50歳で英語通訳になれるのか?一発でTOEIC980点取った50代主婦のケース

もし帰国子女で英語がペラペラだったら、TOEICも900点ぐらいあって今ごろ外資系企業に勤めるのにと、妄想モード全開のアラフィフは結構な数いるのではないでしょうか?

だって、4歳の子供が私より上手にペラペラ英語しゃべってるんですもの。

4歳にして既にバイリンガルなら将来有望で恐るべし存在。

長い間アメリカに住んでおられた50代の志智さんは、4年前に帰国。

その後、抜群の英語力を生かして、ただの主婦から計測機器メーカーの専属翻訳家として勤務することとなりました。

50歳帰国子女が英語力を生かして通訳として再就職

50歳帰国子女が英語力を生かして通訳として再就職

旦那さんのアメリカ駐在を終え、日本に帰国した時に、長女が小学1年、長男が年少の歳でした。

長女の出産を機に、それまで勤めていた会社を辞めてから約8年全くの主婦でしたが、子供達が学校と幼稚園に行くようになり、それなら空き時間で自分の得意とする英語を使ってまた働きたいと思い一念発起ではないですが、そこから奮闘。

まずは、英語の資格の取り直しから始めました。

元々、英国のケンブリッジ上級英検を取得してましたが、20年以上も前の学生時代の話。

現代の社会では、TOEICが英語力を判断する基準になっており、募集要項にもTOEICのスコアを記載していることがほとんど。

そこで、TOEICを受験しようと決め、早速次回開催予定のTOEICに受験申し込み。

ここから受験の日まで約2ヶ月。

TOEICスコア900を目標とし、上級者向けの文法教材と長文読解の教材を買い込みました。

もともと、アメリカに長期で滞在していたこともあり、聞き取りは問題なく出来ると考え文法とリーディングに特化した勉強を実施。

子育ての合間を縫ってといっても、私の場合は夜は子供の寝かしつけのタイミングでそのまま寝てしまうことが多かったですね。

だから朝の3時に起床して、夫の弁当と家族の朝ご飯を用意しはじめる6時までの3時間、ほぼ毎朝勉強した甲斐があり、2ヶ月後の試験にて無事スコア980を獲得出来ました。

このスコアを持って、地元の派遣会社の数社に登録。

子供達の習い事の送迎が出来るようにと、車通勤できる地元の企業を中心に英語が活かせるような職場を探しました。

元々、ドイツ語検定2級も取得していた私。

たまたま地元の計測機器メーカーがドイツの会社との協業を開始し、英語とドイツの分る翻訳・通訳の人材を募集している記事を、登録先の派遣会社のページで見つけ、そこの募集したところ、2回の面接で無事派遣としての採用が決まりました。

転職にあたっては「マンパワーグループ」にて大変お世話になりましたね。

この計測機器のメーカーで勤務すること3年、実績が評価されて社員として採用されることになりました。

が、その矢先、再び夫の海外転勤が決まり、幸い休職という扱いを取って頂き現在はフリーランスとして海外にて在宅勤務をしております。

50歳で通訳に転職するにあたり経験ががなく心配した

50歳で通訳に転職するにあたり経験ががなく心配した

年齢が相当であったことから、何かしら技術がないと今後の自分の人生においても、まだまだ稼ぐことができるのではない思いがありました。

なんとか得意な技術を人よりも更に優れたものにすることが、今後の自分の成長。

そして、いつでも、どんな年齢になっても採用してもらえるようにと、語学、ひいては翻訳、そして通訳という分野に特化して、日々努力して勉強したことが効いたのでしょう。

加えて、子供達がまだ小さいこと。

また、息子に関しては、私学のインターナショナルスクールに通わせたこともあり、学校のイベントやボランティアで、休みを取らざるを得ない状況。

そういったことにも柔軟に対応して下さる職場を探しておりました。

幸い上司が単身赴任者で、地元に残してきた家族(奥様とお子様)が、私と同じ状況であったことから、子供の都合による出勤時間の調整、また急な休みにも理解を示して下さり、柔軟に対応して下さったことが、その会社にて活躍できることに繋がりました。

50歳で通訳に転職して子供に会える時間が減って苦労した

50歳で通訳に転職して子供に会える時間が減って苦労

当初、転職した際は、子供達も母親が働くことに戸惑っていたことから、朝10時から夕方4時の時短勤務。

しかしこれでは、依頼される業務が終わらず在宅が許されていたことから、徐々に在宅の物量が増え家事と育児がおろそかになってしまいました。

限界を感じていたところ夫の理解もあり、朝9時から夕方5時の勤務時間に変更し長時間の労働を確保するようにしました。

ところが、やはり年少だった息子には、母親のお迎えが遅いことが応えたようで夜なかなか寝付けなかったり、すこし暴力的になったりと影響が出始めました。

幼稚園のママ友に相談すると、交代で息子を預かってくれるママさんたちが出てきました。

息子も、同級生のお友達の家に遊びに行くのはすごく楽しかったようで、母親との密な時間が減った部分をお友達の家でお友達と交流することで埋めていたようです。

その後は、たくさんのお友達を作れたことから、それが息子の自慢となったようで楽しい幼稚園生活を過ごすようになりました。

娘は、学童に入れていたのですが、私の帰宅が遅いこともあり学校や塾の宿題が夜遅くまで終わらないといったことがありました。

もっと早く帰宅して、勉強をみてあげたいと思っていたものの、定時時間内に仕事を終わらせることに必死であったこともあり、なかなか早く帰宅することができません。

娘にはかわいそうな思いをさせているなと、でもがんばっているお母さんの姿を見て、娘も眠い目をこじ開けながら、一生懸命勉強に励んでくれました。

お陰で、漢検や数検など、受験させた試験は今までいずれも合格しています。

50歳で通訳に転職して安定した収入を得られ良かった

50歳で通訳に転職して安定した収入を得られ良かった

転職してよかったことは、定期的な収入を得られるようになったこと。

それまでは、夫の収入に頼っていましたが、8年ぶりに就労する中で、お金を得ることがどれほど大変なことがを身にしみて理解出来ました。

収入が発生するようになると、市民税や地方税を納め、夫の扶養ではなく、自活している自分にとても誇りを持つようになりました。

また、学費以外の生活費は、すべて私が賄うことが出来たことも、夫にとっては生活に余裕を与える結果となった為、彼も今では私の働く選択にとても感謝しています。

また子供達に対しても、自分が稼いだお金を使って、不自由なく購入してあげられるようになりました。

夫が不在の時でも、母子でTDLやユニバーサルスタジオに泊まりで遊びに行ける余裕が出始めた頃には、親の心に余裕があるイコール子供達にもその影響は高いもので、小さいながらも将来の夢を高く持ち始めるようになりました。

アラフィフの母親が再就職するにあたり、大変さを目のあたりにしている子供達は、自分たちも手に技術を持った何かを身につけようと日々勉強にいそしんでいます。

私といえば、一定の会社で、翻訳・通訳という仕事に打ち込んできたことから、その腕を更に磨くべく休職中の間はどれほどフリーランスとして活躍できるか試しているところ。

この期間も有意義に使うべく在宅作業は最小限として今後会社に寄与すべく、契約書や特許などの英語を独学で学習をしております。

一度、仕事が波に乗ると、次々と未来が開けます。

自分が何をしたいのか、明確に分ってきます。

そういう意味でも、目標を持って活動することはとても重要であり、それは私が転職したことから目覚めた部分でもあり、今後もどんな年齢になっても頑張って働き続けたいですね。

50歳で英語通訳になった帰国子女は一発でTOEIC980点の実力

最後に要点をまとめておきますので、参考にしてください。

正社員として転職に成功した50代主婦の特徴

  • 転職の動機:子供たちの手が離れたから
  • 転職の手段:人材紹介会社
  • 要した期間:約6か月
  • 在宅勤務を許されていたが、家事との両立は難しかった
  • 再び夫の海外転勤が決まり、現在はフリーの翻訳家として活躍中

やはり特殊な能力があれば、どこにいても引く手あまたなんですね、羨ましい。

そもそも、一発でTOEIC900点台とか次元が違いすぎます。

私はもう20年以上も勉強してて、500点行くか行かないか辺りを徘徊してるんですから。

もし外国語系が得意なら、外資系やホテルなんかでメチャクチャ重宝されるので、是非トライしてみてください。

後悔しない50代の転職にするためのノウハウを発信しています

~2020年4月:転職市場の動向~

4月は春の入社に合わせ質の良い求人が出回る時期ですが、コロナウィルスの影響で市場が大混乱しているので気を付けてください!

現段階では、求人そのものが市場から消滅する等の影響は出ていませんが、採用活動を先延ばししたり、対面ではなくWEB面接に切り替える企業が増えています。

この際です、Skypeやzoomの使い方を勉強してITの進歩に対応できる50代をアピールするのも一つの手です!

ただし、同時にライバル達も動き始めるのでしっかり情報収集を行って万全の態勢で臨みましょう!

  1. このサイトを参考に、最低でも複数の転職サービス(リクナビNEXTJACリクルートメント人材バンクネット)に登録する
  2. 転職エージェントに登録できれば、電話ではなく直接会って自分なりを知ってもらう
  3. 相性の良いキャリアコンサルタントに出会えたなら、信頼関係を結び熱い思いをぶつける

多少転職回数が多かろうが年齢が高かろうが、熱意が伝われば応じてくれるキャリアコンサルタントは必ずいます。

ただし、彼ら彼女らは月に100人近い転職者を扱うので、あなたの存在が埋もれていくことは絶対に阻止してくださいね。

リクナビNEXT
完全無料で診断できるグッドポイント診断は逸品

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビNEXT。

50代でも応募できる求人が多数掲載されているだけでなく、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを5つ診断してくれるグッドポイント診断が最高。

客観的に診断された強みは、応募書類はもちろんこと面接でも自信を持ってアピールすることができるので絶対に把握しておくべき!

注意点
条件の悪い転職者を機械的に除外するフィルターが厄介
・直接郵送応募にも非常によく反応するので50代は登録しておこう!
JACリクルートメント
紹介しもらえる求人は面接まで確約されているので安心して任せられる

どちらかと言えば外資系企業で有名なJACリクルートメントですが、実は地元に密着した老舗の転職エージェント。

地元で活躍する中小企業との繋がりが強く、内部事情に精通しているキャリアコンサルタントが多いので、50代にとっては超ねらい目。

また、企業担当(RA)を転職者担当(CA)が兼任する独自のリクルートメント・コンサルティング制を採用しているので、ミスマッチのない求人を紹介してもらえることでも有名。

注意点
キャリアコンサルのアタリハズレが非常に多いのが難点
・頼りない担当に当たったら迷わず相談窓口で担当の変更を申し出る
・必ず面接後にフィードバックを受け次回に活かすように!
人材バンクネット
キャリアコンサルタントを逆指名できる珍しい転職サイト
転職エージェントを利用するうえで厄介なのが、門前払いや登録拒否。

「どうせ自分なんか相手にしてもらえない」と敬遠する50代が多いが、エージェントが持っている非公開求人は非常に質が良い。

そんな50代の味方になる人材バンクネットは、キャリアコンサルタントを転職者が逆指名できるので、基本的に門前払いされることはない。

私もこの転職サイトを通じて多くのキャリアコンサルタントと接触し、色々お世話になった。

注意点
・求人に応募するためには再度外部のエージェントに登録の必要あり
逆指名時には「履歴書のブラシアップを手伝ってほしい」旨で接触する
 (求人を紹介して欲しい旨で接触すると「紹介できる求人はない」に繋がる)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう