ウィスキーのせどりは1本で粗利300万円?!50代OLが夢中になる秘密

数か月前、百貨店の高島屋が100体人形を限定販売して、謎の中国人が100体とも買い占めていったニュースは記憶に新しいのではないでしょうか?

私も今日、不法滞在している中国人の転売ヤーがプレミア付きのウィスキーを買占め、それを転売して1本300万円以上もの粗利を稼ぎ出しているニュースを見て驚いていたところです。

副業元年と言われている今、一部の転売ヤー達が自らのビジネスモデルを確立して大儲けしているようですね。

そのノウハウさえ教えてもらえれば、私も波に乗ることができるんですが…

せどりを50代OLが始めた理由は他の副業にハマったから

せどりを50代OLが始めた理由は他の副業にハマったから

福島さん51歳も、15年ほど前から販売業覆面調査や講演依頼、すっかりプライベートな時間を副業にあてることが楽しくなっていた一人。

彼女は、他にも何かできることはないかと色々調べていました。

求人情報誌に載っている副業は、どれも身元をはっきりさせなければならない職場ばかりで本業にはバレたくない思いが強かった彼女は、別な道を模索していました。

その時彼女が見つけたのが、転売の仕事。

きっかけとなった出来事が本業の方であったので、今流行りの「メルカリ」のようなフリマアプリはかなり以前から知っていました。

本業で扱っている某商品が、中国のアジア系の客が大量に購入しては転売行為をしていました。

最初は「ちゃんと良い状態のまま扱ってくれるのかな?」とか、「一体いくらで売っているんだろう」と、正直あまりいい印象は持っていませんでしたね。

しかし、彼ら転売ヤーの行動を知るほど、感心することばかりで勉強になることもありました。

ネットで転売の副業があるのことを知り、手始めに少額のものから「メルカリ」に出品。

すると、すぐに買い手がついて200円の利益を得ることができました。

たった200円の儲けでも、こんなに嬉しかったことはありません。

それからすっかり、転売の副業にのめり込んでいきました。

買い付けに行って写真撮影をして、説明文を書いたりして超楽しかった。

時給にしたら、ものすごく割に合わないのかもしれません。

それでも楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

この副業は、時間帯も自分の好きな時間に活動ができるので負担なく続けることができます。

ネットショッピングは24時間いつでも出品できることが、最大のメリット。

むしろ不規則な時間に更新するほど、目に止まってもらうことは多かったかなぁ。

せどりの副業で儲けたら確定申告が必要ではないかと心配

せどりの副業で儲けたら確定申告が必要ではないかと心配

もしも利益が大幅に出てしまった場合の確定申告はどうするのか?という不安がありました。

しかし、私には悩むにはまだ早い悩みでした。

顔が見えない人とのやりとりを行う副業なので、そのことに対する不安も少なからずありました。

  • 騙されたらどうしよう?
  • クレームがきたらどうしよう?
  • 事実とは異なる言いがかりをつけられたらどうしよう?

など、深く考えるほど何もできなくなるので、途中から「とりあえずやってみよう」と思うように切り替えました。

実際にやってみると、マナー違反の人や、クレーマーまがいの人も、ほとんどお目にかかることはありません。

今はメッセージのやり取りの丁寧さや、迅速な対応を過剰に求められる時代になりましたが、ひと昔前は、もう少しアッサリとしたやり取りが主流でしたけどね。

せどりの副業は何が売れているのかリサーチが結構大変

せどりの副業は何が売れているのかリサーチが結構大変

本業で販売業をやっていたので、そのノウハウをそのまま転売サイトでも実行だけで私には十分。

今でも流行りのメルカリを覗くと、出品者側の要望があまりにも多くて驚くことがあります。

「いいねだけで買わない人はお断り」や「ノークレームでお願いします」「悪い評価がついている人との取引はお断りしています」実店舗では考えられない傲慢さです。

きっと嫌な思いをされたのだろうと推測しますが、自分のページに訪問してくれただけでもありがたいと思える人ではないと精神的に持ちません。

本業での習慣と在庫&売り上げ管理のために、専用のノートに帳簿をつけています。

やみくもに仕入れをするのではなくて、常に在庫額がそれまでの利益を上回らないように気をつけています。

転売副業を始めて、今何が流行りなのか?どの世代には何が注目されていて高値でも売れるのか?などの世の中の流行りに敏感になるようになりました。

また、あらゆる物の相場についても色々勉強するようになりました。

仕入れ先も少しでも安いものを探せるようにいくつか分散して持っています。

本業の実店舗での経験が副業で生かせることもたくさんあります。

商品名や商品説明、写真の見せ方なども然り。

どんな質問にも快く対応し、注文を受けた商品には一両日中に出荷するなどの迅速性を重視しました。

質問だけで終わった人にも、目に留めてもらったことへのお礼を忘れず、支払い期限がきてしまいキャンセルになってしまった場合も、悪い評価は付けずにお礼を述べるように意識していました。

逆に副業の方で得た、ユーザーの心を引くようなキャッチコピーを本業でもPOPの作成などに生かすようになりました。

せどりで儲けるためにはライバルを出し抜く必要がある

せどりで儲けるためにはライバルを出し抜く必要がある

今では本当に手軽に始めることができるサイトが増えてきました。

ただライバルが増えすぎて分母が多い分、埋もれてしまう可能性も高くなりました。

よほどキャッチーなコピーをするか、他に対抗できる安い価格設定にしないと儲けることができません。

また仕入れに夢中になると、儲けが在庫の総額に追いつきません。

いつまでも赤字経営になってしまいますね。

ハンドメイド品を出品している人にも、この辺で利益が出ていない人が多いです。

つい作ることが楽しくて、たくさんの材料を買い込みすぎてしまうんですね。

梱包資材にこだわるのも同様です。

資材も、仕入れに行った際の交通費も全て経費のうちに入り、それ以上の儲けを出せなければ副業の意味がありません。

その辺りを明確化させるために、帳簿を付けることをオススメ。

今ある在庫をここまで消化するまでは、次の仕入れをしない決まりを作ります。

あとは、よく売れている人の出品ページを観察して盗めるものは盗むことです。

検索にヒットしやすいワードは何か?何曜日の何時に出品するのがタイミングがよいか?の研究です。

誰をターゲットに売りたいかの見極めも大切ですね。

私は行なっていませんが、有料のツールを副業の売り上げアップのため活用している人もいます。

いかに効率良く利益を生み出すか?費用対効果を考慮して、飛躍した利益を生み出すための必要投資として踏み出す人もいます。

これらの副業が起動に乗ると、本業より稼ぎ始める人もいます。

極めると、副業が本業になる人も出てきます。

私は副業で稼ぐ金額に上限を定めているので、あまり欲はありません。一番大切なのは、なんのためにしている副業なのか自分の軸をブラさないようにすることが大切ですよ。

ウィスキーのせどりは1本で300万円?!夢中になる50代

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 完全出来高制
  • 空き時間を有効活用
  • 自分の出来るところから、とりあえずやってみることが肝心
  • 転売は気軽にできるが、ライバルが多く工夫しないと赤字
    体力:
    気力:
    知力:

どのビジネスにも共通して言えることですが、やはり転売ビジネスを続けていくには、日頃から並々ならぬ努力が必要のようですね。

市場調査やターゲットの選定、集客、在庫管理、など決して楽して儲けれる話ではない。でも、得意な市場を確立することができれば、一獲千金も夢ではありませんよ!是非チャレンジしてみてください。

関連キーワード
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう