50代にもなって「 子供のころからの夢は何ですか? 」という質問に答えられる中高年は少ないのではないでしょうか?

私自身の小学校の卒業アルバムには「 僕はヘリコプターのパイロットになって、災害救助するんだ 」なんて書いてあったけど、とうの昔に忘れてしまった。

そんな子供の頃からの夢を、なんと50代で叶えてしまった男がいる。近藤さんは、部長というキャリアを投げ出して、長年の夢であったバスの運転手になってしまった。

50代プロの販売員が挑んだ転職活動

小さな頃からの夢であったバスの運転士になりたい、小さな頃から動機は決まっていました。大学を卒業した私は、バス運転士なる為にまずは大型経験が必要だろうと思い大型免許を取得し中距離トラック運転手になりました。新人社員だったからなのか、夜勤の仕事ばかりでした。

我が家の親はサラリーマン家庭だったので、トラック運転手な私は家族とはまったく真逆の生活リズムになってしまい、若さゆえの精神的ストレスでトラック運転手を1年で退職してしまいました。その後、自動車関係の販売員に就職し仕事を続けながら、バス運転士の夢を捨てきれず運転免許が無ければ話にならないため手段とし免許取得の道へ。

会社勤めの空き時間や休みを利用しながら、趣味程度に毎年2回ほど運転免許試験場で試験を受けていました。それは大変な苦労でしたが7回目で大型二種免許取得することができました。

そして、家族の反対を押し切り、20年間勤めてきた自動車販売員を勢いで退職。聞くと、彼はバリバリのセールスマンで部長職にまで上り詰めていたというのだ。恐る恐る「 後悔してないか 」聞いてみましたが、「 私の人生は私のものだ! 」と言い返されてしまった。

そういう受け答えをするのは夢追い人の典型的な特徴だ。

彼はバス運転士になる為に、転職活動を約6か月間長い時間を費やしたという。

何社かバス会社の面接を受けてましたが、バス業界もほぼ大手鉄道会社か大手企業のバス会社から分社化される形の子会社ばかりでした。勤務形態が変わって来る事は当然の事。親会社と子会社の勤務違いは一目瞭然でした。そんな中、私が選んだ大手鉄道会社のバス会社のみ雇用形態と面接を受けた感じが一番良かったです。

大手鉄道会社バス運転士の採用試験に的を絞り、幾度もの難関を突破しました。学科試験や実技試験は勿論の事、精神状態試験なども行われ、人生の中でこれほどまで厳しい採用試験を体験したのは初めてでした。半年間に渡るバス運転士採用試験に合格し念願のバス運転士になる事が出来ました。

バス運転士になる為に大型二種免許取得からバス運転士になるまでに約1年間かかりました。二十歳になる大学生の娘と20歳代前半の息子がいましたが既に独立していたし、また前職の有休休暇がかなりたくさんありましたので、無職でしたが私生活にはさほど困る事はありませんでした。

家庭を持つ身の環境だとこの長い就職活動はかなり大変ではないだろうか。

50代がバス運転手に転職するのに心配したこと

バスを運転する技術はまったく経験者ではありませんでしたから、転職してから先の不安や心配事は多々ありました。たくさんある路線を覚えられるのか、お客様の接遇マナーは出来るであろうか、など接遇面の不安もありましたました。

その中でもやはり運転する仕事だけに、事故だけは当時も今も心配で不安です。

バスは外の事故も車内でお客様が怪我をされた場合起こる事故、車内人身事故の両方にもなってしまいます。すべての業務を一人で行わなければならない不安。

バス運転士だけとは限りませんが、リスクがもの凄い高いバス運転士って正直給料は安いのではないかと思えるほどです。大手親会社から子会社に分社化してしまう世の中。勤務や給料体系が色々変わってしまった事は、正直事故含めて将来的に不安要素でもありました。時間や金額見ても。

バスの運転手への転職活動で50代が苦労したこと

当初バス運転手の求人は、「 リクナビNEXT 」のような大手転職サイトで探してしました。年齢も50代に近かったため、私でも応募できる先が少なかったのが、やはり辛かったです。

基本的に求人自体には年齢制限が設けられていませんが、インターネット経由で応募しても「 残念ながら今回は見送らせてもらいます 」とのお祈りメールや、直接営業所に応募書類を持って行っても、受付の女の子に嫌な顔をされたことが何回かありました。きっと年齢がネックだったんでしょうね。

それでも諦めずに、応募した件数が50社を超えた頃、ようやく数社から1次試験の案内が届きました。バスの運転手になるためには、試験から始まるということに最初は戸惑ったという。

バス運転士の1次試験には300人近い人数が集まっていました。採用試験は4次試験まであり、採用者はたったの20名と言う狭き枠になんとか入らなければバス運転士になれませんでした。採用試験は毎回面接を受けなければなりません、これが本当に辛かったです。

意外や意外?バスの運転手へ転職は狭き門

さすが大手鉄道会社の面接官、この面接官のスキルが半端なかったんです。面接はすべて質問形式と人格チェック試験が行われ、そのチェックシートを見ながら一つ一つ答えなければなりませので、嘘はバレてしまいます。

採用試験期間が6か月という長い時間を要する内容は、私も色々な面接や採用試験を受けて来ましたが、これほどまで大変な採用試験には正直大変で苦労しました。しかし3次試験の技術試験の時にはほぼ、この会社に転職出来るかもという自身が付いていました。前職が販売員でしたので接遇マナーや言葉使いは有利でした。

実技試験には実際運行している路線を使って実技試験を受け、試験官と同乗者(お客様)を装った雰囲気を作りながら行われました。バス運転未経験者で、尚且つ接遇マナーまで飛び入りで参加しなければならない試験もありました。

それは採用落とす為だけではなくトラブルからどう対応する力があるのかを調べるその試験、それは今まで経験した事ない程の緊張感の連続でした。

4次試験まで無事に終わり採用試験合格できました。運転免許取得から採用されるまで約1年間もの時間がかかってしまいました。長く険しい採用試験でしたがその期間も今思えば運転士になる為の勉強にすぎなかっかたのかなと思います。

この間に2社も同時に採用試験受けていましたが、余りのバス会社のレベルの違いを感じ途中放棄するほど、こちらの会社を集中して採用試験挑みました。しかし、もうこの転職体験は二度としたくありません。

50代でバス運転手に転職してよかったと思えること

販売員の社員として20年間勤務し、部長クラスまで成り上がってました。給料面は転職先のバス会社に比べればかなり前職のほうが高い給料でした。生活するだけ給料の事だけ考えたら転職しなくてもいいのか?と長い間自問自答しついました。

しかし販売員時代は時間があるだけに、仕事にメリハリない毎日を過ごす時期も多々あり、まともに休めない日もたくさんありました。
バス運転士は、どうしても真逆な仕事の様に感じます。バス運転士の仕事は1分1秒時間だけは絶対に間違えられません。

ある意味時間に正確になる仕事に就いているので、色々時間に関しても休みも前職よりは確実にしっかり取れる事も良かったです。将来の夢を諦めずバスの運転士に慣れた事、今は本当に良かった幸せだなと思っています。夢を仕事にする、好きな事を仕事にするのって大変な事だと思います。

バス運転士の仕事、一日無事に終わり常務終了の点呼をした時の達成感と充実感は、サラリーマン時代にはまったく感じられなかった事でした。路線バスなので地元密着な感じで顔覚えてくれたお客様から、「 近藤さんいつもありがとう 」と声をかけてくれるお客様も増え嬉しいです。また時にお叱りのお言葉もあり日々勉強になっています。

朝早くから夜遅くまで、時には深夜や泊まり仕事もあり大変な毎日ですが、充実した毎日を過ごしています。給料面ではほぼ毎日残業もあり休日勤務をすれば、そこそこ給料も上がりますが正直高い給料とは感じません。他社のバス会社の雇用形態わかりませんが、我が社は分社化した中でも好待遇の様で結果的に良かったです。

皆さんも夢を諦めずに頑張ってください!

バス運転手への道を諦めなかった50代まとめ

では最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

 バス運転手という夢を実現させた50代の特徴
  転職の動機 : 子供のころからの夢を叶えたかった
  転職の手段 : 転職サイト
  要した期間 : 約6か月
  採用試験期間が6か月という長い時間を要するため、無収入期間が発生
  採用試験が4次まであり、精神的に疲れた

家族を顧みず、また部長クラスの職を捨ててまでも夢を諦めなかった近藤さん。聞けば、バスの採用試験に挑んでいた最中、奥さんとの喧嘩が絶えなかったというのだ。

家族がある身の皆さんは、夢を追うにもほどほどにしておいてくださいね。離婚して、毎月慰謝料を払わなければならないなんて事態になったら夢どころではないですからね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事