業や転職エージェントが多く安心できますね。

少し難易度は上がりますが、大型二種免許を取得して憧れだったバスの運転手になる50代もいます。

警備

警備は、40代でも若手と言われるほど平均年齢が非常に高い業界です。

未経験で転職するなら、警備業務検定から順番に取得していくのがおすすめですが、こちらも資格取得支援を行っている企業や転職エージェントが多いので、わざわざ自費で取得する必要はないでしょうね。

作業員

最後に、介護・運輸・警備ほどキャリアパスが整備されておらず、単なる労働力となりがちな倉庫・製造の作業員。

体力勝負的な要素が多いですが、常にどこかで募集が行われており割と簡単に内定ももらえます。

こちらも慢性的に人手不足が続いている業界なので、就職祝金や社員寮が完備され至れり尽くせり感を味わうことができます。

ちなみに、私も40代でリストラされるまでずっとこの業界にいたので、フォークリフト運転技能・危険物取扱者・衛生管理者は取得済。

意外に持っているだけで資格手当をつけてもらるので、短期バイトで重宝できます。

50代の転職で有利な資格は本当にあるのか?まとめ

最後に要点をまとめておきます。

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5
関連キーワード
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう