転職市場において、にわかにリファーラル採用が活気づいています。

リファーラル採用って何?と思われる方が多いと思いますが、一言でいうと「 コネ 」入社のことです。

一昔前は、コネ入社と言えば、就職する能力がない親類縁者などを入社させて、職場を駄目にしてしまうといった暗いイメージを持たれている方が多いですが、リファーラル採用は一味違います。

「 いい年してどうして転職なんてするの 」「 今は転職するときじゃない 」「 今の会社で頑張った方がいいんじゃない 」――。人材エージェント( 人材紹介会社 )に登録して面談したコンサルタントから、こんな説教をされる技術者がいます。

人材紹介が仕事のコンサルタントがこんなことを言うわけがない、と思うかもしれませんが、本当にいます。実際に、筆者も何度か出会いました。自分が扱っている案件にそぐわない人材に早く転職を諦めさせたいのかもしれませんし、ときには正論も含まれています。とはいえ本人は転職したくて相談しているのだから、まずは話を聞いてほしいものです。

技術者の中には、運悪くこうしたコンサルタントに当たってしまい、立て続けに説教されて転職自体を諦めてしまう人もいます。しかし、こういうコンサルタントもいるのだ、と思って、聞き流すのが吉です。

一度転職を決意したなら、自分の意思はしっかり持ってください。言い方を変えれば、人材コンサルタントに2~3回説教されたくらいで転職を諦めるのなら、転職活動のスタートラインにも立てなかったのだ、と考えましょう。

人材コンサルの4タイプ

説教好きのほかにも、人材コンサルタントには様々なタイプがいます。ここでは、コンサルタントの代表的な4種類のタイプを紹介します。これを押さえておけば、コンサルタントにむやみに振り回されることを避けられます。自分に合うコンサルタントを見極めやすくもなるでしょう。

    1. オレ様タイプ
      一番押しが強いタイプです。自分が進めたい求人案件を優先し、それにマッチする転職希望者を見つけたら、積極的にコンタクトを取ってきます。企業の採用担当者にも、その候補者の採用を熱心に働きかけてくれます。

      その分、内定が出たときの熱意も強烈です。内定者に考える時間は与えず、「 とにかく入社しろ 」とプッシュしてきます。

      オレ様タイプが頼りになるのは、志望企業が明確に定まっていて、その企業への応募を支援してもらうケースです。転職先に関して強い希望がなく、コンサルタントに全て任せたいという人も、オレ様タイプなら強くリードしてくれるでしょう。

      ただ、いろいろな企業を比較しながら自分に合うところを見つけたい人には、お勧めできません。コンサルタントに細かいリクエストをしたい、こまめに相談に乗ってほしいという場合も、別のタイプを探した方がよいでしょう。

    2. 分析家タイプ
      データベースでの条件マッチを重視するタイプです。希望の職種や業界、待遇などを伝えると、求人データベースを検索して条件に合う案件を紹介してくれます。オレ様タイプのように自分が進めたい案件を優先するのではなく、客観的に合いそうな求人を探してくれます。

      このタイプは、「 条件がマッチしなければ無理 」と考えがちです。年齢をはじめ、各種条件が少しでも合っていない案件は、紹介してくれない可能性が高いのです。「 条件はやや一致しないが、面接で直接話したらうまくいくかもしれない 」といった柔軟な対応は期待できません。転職の条件が厳しくなる40~50代には、難しいタイプです。

    3. おおらかタイプ
      おおらかで面倒見が良く、いろいろと親切に教えてくれるコンサルタントです。選考で不採用になることがあっても、飲みに連れて行ってくれ、元気づけてくれます。

      注意点は、大げさな話をする傾向があること。業界の主な案件はたいてい知っている、あの会社の人事部長とは仲が良くてよく面倒を見てやっている、自分が話をすればどうにかなる、などなど。頼もしい発言が多いのですが、真偽が疑わしい話もあります。

      うのみにするのでなく、きちんと確認しましょう。このタイプには、おおらかゆえに、書類の提出など細かな事務作業が疎かな人が見られます。几帳面な採用担当者が窓口になっている企業とは、折り合いが悪くなりがちなのも難点です。面倒見が良いのと、確度の高い転職先を紹介してくれるのとは別の能力です。おおらかタイプだけに頼っていてよいのかは、見極めが必要です。

    4. いやしタイプ
      転職活動の愚痴を聞いてくれるなど、家族以上に親身に相談に乗ってくれるタイプです。面倒見の良さはおおらかタイプと同じですが、より傾聴能力に長けているのがいやしタイプの特徴です。転職希望者の話にじっと耳を傾け、心を整理する手助けをしてくれます。

      このように人間的にとても優しいのですが、人の良さゆえに、求人側にも転職希望者を強くプッシュできない傾向があります。コンサルタントに強くリードしてほしい人にとっては、頼りなさを感じてしまうかもしれません。

転職サイトに登録すると人材エージェントから連絡が来るものですが、何も連絡が来ないことがあります。さらに自ら求人を検索しても条件にマッチする案件がゼロだったりすると、自信をなくしますね。

「 そんなにいい話ばかりあるはずがない 」「 わがままばっかり言ってもダメ 」。たいていの場合、周囲の人はこんな言葉をかけてきます。私の経験上、40~50代の人や女性は、こうした苦言を呈されることが多いようです。

しかし、このような言葉を安易に信じてはいけません。そもそも転職とは、「 今よりも良い仕事に就きたい 」「 自分の生き方を通したい 」からこそするものです。他人にはわがままに見えて当然なのです。「 わがままを言うな 」という言葉ぐらいでぐらつく人は、実際に転職した後、前職の方が良かったと後悔するケースも多いので、転職はやめておいた方がよいでしょう。

「 社員紹介 」に力を入れる企業が増えている

転職サイトで思うような求人に出合えない場合、手段の1つとして考えたいのが、最近流行りのリファーラル採用です。

リファーラル採用とは、ひとことで言うと社員による紹介です。社員が、自分の知り合いなどを自社に紹介し、入社に結びつけるものです。ここ数年、IT系ベンチャー企業などで盛んに採り入れられています。

リファーラル採用自体は以前から存在していた手法ですが、企業はうまく活用できていませんでした。社員に知り合いを紹介するよう呼びかけてもなかなか集まらず、候補者が現れたとしても期待はずれに終わることがしばしばでした。例えば、「 知り合いが働いている 」というだけで応募し、志望動機もあいまいなまま入社してしまう人。入社してから自分が思ったような環境と違うことに気づき、早期退職してしまいます。

役員など権限を持った社員が、業務遂行能力が不足していたりやる気がなかったりする親類縁者を無理矢理入社させる、というケースも相次ぎました。縁故採用はワケありの人材しか来ないというイメージを生み、敬遠を招きました。

それがここにきて、脚光を浴びているのはなぜなのか。理由として考えられるのは、SNSの発達です。

SNS上では、学校の同級生や前職の同僚など多くの知り合いと、日常的につながりを持てます。今どんな仕事をしているか、仕事ぶりはどうなのかもうかがい知ることができます。幅広い知り合いの中から、自社に合いそうな人を見つけやすくなったのです。リファーラル採用が広がるにつれ、本来のメリットも実感されるようになりました。

社員が人柄や仕事ぶりなどを分かった上で紹介した人なので、ある程度信用できる。入社後は自分を紹介してくれた社員の手前、真面目に働くし早期退職もしにくい。採用コストも低く抑えられる。こうした点が評価されています。

このように、リファーラル採用を活性化させる企業は増えています。転職希望者も、これを生かさない手はありません。

待っていても声は掛からない

リファーラル採用をうまく活用するには、転職希望者側にテクニックが必要です。

技術者の中には、「 うちの会社を受けないか 」と声を掛けてもらえるのを密かに待っている人がいますが、そんなに甘くはありません。逆に「 どうせ自分には声なんか掛からない 」と諦めモードの人もいますが、何もせずに諦めるのは早すぎます。

どんなテクニックが必要なのかは、逆の立場に立ってみると分かります。あなたが人事担当者から、「 リファーラル採用をしたいから仲間を紹介してほしい 」と頼まれたとします。知り合いの中で誰が転職を考えているか、自分の会社に関心がありそうな人は誰か、すぐに分かるでしょうか。仮に心当たりがあったとして、メールや電話で「 転職しない? 」と聞けるでしょうか。

忙しい業務の合間を縫って、知り合いの中から候補者の目星を付け、コンタクトを取る。これは、かなり大変な作業です。つまり転職希望者が自分からうまく情報発信しなければ、なかなか声は掛からないのです。ここからは、仲間から声を掛けてもらうための具体的なテクニックを紹介しましょう。

真剣に「仕事を探している」と言う

Facebookに「 何かいい仕事ないかな~ 」と書き込んだ程度では、仲間はあなたが本気で次の仕事を探しているとは思わないでしょう。仲間の会社に興味があるのなら、「 リファーラル採用をしていない? 」ときちんと尋ねてみましょう。併せて、転職に対する自分の真剣な気持ちを伝えることが重要です。

技術職の場合、部署名や役職名が同じでも会社によって定義はまちまちです。肩書だけではどんな仕事をしているか分かりにくいので、仲間も紹介しようがありません。自分がどんな仕事をしているのかをきちんと仲間に説明します。その上で、次の会社で何がしたいかも伝えておきます。こうした情報があれば、仲間も自社の人事部門に話をしやすくなります。

筆者はリファーラル採用の面接を多く担当してきましたが、「 三顧の礼で迎えられる 」と思い込んでいる応募者を何人も見ました。仲間が紹介してくれた時点で、自分は期待されている、採用は間違いないと勘違いしているのでしょう。

そんな気持ちがあると、横柄になったり、なれなれしい態度を取ってしまったりしがちです。職歴や資格は要件を満たしていたとしても、人事担当者としては「 職場でうまくやれるのか 」と不安を抱きます。社員から紹介されたといっても、採用が約束されているわけではありません。せいぜい一次面接をクリアできた程度だと考えて、面接には謙虚な姿勢で臨みましょう。

2018年7月31日 日経XTECHより引用

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事