テレアポの副業はガチャ切りされてナンボ?辛いが頑張れば昇給できる

テレアポのお仕事と聞くと、私と同じように、あまり良いイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?

携帯電話が広く普及する前は、一家に一台固定電話がありましたよね。

休日に家で寛いでいると、どこで調べたのか不動産やら投資話の営業の電話がかかって来る。

こちらの質問には一切答えず、ただひたすらマシンガンのようにセールストークを続ける営業マン。

本当にウザいので、私はいつもガチャ切りです。

そんなテレアポの副業に挑んだ女性がいました。

OLの高野さん54歳の副業は家庭教師の会社で、営業の人がこれから行く予定のご家庭を電話で探すテレフォンアポインター。

テレアポの副業を始めた理由は本業だけでは辛かった

テレアポの副業を始めた理由は本業だけでは辛かった

求人は、求人雑誌の「求人案内」で見つけました。

仕事の内容は、電話をご家庭にかけてお子さんや保護者の人が家庭教師に興味を持ったり・家庭教師をつけて欲しいご家庭に「何日の何時に伺います」とアポを取り付けるお仕事です。

その後営業の人がお伺いして、そして家庭教師の先生が決まり勉強が始まります。

勉強が始まったら家庭教師の先生はもちろん、営業の担当の人がその後のお子さんの勉強のアドバイスや困ったことを電話で連絡を怠らないようにしています。

時給はまず最低時給の750円からスタート。

それから1件でもアポイントを取ることができたら、50円~100円上がっていくシステム。

ただ、その月にアポイントを1本も取れなければ、また最低時給の金額に戻ってしまう。

その月の日数によっても変わるので、もちろんその人によって違いがあります。

毎日出勤する人もいれば、予定があり毎日出勤出来ない人もいるのでそれだけでも差がでます。

全くアポイントが取れない人は毎月750円の人もザラで、逆にどんどんアポイントを取れる人は800円・900円・1,000円って人もいました。

出勤が多い人は、それだけ電話している件数が多いので高い時給を勝ち取れる可能性もあります。

毎日出勤していればその日数の時給なので、もし1本・それ以上の本数のアポを取れていれば、その分お給料も良い可能性はあります。

ただ毎日出勤しても、1本も取れなければ最低の時給になります。

勤務時間帯は、18時~21時。

夜の時間帯で3時間だけで750円は低い設定ですが、頑張れば800円~1,000円も可能。

自分の気持ち次第で、750円にも1,000円にもなります。

時間が短い分、頑張ろう・頑張る気持ちを持つと、次第に「アポを取ろう」って気持ちがでてきます。

テレアポの副業でメンタルがやられないか心配した

テレアポの副業でメンタルがやられないか心配した

副業で、普段は会社に勤めていて夜遅くまで仕事をと考えていました。

別に体が弱いとか、そういうわけではありませんが、体は持つのか・精神的な面は大丈夫なのかなと思いました。

でも初めて、夜遅くまで仕事をしようと考えたので大丈夫なのかなと心配になりました。

仕事をする前から、ネガティブなことを考えるのも考え物ですが体は大丈夫でも精神面でストレスを抱えたりしないかなと考えました。

でも仕事をする為には、どこに行っても同じなのだろうと気持ちを切り替えました。

またやはり、新しく仕事をする人達と仲良くなるのかなとそういう面でも心配。

しかし、新しい職場の人達も同じ考えを持っている可能性はあるのかなと考え直しました。

またそのことは、仕事をしていく内にすぐではないですが解消していきました。

人数も多かった為、すぐ仲良くなった人もいたし・時間がかかって仲良くなった人もいました。

時間のかかった人は、すぐ仲良くなった人に声を掛けてもらって徐々に仲良くなりました。

他にはやはり、仕事に慣れるのかです。

初めての仕事だったので、慣れるまでに時間が掛りました。

上司は、「慣れるまで時間が掛るけど、自分のペースでいいよ」と言って頂いて心が軽くなりました。

テレアポの副業は中々アポが取れずガチャ切りされて苦労

テレアポの副業は中々アポが取れずガチャ切りされて苦労

大変だった所は、やっぱりすぐアポが取れない事ですね。

ご家庭には固定の電話に電話をしますが、今は携帯が多い為固定の電話を持っているご家庭がまず少ない。

電話をしても、「家庭教師をつけてください」って電話はたくさんの所から電話がきているようです。

その為に多くのお母さん達は、そのたびに断っているので「電話がくるのが迷惑だ」と考えているのでガチャ切りする人が大半。

また今は、家庭教師よりも塾に行っている人が圧倒的に多いですよね。

他には、金額の面で「家庭教師は高い」と思っているお母さんが多くて断る人がいます。

それでも、受験生のいる家庭は「高校や大学に受かって欲しい」気持ちがあります。

また塾には行ってるけど、成績が上がらないので「家庭教師に切り替える」家庭もあります。

お電話をした時に、そのような家庭はアポが取れます。

楽しかった所は、なかなかアポが取れないのにアポが取れた時はとても嬉しくて楽しいです。

他には、会社の雰囲気がとても良くて上司や営業の人達・アポの先輩の人達はみんなが良い人達で楽しく仕事をこなせていることですね。

苦手な人もいるのかもしれないですが、自分が気付いていない可能性もあります。

そのような人も、「良い所もある」とプラスに考えて一緒に仕事をしていきます。

身に付いたスキルは、まだ充分なスキルができているとは自分では思っていないところもありますが自分の中では、ご家庭に話す時のアポが少しずつ出来ていて、お母さんと楽しく電話で話すことが出来ていることです。

最初の内は、電話をすると話も聞いてもらえずにすぐ切られていました。

でも何回も掛けていると、お母さんから家庭教師の質問をしてくれたり・先生のことについて聞いてくれたりしています。

話を聞いてくれることが多くなり、アポも増えていきました。

テレアポの副業を始める50代は職場の先輩に質問しよう

テレアポの副業を始める50代は職場の先輩に質問しよう

昔は、個人情報が規制されていなかったので、電話をしてもご両親が子供さんのことを話してくれる人が多かったです。

でも今は、「なぜ自分の家の電話番号が分かるのか」と詐欺を疑うご両親が多いのも事実。

時代が変わったので、それは仕方がないことです。

その為、クレームが多いのも事実です。

でもお子さんの勉強の事を、気にしているご両親は昔も今も同じ。

丁寧に勉強の事だと、説明すれば話を聞いてくれます。

お電話する時には、だいたいの会社がマニュアルがあります。

またアポインターの仕事の内容は、その会社により違いがあります。

その為、その会社に合わせるので一概に同じとはいえませんが、家庭教師をつけることは勉強のことなのでもちろんお金がかかります。

また「うちの家庭にはお金がない」と言われて、断るご家庭もあります。

その場合は、営業の人にまかせることも一つの作戦ですね。

アポインターの仕事は、あくまでも営業の人が行くご家庭を電話で探す事。

アポを取ることに、専念することが自分の仕事になります。またなかなかアポが取れない時はもちろんあります。

その時は、上司やアポインターの先輩に解からないことは一つ・一つ聞く事です。

解からない事をそのままにしておくと、「後で聞いておけばよかった」と後悔。

最初にいろいろな事を、聞いておくと良いです。

またご家庭にお電話をする時に、何年生がいるか・受験生がいるか聞くことが必要。

すぐに「何年生がいますか?」と聞くと、ご両親に怪しまれます。その為、学校の話・先生の話・部活の話をしたりします。

2018年現在、塾に行っている人のほうが圧倒的にが多いですね。

塾の話や、予習・復習を家でしたりするかの話をします。

ご両親にこの家庭教師は、大丈夫だと思ってもらうことが必要です。

テレアポの副業はガチャ切りされて辛いが頑張れば昇給

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

  • 時給はまず最低時給の750円からスタート、3時間で2,250円は安すぎる
  • 勤務時間帯は、18時~21時の3時間だけ
  • 男性サラリーマンの副業には不向き(案件による)
  • 頑張り次第で、時給が高単価になっていくシステム

体力:
気力:
知力:

テレアポのお仕事で一番大変なのは、話を切り出す前にガチャ切りされてしまうことですね。

心無いテレアポ業者のおかげで、「テレアポ=怪しい」構図が出来上がってしまっているのも悲しい現実ですね。

勇気があるのなら、社会勉強のためチャレンジしてみるのもイイですよ。

関連キーワード
後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう