50代転職で過酷な警備員になれて大喜びした理由は毎月貰える給料

職を失ったら絶対に転職できない系の噂が今日もネットで囁かれ、確かに50代の転職は困難を極めます。

40代であれば、まだまだ職業選択の余地はあるものの、50代になれば選べる職業が限られてくる。

50代であっても比較的受け入れてもらえる職種の代表的存在は、警備員や介護職。

一般のサラリーマンがそれらの職種に、やむを得ずキャリアチェンジした日には負け組の烙印を受けてしまいますが、自営業から警備員に転向した原さん55歳にとっては、少し見方が違っていたようです。

50代転職で警備員になった理由は自営の総菜屋が倒産

50代転職で警備員になった理由は自営の総菜屋が倒産

彼が自営で25年間営んできた惣菜店は、景気の悪化だけでなく大型スーパーの進出等の影響もあり閉店するに至った。

そこで経験を生かした転職をしたく考えた結果、調理師を目指した次第が、飲食業界を目指したものの転職を目指す事は取り止めました。

というのも、専門店にて経験を積んで居た訳でもありません。

ですから、専門的なスキルを求められ、なおかつ未経験からのスタートとなると給与面での待遇等が頭にあったからです。

そこで未経験、年齢等の諸条件に拘らない職種は何かと考えてました。

転職のための情報収集の手段として用いたのは、駅に置いてあるフリーペーパーからです。

しかし、就職活動をした経験が学生時代のアルバイトを除いて乏しから、アドバイスを貰いたいと考えてました。

色々とインターネットや役所を探す中、市町村にあるタウンワークに行き着きました。

タウンワークは無料で配布されますから、自然と目に入り手にとってみました。

各地域事の求人が掲載されますから、移動にかかる労力・費用・時間のロスも避けれます。

幾つかの候補をピックアップする事が出来、ここで始めて警備員、特に深夜の施設警備に行き着いた訳。

深夜の時間帯を選んだのは、応募される人の数を考えて昼の時間帯よりは少ないのでは?と考えてました。

深夜の方が給与面でも高額だったのも大きな理由です。

後は未経験でも受け入れて貰えるのか?これをインターネットで色々と検索したり転職をされた方のクチコミを拝見すると、転職自体は可能だと判断しピックアップしていた警備会社に連絡をさせて貰い面接。

入社試験をクリアーし、現在に警備員として深夜の施設警備に励んでいます。

50代転職で警備員になるのに心配だったのは年齢のこと

50代転職で警備員になるのに心配だったのは年齢のこと

やはり、転職をせざるを得なくなった時に一番の心配したのは年齢的な事です。

まだ若いつもりでは居ました。

しかし、様々な求人情報を見ると自分の年齢が客観的にキャリア育成を望まれる時には選択肢の狭さを知りました。

それに加えて未経験の職を希望して居ましたので、経験がない自分が必要とされるのか?これも心配でした。

アルバイト等は学生時代に沢山の経験をしましたが、これも1つの仕事が続かない人間なのでは?と受け取られたら?そんな事も頭にありました。

自営業をしてきた自分が決まった給与を貰う為に企業に馴染めるのか?

上司や部下を持った経験がないので人間関係は上手く構築できるのか?等の様々な心配な点がありました。

50代転職で警備員になるため大変だったのは情報収集

転職活動で一番大変だった点は、先ず思い出すとどの様な職を希望するのか?です。

適性等を考える事もありましたけれども、年齢的にダメなら別の仕事をすれば良い!と言う発想には中々なれずに居ました。

どの様な仕事ならば続けて働けるだろう?どの様な人が居てるのであろう?馴染めないなら、どうすれば良いだろう?と実際に面接を受けよう!と決める前から躊躇を繰り返して居ました。

その躊躇を繰り返して居る自分に、メチャメチャ苛立ちました。

タウンワーク等のフリーペーパーを読んでるだけで、転職活動をしてる気分になってないか?自問自答を繰り返したりの日々でした。

夜、寝てても転職先が全く見つからないまま過ごしてる夢を見て夜中に飛び起きたりもしました。

その度に、深夜のコンビニエンスストアへと新たな求人情報を求めて走りました。

そこでフリーペーパーを手にしてる自分を店員の人の目からは、どう見えてるのだろ?何も買わずに店を出る事に引け目を感じて必要の無い買い物をする自分、そう悪い方にばかり頭が行くのです。

実際に警備業界をピックアップしてから大変だった点は、

  • 未経験でも通用するのか?
  • 給与で生活が可能なのか?
  • 肉体的に長く続くのか?

等の情報を集める事です。

これはインターネットを使い、クチコミ情報を元にして判断。

それと同じ位に悩んでたのが、面接を受ける企業の選び方です。

警備業界そのものは求人は多数ありましたけれども、何処の企業は福利厚生がしっかりとしている。

求人情報との差がない企業は何処であるか。そこの部分の判断は非常に悩みましたし苦労をしました。

結果として現在も警備員として従事している知人から聞いたアドバイスや判断材料等と、インターネットでの情報収集と併せて 現在に至ります。

50代転職で警備員になれて良かった毎月もらえる給料

50代転職で警備員になれて良かった毎月もらえる給料

転職をして良かったと自分で思う点は様々あります。

先ずは僕のケースですと、自営業でしたから収入面での不安定さから解放されました。

基本給が定まっているので自営業をして居た時の日々、売り上げを気にしなくて済む安心感が何よりも大きいです。

光熱費、家賃、人件費等を捻出してから自分の給与になる日々でしたので。

自営業時代は何時間、十何時間と働いても売り上げをあげなくては意味がありません。

常に金銭面での不安定さに頭を悩めてました。

他にも、決まった休みを貰える点等もあります。

自営業ですと休む?休まないも自分の判断なのですが、必要経費の捻出の為には休みたくても休めないの現状。

自営業でなくても、新たな仕事先での発見、人との出会い等も新鮮ですね。

自分が全くの畑違いの業務を行うにあたり、回りの同僚からの励ましを受けたりします。

それは個人で営業して居た時からは得られない物です。

それに自分では向いて居るのだろうか?と悩んで居ましたけれども、就業先のお客様から感謝の言葉をかけて頂いた時には感動しました。

転職をしたことによって、自分では気がつかなかった適性等を見出だせたのでは無いでしょうか?

1つの企業で頑張って働き続けると見えなくなる物も出てきます。

それが転職をする事で自分の新たな可能性や、より能力を発揮できる事も沢山あります。

そして転職を期に新鮮な気持ちでよりクオリティーの高い仕事をすれば、自分にとっても企業にとっても良い結果となります。

良い結果とは、待遇面も当然です。

それに加えて仕事に対するモチベーションが高まります。

高いモチベーションを持って仕事に望めれば、それは生活の為だけに働くのではなくて人生の張り合いに繋がっていきます。

40代でリストラされた管理人から一言アドバイス

40代は転職でアピールできる強みを自覚せよ

50代は職場に満足していても、もしもの時に備え転職サイトに登録して自分の相場なり業界の動向を把握しておくべきです。

気になる求人情報を把握しておくだけでも、転職の選択肢が増え、雇い止めされてストレスや疲労が限界に達してうつ病になってしまう前に、転職の手が打てるようになるんですよ。

私は雇い止めされてうつ病になって、選択肢もなく1年間働けなかった過去があります。

マジ辛いですよ、働きたいのに働けない辛さ、体が思うように動かなくなるんですよ?

基本的に、完全無料で利用できWEB上に履歴書を登録しておけば、あなたの希望条件に近い求人情報や、あなたの職歴に見合ったプライベートオファーがメールで届くシステムになっています。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはそれらのメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか?

しかも転職サイトには、性格診断や自己分析ツールも充実しているから使わない手はないでしょ?

自分の相場なり、業界の動向を把握しておけば、ハローワークに行って「50代に紹介できる求人はない」とか、転職エージェントに登録拒否されてもショックを受けもダメージを最小限に抑えられます。

当サイトいち押し!
警備員の求人を探しているならリクナビNEXTをお勧めします

50代転職で過酷な警備員になれて大喜びした理由まとめ

最後に要点をまとめますので、参考にしてください。

転職に成功した50代自営業者の特徴

  • 転職の動機:自営業の惣菜店の倒産
  • 転職の手段:タウンワーク等のフリーペーパー
  • 要した期間:約4か月
  • サラリーマンは自営業と違い、収入が安定している

リーマンショック以降、多くの自営業者が倒産に追い込まれ職を失いました。

彼らは、介護職や警備員に泣く泣く転向しましたが、その多くが「チャンスさえあれば、また元の鞘に戻りたい!もう一度夢を見たい」と口々に話します。

原さんは、自営業からサラリーマンとして警備員に転向できて大成功した稀なケースでした。

当サイトいち押し!
警備員の求人を探しているならリクナビNEXTをお勧めします
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう