ワーカーズコープなど17団体が一般社団法人日本協同組合連携機構傘下に

日本における協同組合ナショナル・センターとでも言うべき一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA)が4月1日に創設された。JA全中や日本生協連、JF全漁連、JForest全森連、ワーカーズコープ、全国大学生協連、医療福祉生協連など17団体が「JCAの旗」の下に集結。連帯意識を共有し「人びとの未来に責任を負う」(レイドロー報告)目標を掲げたことに敬意を表したい。

持続可能な発展

21世紀における日本の協同組合運動の持続可能な発展は、何よりもこのような「連帯意識の共有」によってはじめて可能になると思う。

「連帯意識の共有」に関して私は、1980年の国際協同組合同盟(ICA)モスクワ大会で採択されたレイドロー報告が市場原理至上主義を批判して20世紀末の時代を「狂気の時代」と呼び、そのような状況のただ中にあってこそ協同組合は「正気の島」でなければならない、と論じたことを今更ながら思い出す。

すなわち、協同組合は「正気の島」として真にその経済・社会的な役割を果たすために、「非営利・協同」を基礎とする事業を通じて「新たな形式と秩序」を創り出す諸条件を再生産しなければならない。

私たちはまた協同組合による経済・社会的役割の実践的プロセスを「協同組合運動」と呼ぶことを理解した。換言すれば、協同組合の事業と運動の持続可能な発展は、協同組合人相互の「連帯意識の共有」によってはじめて可能となることをレイドロー報告から学んだのである。

私事で申し訳ないが、私は先般、1776年の米独立革命を苦労の末に勝利に導いたトマス・ペインの手によるパンフレットの表題「コモン・センス」をいただいた拙著『協同組合のコモン・センス』を出版した。なぜ「コモン・センス」なのか。それは、コモン・センスは「単なる専門的な知識でも、単に誰もが知っている知識でもない」のであって、「誰もが共有する意識」や「健全でかつ実際的な判断力」を意味しているからである。

生活世界の協同

拙著を通して伝えたかったことは、協同組合の「事業と運動」は、生活世界において誰もが共有し得る意識の対象であり、また健全でかつ実際的な判断力の対象でもあるということだ。別言すれば、私たちはお互いに協力し協同することによって生活を営んでいるのだという「人間の本来的な関係」を自覚し、物質的資源を公正に配分し、文化的資源をより良く生かす社会的枠組みを創り出し、共有し、維持していくことで安定した生活が可能となるのだということを明確に意識しなければならないのである。

私は、JCAがコモン・センスと「自治・権利・責任・参加」を基礎とするシチズンシップ(市民のステータス)の理念に導かれて「連帯意識の共有」を確かなものにしてくれることを期待するものである。

2018年5月22日 日本農業新聞より引用

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう